アブノーマル

スポンサーリンク
善悪を超えた言葉を獲得するために、みんな人間であることをやめよう

映画『淵に立つ』ネタバレ感想 その恐ろしさ、ラストまで目が離せない

面白いです。そして、全体的には恐ろしい映画といえるだろう。最後のほうはよくわからん部分もあるが、いずれにしても観る人によって、いろいろな感想が出そうな内容ではあった。ということで、少しだけネタバレして、個人的にこの作品から得た感想を。 ―2016年 日=仏 119分―
映画

映画『東京プレイボーイクラブ』ネタバレ感想  暴力男の末路

先日『クズとブスとゲス』を鑑賞して奥田監督に興味を持ったので、前の作品を借りてきたが・・・ちょっと物足りない印象。『クズとブスとゲス』のようなパワーを感じなかったのだ。でも、大森南朋はカッコよかったな。ネタバレあり。
映画

映画『クズとブスとゲス』ネタバレ感想 クソとボケとバカ(笑)

これはなかなかすごい映画だ。よくわからない熱を感じる作品であった。主演も努めた奥田康介監督のあの風貌。忘れようにも忘れられん。まさにクズが服を着て歩いているような男で、その突き抜け方にはある種の爽やかさすら感じる。普段と異なる映画体験がしたい人にはオススメです。ネタバレあり。 ―2016年 日 141分―
スポンサーリンク
映画

映画『PET ペット 檻の中の乙女』ネタバレ感想 檻に入れれば安心だと思った(笑)

ある男(セス)が同じ高校出身で、人気者だった女性(ホリー)を偶然見かけ、彼女のことが気になるのでストーカーになり、拒否されたことで逆ギレして彼女を誘拐・監禁してみたら、ホリーのほうがぶっ飛んだ変態野郎だった。で、どうなるのかという話。セスの人間性についてちょっと考えてみた。ネタバレあり。―2017年 米=西 94分―
映画

映画『インビテーション』ネタバレ 冒頭と結末だけ観れば充分 

子どもを亡くしたことをきっかけに離婚した妻からパーティのお誘いがきた。なんで今頃? 主人公は恋人と会場となる屋敷に向かう。そこには当時遊んでいた旧友たちの姿が。あとは元妻の新しい旦那と謎の男女。ちなみに旧友たち以外はみんなカルト教団の信者(元妻も入信済み)なのである。ネタバレあり。―2017年 米 100分―
韓国映画

映画『殺人の告白』ネタバレ 感想 壮大な釣り映画

ある人間たちがグルになって、殺人犯を追い詰めようとする話だということが、後にわかる。しかし、その間に起きるシーンなどが物語としてのリアリティを損なわせているように感じて、なんか真に迫っている部分との乖離がすごくて個人的には興ざめしてしまった。ネタバレあり。 ―2013年 韓 119分―
映画

映画『ザ・ギフト』ネタバレなしオススメ感想 良作です タダより怖いものはない

1人の登場人物に感情移入し続けると、どこかでそれを裏切られるような展開になっている。ラストまで面白く観られるうえ、心にどっしりする何かを残す作品だ。鑑賞するか迷っている人のため、ネタバレなしでおすすめポイントを。 ―2016年 米 108分―
存在とかへの私的な疑問

映画『スプリット』ネタバレ感想 セルアウトしちゃいます!

シャマランパイセンに思い入れは全くない。彼の作品を4~5作くらいは観ているはずだが、その中でも本作はけっこう面白いと思った。多重人格ものを今さらやってのける、パイセンのチャレンジ精神に乾杯! ネタバレあり。 ―2017年 米 117分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました