2010年代の作品

スポンサーリンク
SF

映画 レプリケイト 襲撃 ネタバレ感想 自分が全裸ダッシュで襲ってくる恐怖(笑)

ジャック・フィニイのSF小説『盗まれた街』に似た感じの内容。もしかしたら、題材にしてるのかも。退屈な田舎町で暮らす人々にインタビューをして回っている主人公とその親友が、ある女性の異変に関わることで、地元に何か不穏なことが起きていることを察知する。ネタバレあり。 ―2019年製作 米 94分―
映画

映画 ドリームハウス ネタバレ感想 サスペンスホラーミステリー的なラスト

ホラーやミステリーの要素をごった煮にして、うまくまとめた感のあるサスペンス的な家族愛ドラマ(笑)。役者もけっこう豪華で、楽しめます。ネタバレあり。 ―2012年公開 米 92分―
SF

映画 移動都市/モータルエンジン ネタバレ感想 シュライク…

描かれている世界観はとても魅力的。冒頭のロンドンがちいさな移動コミュニティを捕食していくシーンなんかは、面白い。でも、ストーリーが…。
スポンサーリンク
映画

映画 もらとりあむタマ子 ネタバレ感想 前田敦子がそれっぽい。

尺が短い中で、さしたる説明はせずに父娘の関係を描いた内容は、なかなか好感が持てる。何かの感銘を受けるわけでもカタルシスがあるわけでもないけど、こうした作品の存在はなかなかに重要だなと思った。
バイオレンス・クライム

映画 ブルーリベンジ ネタバレ感想 復讐は虚しい

両親を殺されて立ち直れずにホームレスになった男が、ムショから釈放された犯人に復讐を企てる。にっくき相手を葬ったかと思ったら、いろいろと面倒なことになってきてジタバタすることに。鑑賞後にいろいろ想起させることがある点では、優れた作品と言える。ネタバレあり。 ―2013年公開 米=仏 91分―
アクション

映画 6アンダーグラウンド ネタバレ感想 マイケルベイ監督のネットフリックス配信作

ド派手なカーチェイスや爆発や銃撃戦があるのですごいんだけども、登場人物の細部とかにはあまり触れられない。例えば主人公の成長を描こうとはしているものの、その急すぎる描写に感情移入できるほど説得力がない演出な放り投げっぱなし映画。 ―2019年公開 米 128分―
韓国映画

映画 さまよう刃 ネタバレ感想 東野圭吾原作の韓国作品

なかなか重たい内容で、娘を亡くした父の怒りや執念はよく感じられるし、罪の意識が薄い少年たちの言動に腹が立つ。鑑賞している間に、こんなクソガキども、ぶち殺したってかまわぬ――と思った。そして、少年犯罪に対する法律の行き届かなさなどは、現実の日本においてもそうなんだろうなと思わされる。
アクション

映画 エクスペンダブルズ3 ワールドミッション ネタバレ感想 悪役メルギブソンがいい!

それぞれに見せ場があった前作までよりは、メルギブとスタローンが前面に出ている印象があった。それ以外のメンバーはそれなりの活躍はするものの、ちょっと物足りない印象。ただ、スタローンとステイサムのバディ感ある掛け合いは健在というか、より友情を感じる深みがあるので、けっきょくは、いい映画だったなと思える。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました