スポンサーリンク

映画 沈黙の戦艦 ネタバレ感想 セガールvsトミーリージョーンズ

スポンサーリンク

沈黙の戦艦

―1992年製作 米 102分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:テロリスト集団に占拠された戦艦を奪回するため、孤軍奮闘する男の姿を描く海洋サスペンスアクション。アラバマ州モービル湾に停泊し、現在は船の博物館となっているUSAアラバマ号を改造して撮影された。監督は「刑事ニコ 法の死角」のアンドリュー・デイヴィス。製作は「マンボ・キングス わが心のマリア」のアーノン・ミルチャン。エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・ゴールドスタインと脚本を兼ねる「ミストレス」のJ・F・ロートン。撮影は「刑事ジョー ママにお手上げ」のフランク・ティディー。音楽はゲイリー・チャンが担当。主演は「アウト・フォー・ジャスティス」のスティーヴン・セガール。ほかに「JFK」のトミー・リー・ジョーンズ、「ハートブルー」のゲイリー・ビジーらが共演。(KINENOTE)

あらすじ:米国海軍最大最強を誇るUSSミズーリ号。その長い栄光に満ちたキャリアを閉じる日が近づいていた。かつては2400人の海兵を乗せていた船は、今は必要最小限の人数で太平洋を横断、帰路に向かっていた。この船のコック、ケイシー・ライバック(スティーヴン・セガール)は、元SEAL先鋭の秘密戦闘要員で、そのことを知っているのは彼の指揮官アダムス大佐(パトリック・オニール)のみ。今はその過去を封印することを選択していた。だがミズーリ号の平和な航海は突然のシージャックで打ち砕かれた。犯人は軍の技術兵ウィリアム・ストラニクス(トミー・リー・ジョーンズ)とクリル中佐(ゲイリー・ビジー)。彼らは核兵器を盗み出そうと計画していたのだ。2人とその仲間30人を相手に、数人のクルーたちはライバックの指揮のもとに戦いを挑んだ。ライバックの大活躍で犯人グループは一網打尽にされ、無線連絡で駆けつけた救出隊が到着する前に、ミズリー号は解放されるのだった。(KINENOTE)

監督:アンドリュー・デイヴィス
出演:スティーヴン・セガール/トミー・リー・ジョーンズ/ゲイリー・ビジー/エリカ・エレニアック

ネタバレ感想

最後まで楽しめる、セガール先生の人気作品。これと『暴走特急』『DENGEKI』くらいだろうね、セガールファン以外でも楽しめる彼の主演作は(個人的主観)。

で、セガール拳炸裂のこの映画、こうして観なおしてみると、体術による殺人はさほど多くはない。要所要所で、他作品と同様に鬼畜な殺人鬼ぶりを発揮するものの、どちらかというと銃器を中心としたアクションが多いように感じた。

なんで悪役たちは、もっと人質の船員たちをうまく使わないのかなど、細部のつっこみどころはいろいろある。まぁでも、そんなのはいいかと許せるだけの面白味があるのだ。

笑えるのは、敵ボスのストラニクスが、ライバックの脅威に対抗できなくなってきて、最後には作戦そのものすら放棄してまうところ。そして、『暴走特急』の感想でも触れたけど、ストラニクスとライバックのラストバトルは、かなりのお笑い格闘名シーンで、ここを繰り返し見るだけでも楽しめる作品だ。

で、今回もう一つ発見したのは、上述のラストバトル前に、ストラニクスとライバックが交わすセリフ。実は、二人とも権力を振りかざして命令してくる上のやつらには辟易しているということ。その意味では同類であって、共感すらしているのだ。そして、ストラニクスはそれを言うライバックに対して、「お前には信念がある。だが俺には…」て喋ってる途中にライバックの手により惨殺されてまう(笑)。

ストラニクスは自分に信念がないことを認めており、ライバックにはそれがあると言っている。信念があるライバックは、権力の下にいても悪事は犯さないってことか。一方のストラニクスは、上に対する不満だけで職を辞して(殺されかけたんだから当然でもあるが)復讐と金を得ることに走るわけで、確かにそういう意味では信念はないように見える。そこが似たもの同士でありながらも、両者の決定的な違いだったというわけだ。

ライバックは上官だろうがなんだろうが、終始偉そうにしていて、そこが鼻につくんだけども、なるほど自分自身の信念に忠実であるってのは、そういうことなのかもしれないね。

映画 暴走特急 ネタバレ セガール拳さく裂のケイシーライバックシリーズ
元海兵隊員で今はコックのケイシー・ライバックがテロリストの悪だくみに遭遇し、そいつらの企みを阻止するべく虐殺を開始するシリーズの第2弾。セガールが強すぎるのはいつものこととして、この作品くらいまでは、ストーリーもなんとか観られる水準にある(笑)。ネタバレあり。 ―1996年公開 米 100分―
映画 DENGEKI 電撃 ネタバレ感想 セガールアクションのましなやつ
そこそこ楽しめるし、今作の格闘術を観るに、何か違う路線を模索してたのかなって思わせる内容だ。あと、この作品ではまだスリム(笑)。
映画『ハード・トゥ・キル』無敵のセガール拳炸裂! 殺人刑事、大暴れ
主人公のストーム刑事、酷いですね。例えば冒頭、彼の訪れた店に強盗が押し入る。店員の親父、殺されるんですね。でも親父を助けたりはしません。彼が殺されるのを見届けてから? 強盗集団をこらしめにかかります。あんた、刑事だろ?
映画『沈黙の陰謀』 スティーブン・セガール これは黙らざるを得ない!(ネタバレ) 
セガールっていつも上から目線だよね(笑)内容はかなり酷い。セガールは細菌学の権威で、元々政府お抱えの機関で働いていたという過去(政府がらみのいつものパターン)があるのだが、学者の癖してなぜかやたらに強く、軍人をいとも簡単にボコる武芸の達人である。そして学者なのに、なぜか軍人に偉そうに命令ができる。 い
映画『エグゼクティブ・デシジョン』ネタバレ感想 セガールがいなくてよかった(笑)
セガール扮するトラヴィス中佐は早々に退場する。この作品について必ず言及されるだろうことだが、セガールがすぐにいなくなるからこそ、この映画は、最後まで緊迫感溢れる良作になっていると言える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました