2010年代の作品

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 LIVE AND DIE リヴ・アンド・ダイ ネタバレ感想

悪人面のレイ・リオッタ、太っちょのフォレスト・ウィテカー、そしてラッパーのコモンが出演してるなんて、なかなか豪華なクライムサスペンスと思って鑑賞したら、彼らの出番はかなり少ない。特に太っちょ(笑)。ネタバレあり。 ―2013年製作 米 88分―
アクション

映画 スパイレジェンド ネタバレ感想 元CIAのブロスナンが暴れまくるサスペンスアクション

凄腕の元CIAエージェントのデヴェロー(ピアースブロスナン)が、昔の仲間に呼ばれて仕事を引き受けたところ、その裏にはロシアの次期大統領選を巡る陰謀があった。果たしてどうなっちまうのかという話。サスペンスな展開とアクションシーンのバランスが取れてて、それなりに楽しめる作品。ネタバレあり。―2015年公開 米 108分―
韓国映画

映画 メビウス ネタバレ感想 キムギドク監督の韓国作品

何これ、すごい。笑わせに来てるのかシリアス路線を見せたいのか、芸術性をアピールしてるのか、ともかくメチャクチャな内容で、けっきょく何だったのかわけわからんのに、最後まで見せきる力はある作品だった。韓国のキムギドク監督作品。親父のチ●コを巡る、愛憎劇?
スポンサーリンク
時間移動

映画 エアポート2015 ネタバレ感想 駄作と思わせておいてけっこう面白い

全編通して突っ込みどころ満載で、オイオイオイオイって思っちゃうんだけど、この映画は面白いです。あほらしい設定ではあるものの、最後まで楽しんで見られたのだ。あくまで個人的な感想であるところは、誤解なきよう。
韓国映画

映画 毒戦 BELIEVER ネタバレ感想 ジョニートー監督作の韓国版リメイク

香港のジョニー・トー大先生の『ドラッグ・ウォー 毒戦』の韓国版リメイク作品。オリジナルの要素をつまみながらも独自の路線で突き進むクライムサスペンス。ネタバレあり。 ―2019年公開 韓 124分―
映画

映画 ある女流作家の罪と罰 ネタバレ感想 実話を基にした物語

犯罪の話ではあるものの、ささやかな喜びの中に人生の幸福があることを感じられる、日々を生きることに少し前向きになれる物語。
映画

映画 ちいさな独裁者 ネタバレ感想 ナチスの将校になりすます脱走兵が迎えた結末

実話を基にした物語。第二次世界大戦末期、ドイツが敗色濃厚になってきたので、恐ろしくなって隊を脱走したヘロルト氏が、偶然見つけたナチス将校の軍服を身にまとったことで恐ろしい行為に乗り出す。自分も含めた人間の本質の、ある一面をえぐってくる危険な作品。ネタバレあり。 ―2019年公開 独=仏= 波 119分―
映画

映画 THE QUAKE/ザクエイク ネタバレ感想 『THE WAVE ザ・ウェイブ』の続編です

以前、一家全員で津波災害から生き延びた経験のある地質学者。彼がいろいろ調べていると、大地震の予兆が。そして、実際に大地震が起きてまう。地質学者は家族を救うことができるのか――というディザスターパニック作品。ネタバレあり。 ―2019年公開 諾 108分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました