スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 HOMIE KEI チカーノになった日本人 ネタバレ感想

映画 『HOMIE KEI チカーノになった日本人』幼少期の生活環境が悪く、裏社会で生きざるを得なかった男が、いかにしてアメリカの刑務所で生き残り、メキシコ人ギャングのチカーノと絆を深めていったのかがわかる内容になっている。
韓国映画

映画 EXIT ネタバレ感想 有毒ガスから 逃げ惑う韓国産パニック作品

『EXIT』 有毒ガスから 逃げ惑う韓国産パニック作品。
バイオレンス・クライム

映画 コールドバレット凍てついた七月 ネタバレ感想 ドンジョンソンがいい

最初は息子を殺された親父が主人公をストーカーして嫌がらせしてる話なのに、気付くとその親父と主人公が仲間になって、事件の裏にある陰謀に関わっていくようになる超展開な作品。ある種の迫力がある内容で、ドンジョンソンがいい味出してる。ネタバレあり。
スポンサーリンク
映画

映画 スーパーサイズミー ホーリーチキン ! ネタバレ感想

前作以上に扱う内容というか対象が大きくなってて、社会性が増している感じ。内容もアイロニーがあって楽しめた。今回標的にしたファストフードはアメリカの養鶏業を牛耳っている大手五社、通称ビッグチキンを標的に、業界の裏側を世間に知らしめる内容になっている。
バイオレンス・クライム

映画 ザヤクザ ネタバレ感想 高倉健&ミッチャムの義理人情侠客作品

ロバートミッチャム、高倉健主演、アメリカ発の任侠ヤクザ映画。アメリカが描く日本と「らしさ」について考えさせられる。そして義理は重荷だ迷惑だ。「殺陣」と「おひかえなすって」と「指詰め」がみどころの作品。
時間移動

映画 95:TIME ネタバレ感想 ラストもよくわからん

95:TIME 冒頭から謎めいた展開が続き、興味を惹かれなくもない内容で、その謎がところどころで判明する内容なので、ラストまで鑑賞できないこともない。ところが、けっきょく何がなんだったのかよくわからん。一応ハッピーエンドっぽいんだけど、詳細は細部まで説明されない不親切な内容だった。
バイオレンス・クライム

映画 アップグレード ネタバレ感想 ラストまで操り人形

ラストを迎えて振り返るに、グレイはどこまで自分の意思で動けていたのかという思いが湧く。AIが肉体を操ることで繰り広げられるアクションシーンはみどころの一つ。身体をアップブレードする未来は、近いうちに訪れるのかもしれない。
時間移動

映画 嵐の中で ネタバレ感想 ネットフリックス

時間移動系の作品が好きなので鑑賞。厳密に言うと、タイムリープするというよりはパラレルワールドに生きることになってしまった女性=ベラが、元の時間軸に戻るためにジタバタする様を描いた作品と言えそう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました