スポンサーリンク

映画 仁義なき戦い 完結編 大友勝利が再登場。そして松方弘樹の目が(笑)

スポンサーリンク

仁義なき戦い 完結篇

―1974年公開 日 98分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「仁義なき戦い」シリーズ第5部・完結篇。警察の頂上作戦で一応終息したかにみえた広島やくざ抗争は、服役していた組長・幹部などの出所をきっかけに、組織の再編成にともなう流血の縄張り争いを再然させた。脚本は「ザ・カラテ」の高田宏治、監督は「仁義なき戦い 頂上作戦」の深作欣二、撮影は「殺人拳・2」の吉田貞次がそれぞれ担当。(KINENOTE)

あらすじ:警察の頂上作戦で幹部連中が大量に検挙された後、大友組が勢力を回復、広島やくざ組織は、山守組、打本会、大友組の三巴の対立となっていた。だが、彼らは警察の目を欺くために山守義雄を会長に、傘下の武田組、江田組、早川組(元打本会)、大友紙、呉の槙原組、さらに徳山、福山など近郊都市の組織までも大同団結させて、政治結社「天政会」を発足させた。昭和41年春。天政会々長の二代目を継いだ武田明は、警察の取締りに対処し、会の再建強化を図るが、反主流派の大友、早川らの反発にあう。4143日。天政会にすっかり抑えられていた呉の市岡組々長・市岡輝吉(広能昌三の兄弟分)は、天政会の混乱に乗じ、天政会参与・杉田佐吉を襲撃し射殺した。この事件で不穏な動きを察知した県警は、天政会壊滅のため、武田以下首脳を順次検挙する方針を打ち立てた。保釈の身であった武田は、再逮捕される前に先手を打ち、腹心の若頭・松村保を三代目候補に推薦した。しかし、この処遇を快く思わない大友、早川は激しく反発、松村殺害を企てるが未遂に終る。その頃、網走刑務所に服役中の広能昌三は、獄中ひそかに過去の抗争を記録した手記を綴っていた。刑務所を訪れた市岡は、大揺れの天政会の現状と、今こそ広能に広島をとるチャンスが到来したと告げた。43年秋。市岡は、かねてより親しかった早川英男を介して、大友勝利と兄弟分の盃を交し、広島進出の足掛りを掴み、松村組の縄張り内に組員を送り込み挑発。441115日。遂に腹に据えかねた松村は、市岡を殺害、これを期して、政治結社としての天政会を解散させると同時に傘下各組をも解散、自分の直属にした。456月、武田が出所し再び会長に復帰。四ヵ月後に出所する広能を恐れていたのは、呉の槙原政吉だった。羽振りのいい槙原組に対し、広能組は先に殺された市岡輝吉の報復もできず肩身の狭い思いをしていた。45630日。呉市繁華街で広能組組員・清元が槙原組々長を射殺。45918日。広能昌三が七年振りに出所した。武田は直ちに広能に天政会との関係を円満に運ばせるべく説得、松村も秘かに広能と会い、武田引退の旨を知せると同時に、広能にも引退を迫った。この時、既に広能は引退を決意していた。451118日。三代目就任の決まった松村が、その挨拶に江田省一を伴って関西を訪れる途中、反対派の襲撃を受け、江田は即死、松村は重傷を負った。451124日。松村は重体のまま、県警の中止警告や市民の批判を無視して、予定通り襲名披露を強行した。一方、広能は若頭・氏家を伴い式に参列、松村に組員たちの進退を依頼した。広能組が天政会の傘下に入ったため、槙原組は浮き上ってしまった。46116日。追いつめられた組長なき槙原組々員は、広能組々員を襲撃、一人は即死、一人は重傷を負った。すでに、広能昌三の手の届かぬところで若者たちは流血を繰り返していた……(KINENOTE)

監督:深作欣二
出演:菅原文太/伊吹吾郎/松方弘樹/小林旭/北大路欣也/宍戸錠/八名信夫/山城新伍/田中邦衛/川谷拓三/金子信雄/野川由美子

ネタバレ感想

今作では金子信雄の扮する山守は少ししか出てこない。ムカつくことには変わりないけども、彼はそんなに表舞台には出てこないのだ。とはいえ、広島の暴力団の権力争いは引き続き行われていて、武田や広能らが血みどろの世界から身を引く選択をする過程が描かれる。

どんな人間にも引き際ってのはあるんだなと思わせるし、彼らがいろいろな人の血を流して戦ってきたこれまでの人生に、何が残ったんだろうかと考えると、むなしさを感じさせる内容になっている。

今作では2作目以降姿を消していた、“奴”が再登場する。大友勝利だ。これは同一人物とのことなので、2作目ではムショに送られて終わった彼が、娑婆に出てきて武闘派らしく立ち回ることになる。なるんだけども、今作ではこの大友を千葉真一ではなく宍戸錠が演じていて、何も知らんで観ていると、とても同一人物とは思えない(笑)。

千葉真一が演じた大友ほどに無茶苦茶な奴って感じもしなくて、それは宍戸錠が悪いんではなく、彼の演技そのものに文句があるわけではないけども、少し物足りない感もある。まぁでも、だいぶ月日が流れてるわけだから大友も少し大人になったというか、丸くなったというか、そういうことなんかも、と思えばよいのだ。

で、今作でも大友は何だかんだいって死なずにムショ送りになるだけ。しかし、田中邦衛が演じた槇原や山城新伍扮する江田は、刺客に襲われて絶命することに(江田は巻き込まれただけだが)。まぁでも、単なる小物の二人がここまで生き残れたのは、ある意味では小物ゆえである。殺すにも値しない程度の存在感だったからだ。(特に腰ぎんちゃくの江田)。

あと、松方弘樹が演じてた市岡が白目多すぎて顔がヤバすぎ(笑)。でも、今作で一番印象に残るのは彼で間違いない。サイコー!

映画 仁義なき戦い ネタバレ感想 実話をもとにした抗争劇
数年に一度、無性にシリーズ作品をすべて鑑賞したくなってまう深作欣二監督による名作。何度も何度も観てると、ところどころの描写はギャグとしても受け取れるし、他人の信用できなさをこれでもかってくらいに知らしめてくれるお勉強作品にも感じられるし、ともかくいろんな味わいのある懐の深い映画なんである。
映画 仁義なき戦い 広島死闘篇 ネタバレ感想 やっぱ大友勝利に尽きる
今作がすごいのは、やっぱり千葉真一が演じた大友勝利の存在だろう。ともかくアナーキーな奴で、自分の欲望に忠実に生きている。正直言ってお近づきになりたい輩ではないものの、彼みたいな人生を生きられたら、それはそれで幸せだろうと思う。ネタバレあり。
映画 仁義なき戦い 代理戦争 ネタバレ感想 眉毛のない梅宮辰夫が怖い(笑)
このシリーズは安定して山守の親分が糞野郎で、そのムカつき具合で物語が引っ張られていく感がある。文太氏演じる広能は筋を通して生きたいんだけども、どうしても自分の思うようには生きられず、今回は預かった若者=渡瀬恒彦を失うことになるのである。
映画 仁義なき戦い 頂上作戦 ネタバレ感想 松方弘樹の目つきと顔色が(笑)
このシリーズは一貫して山守がうざいのだ。この糞野郎が泣き叫んで血みどろになってのたうちまわるのを観たいのだが、残念ながら、実話をもとにしたこのシリーズではそれはおきない。でも、そこがこの作品のおもしろさでもあるんだな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました