スポンサーリンク

映画『スネーク・フライト』ネタバレ感想 サミュエル・L・ジャクソン カッコイイ

スポンサーリンク

スネーク・フライト

この作品、公開当時もけっこう評判良かったよね。初めて鑑賞したけど、確かに面白い。内容はメチャクチャだが見てて飽きないのは、作り手がきちんと楽しめる作品を制作しようと頑張っているからだろう。ネタバレあり。

―2006年公開 米 107分―

解説:殺人事件を目撃した青年を移送中、彼らの乗る飛行機内にヘビが放たれるパニック・アクション。監督は「セルラー」のデイヴィッド・エリス。出演は「パルプ・フィクション」「S.W.A.T.」のサミュエル・L・ジャクソン、ドラマ『ER 緊急救命室』のリアナ・マーグリーズ、「秘密のかけら」のレイチェル・ブランチャード。(KINENOTE)

あらすじ:ハワイにて、手配中の有名なギャング、エディ・キムがロサンジェルスの著名な検事を殺害している現場を偶然にも目撃してしまったショーン(ネイサン・フィリップス)。薬物、恐喝、児童売春、武器売買などの容疑で追われているキムは、検事を殺して捜査をやめさせようとしていたのだ。事件を目撃した1時間後に、早くもショーンはキムの追っ手に殺されそうになっていた。ロサンジェルス大陪審の前で証言させ、アメリカの最重要手配犯を逮捕するために、危険な事件のエキスパート、FBIエージェントのネヴィル・フリン(サミュエル・L・ジャクソン)が派遣される。フリンはプライベートジェットを飛ばしおとりに使おうとするが、どの便に乗るのか空港で働く密告者がキムにもらしてしまう。この飛行機をロスに到着させないか、機内でショーンを殺すしかないキムが取った計画は、飛行機にヘビを放つことだった。あらゆる形、サイズ、毒を持つ数千匹のヘビが機内に積み込まれた。飛行機が離陸すると、タイマー式のカーゴが開き、ヘビたちが脱出。主要なオペレーティング・システムを破壊しながら、通気孔や電気配線部を通って客室に這い出すと、恐怖に慄く人々に次々と襲いかかった。ヘビたちはカーゴの中で、攻撃性を増すフェロモンを吸引させられていたのだ。ヘビの攻撃から逃れ、飛行機を無事に着陸させ、さらにショーンを無事にロスに届けるために協力してほしいと訴えるフリン。生き残りを賭け、乗務員と乗客は協力し合ってヘビから身を守ろうとするが、ヘビはあらゆる隙間から突然襲い掛かってくる。高度3万フィートの上空で、彼らは団結してヘビから身を守り、危機を脱することができるのか?(KINENOTE)

監督:デイヴィッド・リチャード・エリス
出演:サミュエル・L・ジャクソン/ジュリアナ・マルグリーズ

スポンサーリンク

ヘビが大量に出てきます

オイオイオイオイ

って思っちゃう場面はあるものの、最後まで面白く観られる作品だ。何がいいって、飛行機の中で大量の毒蛇に襲われちゃうっていう物語の荒唐無稽さ(笑)。とは言え、やろうと思えばできそうだなっていうリアリティもなくはないので、そこがいいのである。

ヘビから身を守るパニック映画ってなんか小粒感があるけども、舞台を閉鎖的な飛行機内にしたから楽しい作品になっているんだと思う。一応、お約束どおりパイロットらが途中で死んじまうので、無事に着陸できるのか――? という航空パニックものにありがちな要素も入っていて、わかっていても、楽しんで観られるのだ。

地上波向きな楽しめる娯楽作品です

てなことで、有名どころはサミュエル・L・ジャクソンしか出てないけども、なかなか頼りがいのあるカッコイイFBI捜査官を演じているし、ヒロインのジュリアナ・マルグリーズも、『ゴーストシップ』の時と同じように、頼れる役柄で頑張っている。

映画『ゴーストシップ』ネタバレ感想 黒幕の仕事がショボい(笑)
海難救助をしてお金を稼いでいるチームが、ある男の依頼で40年くらい前に消息を絶った豪華客船を探しに行くことに。船を見つけたはいいものの、無人の船内に乗り込んだ彼らは不可思議な体験をすることに――ネタバレあり。 ―2003年 米 91分―

B級テイスト、地上波洋画劇場的な内容で、楽しめる娯楽作品です。楽しければいいのだ。中身がメチャクチャだろうが。中身もメチャクチャで楽しくない作品は、細部に目をつむることができなくなる。そういうもんなのだ。理不尽ではあるがね。

映画『カン・フューリー』ネタバレなし感想 ほめることしかできない(笑)
いい意味で超絶バカ映画。80年代の映画やドラマ作品などを髣髴とさせる演出や描写がてんこ盛りで、監督兼主演のデヴィッド・サンドバーグなる人物の、80年代への熱い憧憬がほとばしる内容であった。ネタバレなし ―2015年製作 瑞 30分―
映画『ロジャー・コーマン デス・レース 2050』ネタバレ感想 
アマゾンプライムでやってたので鑑賞。カルト作品として有名なオリジナルも、ジェイソン・ステイサムが出演したリメイク版も未見。なかなかぶっ飛んだ内容ではあったが、予想したほどエログロな内容ではなかった。ネタバレあり。 ―2016年製作 米 93分―

細部に目をつむれなかった作品の記事(笑)↓

映画『X-DAY 黙示録』ネタバレ感想 ラストまで腑に落ちる描写がほとんどない糞映画
糞映画と分かっているのに借りてしまった(笑)。優れたところを見つけるのが難しいくらいにつまらない作品です。登場人物たちはいろいろとジタバタするものの、鑑賞している側としては謎が多すぎて彼らのジタバタの切実さを醒めた目で見守るしかない。そこを楽しめるかどうかですね。ネタバレあり。 ―2016年製作 米 86分―
映画『リバイアサンX 深海からの襲来』ネタバレ 類似作品に騙されるな!
酷い。ネタバレとかそういうレベルの話ではない。本作を借りるなら、このブログの『リバイアサン』の記事を読まなくてもいいから、そっちを鑑賞してください。お願いします(笑)。この映画の邦題は『リバイアサンX』です。アホか(笑)。ネタバレあり。 ―2016年製作 英 83分―
映画『メッセンジャー(2017)』ネタバレ感想 地味な展開に眠くなるSF
パッケージのあおり文句にホイホイ食いついて鑑賞してみると、あれまぁ、これは酷い。全編通して睡魔と戦わざるを得ない眠気増幅作品であった。で、あの球体はいったいなんだったのだろうか。ネタバレあり。―2017年製作 米 103分―
映画『エンディング・ワールド』ネタバレ感想 ダメパニック映画の見本みたいな作品です
期待して鑑賞する類の作品ではない。そして、その意味での期待には十分に答えてくれる駄作。こういうダメパニック映画は、起こっている事態はものすごく深刻で絶望的なのに、それらが一切画面から伝わってこないところが大きな特徴だ。ネタバレあり。 ―2017年製作 米 87分―

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました