スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 ザクーリエ ネタバレ感想 オルガキュリレンコのアクション

裏社会の配達屋として生計を立てている元特殊部隊のオルガキュリレンコ。ある日、彼女が依頼の品を届けた先は、裏社会の大物、ゲイリーオールドマン=マニングスが起こした殺人事件の証人が匿われている場所だった。成り行きで彼女は証人の命を守ることになるが、果たしてどうなってまうのかという話。役者の魅力をぜんぜん生かせていないように見えちゃう、残念作品。
バイオレンス・クライム

映画 ドラッグチェイサー ネタバレ感想 ニコラスケイジとフィッシュバーン

コカインビジネスのサプライチェーンの中に、純正商品でないドラッグを混ぜている奴がいて、それを突き止めるためにニコケイがボスに命じられて、品質管理のために奔走するのが大きな話の軸。金のためにコカインの流通に加担してる奴がたくさんいることや、それによる犠牲者が出ていることや、摘発する行為そのものの虚しさなんかは描かれてるんだけど、何の感慨もわかぬしカタルシスもないのであった。
2020年代の作品

映画 プリジョネイロ ネタバレ感想 ネットフリックス配信作

ブラジルの田舎で貧しい野良仕事をしてた青年マテウスが、母親と妹を養うためにサンパウロに出稼ぎへ。しかし雇われた廃品処理工場は、労働者を搾取して強制的に働かせる恐ろしい場所だった。一体どうなってしまうのか!? 格差や階層社会の構造的問題を浮き彫りにする恐ろしくも悲しい話
スポンサーリンク
存在とかへの私的な疑問

映画 コングレス未来学会議 ネタバレ感想 ラストは幸福なのか

原作は未読。何となく気になってた作品なんで鑑賞してみたら、かなり悲惨なディストピア作品だった。ただ、見方によってはユートピアでもある。こういう世界っていずれ現実になるんだろうな、とも思わせる内容。映画として面白いかと聞かれると、そんなんでもないけども、心に残る作品ではあったかな。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ボクたちはみんな大人になれなかった ネタバレ感想

主人公が旧知の中だった男と再会して、それをきっかけに過去へどんどんと思い出が遡っていく構成。遡って語られる90年代とか00年代の風景や使われる携帯電話などの道具に懐かしさは感じたものの、内容自体はとても退屈で、特に大きな共感も得られず、残念。
2020年代の作品

映画 ヤーラ/Yara ネタバレ感想 DNA鑑定で判明した犯人

ネットフリックスで鑑賞。実際にイタリアで起きた事件を題材にしたサスペンス作品。検事がとった強硬手段は何なのかーーというのがこの作品の肝で、それは事件が起きた界隈の人たちを任意でDNA検査していくというもの。
映画

映画 リービングラスベガス ネタバレ感想 アル中男と孤独な娼婦

洒落た音楽に合わせて、アル中の元脚本家とベガスで身を立てる高級娼婦の短い蜜月の時が描かれる。俺の好きなニコケイが今みたいにB級ばっかに出るようになる前の作品。彼の相手役であるエリザベスシューは『ベスト・キッド』や『バックトゥザフューチャー』シリーズの頃よりも大人になってあか抜けた感じがして美人。ネタバレあり。
映画

映画 ここは退屈迎えに来て ネタバレ感想

地方都市に住む女性たちが閉塞的な田舎町の中で、過去を振り返ったり現状の立ち位置に悩んだりする姿が描かれる群像劇。タイトルどおりに退屈なので人を選ぶ作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました