スポンサーリンク

映画 DENGEKI 電撃 ネタバレ感想 セガールアクションのましなやつ

スポンサーリンク

DENGEKI 電撃

ー2001年 米  101分-

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:アクション・スター、スティーヴン・セガールが「マトリックス」の製作者ジョエル・シルヴァーと組んでつくったエンターテインメント・アクション・ムービー。共演はヒップホップ界のカリスマ、DMX。(KINENOTE)

あらすじ:デトロイト警察の熱血刑事ボイド(スティーブン・セガール)は、過激な捜査でトラブルばかり起こし、とうとう無法地帯の犯罪地区へ左遷されてしまう。女性の上司(ジル・ヘネシー)に性格改善セミナーに通わされ、イライラを募らせる彼は、警察保管庫から盗まれたヘロインの行方を追い始める。事件の裏に警察内の汚職を突き止めた彼は、ついに積もり積もった怒りを爆発させる。(KINENOTE)

監督:アンジェイ・バートコウィアク
出演:スティーヴン・セガール/DMX/イサイア・ワシントン/マイケル・ジェイ・ホワイト/ビル・デューク/マシュー・G・テイラー

ネタバレ感想

セガール作品の中では異色のアクション。どの辺が他の作品と異なるかというと、けっこうユーモア描写もあることと、彼が鬼畜なまでの強さがないところだ。

特に、彼の正中線がぶれない格闘術があまりなくて、ワイヤーとかスタント使ってるような描写が散見されるのである。これって彼の特徴が活きてないような気もするし、いつものように彼が敵を一方的におちょくって惨殺するような描写が薄まっているので、そこを気にすると物足りない感もあるんだけど、気にしないようにしてればそこそこ楽しめる。

俺は初見時はどっかの局でやってた地上波で観たんだけども、そのときにすごく新鮮に感じたので、レンタルであらためて借りてきて再見したことを覚えている。今こうして見返してみたら当時ほどの興奮はなかったけど、この作品においてよかったのは、イケメンラッパーのDMXが活躍するところと、彼のサポート役としてエヴァメンデスがチョイ役で出演しているところだ。

最初に彼女を見たときはものすごく美人に見えた。そんで、立て続けに彼女が出演している作品を観て、どれもチョイ役すぎて物足りなく感じていたら、『レジェンドオブメキシコ デスペラード』でけっこう活躍してて、完全にイカれちゃったんだけど、それ以降も大した作品に出てなくて、最近はみかけなくなったのは残念である。

残念ではあるものの、今回あらためて彼女を見て思ったのは、どうしてあの当時、そんなに彼女に衝撃を受けたのだろうかということだ。印象って年を経ると変わるもんだねぇ(笑)。

などと、セガールに対して言及してないけども、彼の作品の中ではそこそこ楽しめるし、何か違う路線を模索してたのかなって思わせる内容だ。あと、この作品ではまだスリム(笑)。

映画 沈黙の戦艦 ネタバレ感想 セガールvsトミーリージョーンズ
ストラニクスとライバックのラストバトルは、かなりのお笑い格闘名シーンで、ここを繰り返し見るだけでも楽しめる作品だ。
映画 暴走特急 ネタバレ セガール拳さく裂のケイシーライバックシリーズ
元海兵隊員で今はコックのケイシー・ライバックがテロリストの悪だくみに遭遇し、そいつらの企みを阻止するべく虐殺を開始するシリーズの第2弾。セガールが強すぎるのはいつものこととして、この作品くらいまでは、ストーリーもなんとか観られる水準にある(笑)。ネタバレあり。 ―1996年公開 米 100分―
映画『ハード・トゥ・キル』無敵のセガール拳炸裂! 殺人刑事、大暴れ
主人公のストーム刑事、酷いですね。例えば冒頭、彼の訪れた店に強盗が押し入る。店員の親父、殺されるんですね。でも親父を助けたりはしません。彼が殺されるのを見届けてから? 強盗集団をこらしめにかかります。あんた、刑事だろ?
映画『沈黙の陰謀』 スティーブン・セガール これは黙らざるを得ない!(ネタバレ) 
セガールっていつも上から目線だよね(笑)内容はかなり酷い。セガールは細菌学の権威で、元々政府お抱えの機関で働いていたという過去(政府がらみのいつものパターン)があるのだが、学者の癖してなぜかやたらに強く、軍人をいとも簡単にボコる武芸の達人である。そして学者なのに、なぜか軍人に偉そうに命令ができる。 い
映画 沈黙の達人 ネタバレ感想 無敵のセガール拳が復活…か?
なんか間延びっていうか展開がのんびりしてて、必要あるかないかのエピソードもあって、ラストの20分くらい見とけば十分な感じ。まぁでもそれなりに楽しめる

コメント

タイトルとURLをコピーしました