アクション

スポンサーリンク
韓国映画

映画 第7鉱区 ネタバレ感想 ハ・ジウォンのプロモーション作品

映画 第7鉱区 ネタバレ感想 閉鎖空間の中で働く従業員たち、そこにモンスターが襲ってくる。その中でジタバタしつつ、主人公的役柄の人間が最後まで奮闘してモンスターを退治するという流れ。王道といえば王道的な展開。あとは主役を演じたハ・ジウォンのプロモーション的作品てな印象。 
バイオレンス・クライム

映画 友よ、さらばと言おう ネタバレ感想 フレンチノワールアクション

映画 友よ、さらばと言おう ネタバレ感想 フレンチノワールアクション オリヴィエマルシャル的フランスノワールを、アクション要素を強めに、しかもうまく盛り込んだ感じ。尺が短い中でスピーディに話が進んでいくところがとてもいい。
アクション

映画 ダイハードラストデイ ネタバレ感想 放射能のくだりが適当

映画 ダイハードラストデイ ネタバレ感想 放射能のくだりが適当すぎ シリーズ最終作(今のところ)としては、かなり残念な感じ。『リーサルウェポン』シリーズなんかは、それなりによくまとまって完結したのに、今作は続編として登場するまでの年月が空きすぎたせいなのか、なんなのか、ともかく『ダイハード』という名を冠していることに残念さを感じてしまう残念作品
スポンサーリンク
アクション

映画 トレマーズ2 ネタバレ感想 フレッドウォードとマイケルグロス

映画 トレマーズ2 ネタバレ感想 フレッドウォードとマイケルグロス 2作目。前作の強敵だったグラボイズは2作目にありがちではあるが、複数出てきて個体としての強敵感は薄れている。でも、それなりに楽しめる。
アクション

映画 トレマーズ ネタバレ感想 ケヴィン・ベーコンとフレッド・ウォード

映画 トレマーズ ネタバレ感想 シリーズ1作目。ケヴィンベーコン(ヴァル)とフレッドウォード(アール)のキャラがイイ。掛け合いを見ているだけでも楽しめるバディームービー的な要素があるモンスターパニックの良作。
2020年公開の映画

映画 ホワイトストーム ネタバレ感想 アンディラウVSルイスクー

映画 ホワイトストーム ネタバレ感想 アンディラウVSルイスクー 話の細部なんてどうでもいい感じのアクション作品っていう意味では香港らしい作品ではある。銃撃戦はあるし、カーチェイスもあるし、その辺の迫力はなかなか。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 ヒーローネバーダイ 眞心英雄 ネタバレ感想

映画 ヒーローネバーダイ 眞心英雄 ネタバレ感想 ジャックとチャウの二人はほとんど会話もしてないが、ラストは仲良く手を組んで敵を抹殺に向かうのである。組織に忠誠を誓って働いてきた男たちは、その忠誠を反故にされたら、自分の命を捨ててでも落とし前をつけなあかんのである。This is 極道。
アクション

映画 エネミーライン ネタバレ感想 ジャージ男から逃げるアメリカ海軍飛行士

映画 エネミーライン ネタバレ感想 ジャージ男から逃げるアメリカ海軍飛行士 アメリカ海軍の戦闘機パイロットが主人公てことで、ドッグファイトが繰り広げられる戦闘機アクションかと思っていたら、全然ちがった。話の下敷きになっているのは、旧ユーゴスラヴィアの民族紛争らしく、背景はなかなかハード。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました