スポンサーリンク

映画 愛なき森で叫べ ネタバレ感想 北九州監禁殺人事件が題材の園子温監督作 ネットフリックス

スポンサーリンク

愛なき森で叫べ

―2019年製作 日 151分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:愛のむきだし」の鬼才・園子温によるNeflixオリジナル映画。実在の猟奇殺人事件にインスパイアされて描いたサスペンススリラー。1995年、東京。愛知県から上京してきた家出少年シンは、若者たちによる自主映画の撮影に参加することになり、知人の妙子と美津子に出演を依頼する。彼女たちは高校時代、憧れのクラスメイトが交通事故死した事件からいまだに逃れられずにいた。世間が銃による連続殺人事件に震撼する中、引きこもりとなっていた美津子のもとに、村田という男から電話がかかってくる。「10年前に借りた50円を返したい」という村田に不審感を抱く美津子だったが、紳士的な彼に次第にひかれていく。しかし村田の正体は、冷酷な詐欺師だった。妙子の姉も村田にだまされていたことから彼の本性を知ったシンたちは、村田を主人公にした映画を撮り始めるが……。作中には過去の園監督作を彷彿させるシチュエーションや同じ名前の人物が次々と登場。巧みな話術で人の心を操る詐欺師・村田を「新宿スワンII」の椎名桔平、家出少年シンを「キングダム」の満島真之介、美津子の父を「冷たい熱帯魚」のでんでん、母を元宝塚歌劇団の真飛聖がそれぞれ演じる。Netflixで2019年10月11日から配信。(映画.com)

あらすじ:1995年。愛知県豊川市から上京したシン(満島真之介)は、ジェイ(YOUNG DAIS)とフカミ(長谷川大)に声をかけられ彼らの自主映画制作に参加。知人の妙子(日南響子)と美津子(鎌滝えり)に出演を依頼する。彼女たちは高校時代、憧れであったクラスメイトが交通事故で急逝するという衝撃的な事件から未だ逃れられずにいた。引きこもりとなっていた美津子に村田(椎名桔平)から電話がかかってきたのは、世間が銃による連続殺人事件に震撼していたころ。村田は「10年前に借りた50円を返したい」という理由で美津子を呼び出し、巧みな話術とオーバーな愛情表現で彼女の心を奪っていく。だが、村田は冷酷な天性の詐欺師だった。自身の姉も村田に騙されていた妙子によって彼の本性を知ったシンたちは、村田を主人公にした映画を撮り始める。やがて村田は、美津子の父・茂(でんでん)や母・アズミ(真飛聖)をも巻き込み、事態は思わぬ方向へ転がり始める…。(Filmarks)

監督・脚本:園子温
出演:椎名桔平/満島真之介/日南響子/鎌滝えり/YOUNG DAIS/長谷川大/真飛聖/でんでん

ネタバレ感想

実際に起きた、北九州監禁殺人事件から着想を得て製作したらしいサスペンス作品。正直、序盤の展開は退屈なんだけど、話が進むにつれてバイオレンスな展開に突入していき、ラストまで楽しめる。

引用した解説にあるように、園監督の過去作を彷彿とさせるシーンがけっこうある。監督本人も集大成的作品と位置付けているようなので、なるほどなと思わされた。

で、内容は冒頭に書いた通り。序盤の1985年と1993年を行ったり来たりして、女子高生たちの青春話や、映画に情熱を燃やす若者たちの行動や、椎名桔平扮する村田がいかなる詐欺師的人間なのかが描写される展開は、けっこう退屈。まぁでも、当然こうした描写が後の展開に生きてくるので、ここを乗り越えられれば最後まで楽しめる。

早くもネタバレしちゃうと、ラストのほうの展開はメチャクチャでマジで笑える。村田は人心を掌握する術にたけており、自分が手を汚さずに悪事を働くことができる悪魔的な人間なのだが、ラストの展開で、彼を超える殺人鬼が出てくる。その殺人鬼は村田にマインドコントロールされて彼に心酔していると思われていたシンなんだけど、こいつが村田を凌駕するぶっ飛びぶりで、彼が本性を現してからは村田が小物に見えてきて、実際に椎名桔平が小物っぽい演技をしてくれるので、マジで笑えるのだ。

笑えると言えば、村田を演じた椎名桔平がかなりよかった。村田の詐欺師的胡散臭さが非常にうまく表現されてて、その言動がイチイチ笑える。やっていることは暴力や恫喝でひどいんだけども、そのセリフがバカっぽくて笑えるし、傍若無人ぶりを観てるだけでも楽しめた。

彼が人を支配する方法は、まず相手に罪の意識を植え付けさせ、その意識をあおるように恫喝で相手の気持ちを消沈させ、その間に酒を飲ませておいて相手の判断力を鈍らせて屈服させていくものらしい。しかし、この映画ではその過程がさほど執拗に描かれないので、その辺は少し物足りない。

にしても、恐ろしいのは、日南響子演じる妙子なんかは、村田の恐ろしさと酷さを知っていて、彼を嫌悪しているのになぜか関わりを避けられないところ。なんでああなっちゃうのかはよくわからんが、村田のエキセントリックさは何か人の心をつかんでしまうものを孕んでいるようだ。だから、美津子もその妹も妙子の姉も母も彼のとりこになってまうのである。しかし、どうしてああなってしまうのかは、当事者にならんとわからんのだろうなと思う。

はっきり言って、この作品に何が込められているのかなどは俺にはよくわからんかったのだが、中盤以降の展開は笑えて楽しめたので、鑑賞してよかったなと思うのである。あと、日南響子がエロイ。特にエロイのは、自殺願望が膨れ上がり屋上から飛び降りるも、車の上に落下して失敗した彼女が悶えているところ。あれはエロイ(笑)。青頭になってる彼女はイマイチだが、村田と初対面の喫茶店のシーンの彼女はマジでエロ可愛かったなぁ。

この作品はネットフリックスで鑑賞できます。

映画 ジョーカー ネタバレ感想 人間はみんな、善人で悪人だ
あらすじを観て興味を覚えて鑑賞。善悪について考えるに示唆的な内容でありそうな気がした。その通りの内容だったので、とても満足できた。アーサーがジョーカーになる過程を描くことで、人間は全員、全員が善人でも悪人でもあるのだということを示唆しているところが素晴らしい。ネタバレあり。
映画 ファイ 悪魔に育てられた少年 ネタバレ感想 キムユンソクがすごい!
ある犯罪者集団と、彼らが育てた義理の息子による愛憎劇。キム・ユンソク目当てで見たら、予想以上に楽しめた。『チェイサー』や『哀しき獣』の演技もすごかったが、この作品でもそれに匹敵する凄味がある。ネタバレあり。―2014年公開 韓 125分―
映画 ナチュラルボーンキラーズ ネタバレ ラストまで殺しまくる殺人夫婦
ミッキーとマロリー。二人は善悪の基準を普通の人間と同じく持っているものの、その一線を越えることにためらいがない。だから笑いながら人を殺せる。この作品が示しているのは、殺人鬼をヒーローに祭り上げるメディアとそれに踊らされる大衆への風刺だと思われる。ネタバレあり。―1995年公開 米 119分―
映画『トールマン』ネタバレ感想 独自の「子育て論」を押しつける慈善事業集団
中盤以降の展開になかなか驚かされた。しかも、子どもをさらうと言われる都市伝説的存在のトールマンの目撃情報が、嘘ではなく本当の情報だと思わせるところもすごいのである。てなことで、なかなか楽しめる作品でした。ネタバレあり。 ―2012年公開 米・加・仏 106分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました