スポンサーリンク
映画

映画 シェルター 狂気の秘密 ネタバレ感想

映画 シェルター 狂気の秘密 ネタバレ感想 DV夫から逃れるために女性が避難するシェルターを運営する女性の元に向かった母娘。しかし、そのシェルターの主は生活に独自のルールを求めてくる、少し変な女だった――。ネタバレあり。 ―2008年製作 加 82分―
2020年公開の映画

映画 ザビースト ネタバレ感想 ニコラスケイジvs猛獣vsテロリスト

映画 ザビースト ネタバレ感想 ニコラスケイジvs猛獣vsテロリスト 、最近のケイジ氏の作品であるから駄作認定したくなるツッコミどころもなくはないが、かなり面白い作品であった。ケイジ氏のファンでなくても、それなりに楽しめる…と思う。
映画

映画 アクアスラッシュ ネタバレ感想 殺人ウォータースライダー(笑)

映画 アクアスラッシュ ネタバレ感想 殺人ウォータースライダー やっべぇ、ナニこれ。超楽しい(笑)。ジャケットのような惨劇は一応、本当に起きる。それ以外のシーンとかはどうでもいい(笑)。
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 グランドジョー ネタバレ感想 渋いニコラスケイジ

映画 グランドジョー ネタバレ感想 渋いニコラスケイジ 話自体は暗いしさほど面白くないんだけど、ケイジ氏がなかなか渋くてカッコいい。けっこう切れやすい性格のようだが、弱者の味方でもあってそのダークな親分ぶりがかっこいいのだ。
映画

映画 ボーンコレクター ネタバレ感想 何度観ても犯人を忘れる

映画 ボーンコレクター ネタバレ感想 何度観ても犯人を忘れる この作品の面白味は、体を動かせないので現場に出られない安楽椅子探偵が、自分の目となり足となるアンジェリーナジョリー扮するドナヒーという優秀な助手を得たことで、遠隔操作的バディムービーとして展開していくところにある。
バイオレンス・クライム

映画 強盗放火殺人囚 ネタバレ感想 松方弘樹と若山富三郎

映画 強盗放火殺人囚 ネタバレ感想 松方弘樹の脱獄三部作の三作目。だいぶコミカル度がましてコメディ的な内容になってる。だからと言ってつまらないわけではない。楽しい。若山富三郎扮するオヤッさんとのバディムービーとも言えるし、彼との絆を描いた男の映画としても見て取れる。
バイオレンス・クライム

映画 脱獄広島殺人囚 ネタバレ感想 松方弘樹主演作

映画 脱獄広島殺人囚 ネタバレ感想 松方弘樹主演作 実在の人物をモデルにした作品らしい。ともかく松方弘樹ほか、役者たちがともかくギラギラしてる。これこそが昭和のバイオレンス作品のパワーだ。
2020年公開の映画

映画 追龍 ネタバレ感想 ドニーイェンとアンディラウ

映画 追龍 ネタバレ感想 ドニーイェンとアンディラウ 香港に出稼ぎにやってきたホーと仲間たちはヤクザ同士の抗争に参加して頭角を現す。その一方で出世欲ある警察官のロックとも友情を育むようになり、勢力を拡大していくがーー。ドニーイェンとアンディラウ共演の男同士の友情を描いたバイオレンスアクション。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました