スポンサーリンク

映画 インドオブザデッド ネタバレ感想 ゾンビコメディ

スポンサーリンク

インド・オブ・ザ・デッド

インド発のゾンビコメディ。テイスト的には『ショーン・オブ・ザ・デッド』の影響を受けていると思われる。ネタバレあり。

―2015年公開 印 107分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:インド初のゾンビコメディ。ビーチリゾートでのレイヴパーティーで、新型ドラッグにより生まれたゾンビたちと戦う羽目になった男たちの姿を描く。監督は、「Shor in the City」のラージ・ニディモールー&クリシュナDK。出演は、「エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ」のサイフ・アリー・カーン。(KINENOTE)

あらすじ:失職したハルディク(クナール・ケームー)、失恋したラヴ(ヴィール・ダース)、そして彼らに巻き込まれたバニー(アーナンド・ティワーリー)の3人は、ムンバイからヒッピーの聖地として有名なビーチリゾート、ゴアを訪れ、離島を会場としたロシア人マフィア主催のレイヴパーティーに忍び込む。そこでお披露目された新型ドラッグは、食べた者がゾンビ化するとんでもない代物だったが、お金のない3人はドラッグが買えず、ゾンビ化をまぬがれる。周囲はゾンビだらけで、ゾンビに噛まれた者もゾンビになってしまう。パーティーに誘ってくれた、ラヴの新たな意中の女性ルナ(プージャー・グプター)の安否を気にしながら、3人はホラー映画で得た知識と、TVゲームで鍛えた射撃能力でゾンビたちに立ち向かうが……(KINENOTE)

監督:ラージ・二ディモールー/クリシュナDK
出演:サイフ・アリー・カーン/クナール・ケームー/ヴィール・ダース/プージャー・グプター/アーナンド・ティワリー

ネタバレ感想

いたって普通のゾンビコメディ。俺はインド映画をほとんど鑑賞しない。巷でめちゃくちゃ評価されてた『バーフバリ』も全然楽しめなかったので、この作品もインド映画特有の個性みたいなもんがあるのかなと思ってたけど、他国のゾンビコメディとさほど大差ない印象。

なので、これと言って書きたいこともない。ヒロイン役の女優が美人だったのは良かったかな。あとは、なんで麻薬でゾンビの動きがとまるのか謎なところか(笑)。笑わせにきているところで笑えないのは、この作品の感性に俺が合わないというだけで、それは仕方ない。

映画『ゾンビ・ハイスクール』ネタバレ感想 青春コメディ残念作品
高校生の若者が主要人物の青春コメディゾンビ映画。何の前触れもなくいきなり校内の生徒や職員たちがゾンビ化しているところがいい。もったいぶっていつまでたっても話が始まらないよりは好感が持てる。ただ、全体的には残念な作品であった。ネタバレあり。 ―2012年製作 米 87分―
映画『ゾンビ・クエスト』ネタバレなし感想 可もなく不可もないホラーコメディ
ゾンビコメディ。さしたる目新しさはないし、笑えるようなシーンもそんなにないけども、暇つぶしで観るにはよいのではないか。俺は十分に楽しんだ。けど、長々と書きたい感想は特にない(笑)。ネタバレなし。 ―2013年公開 蘭 86分―
映画『ゾンビーバー』ネタバレ感想 異色の青春コメディゾンビ作品
ビーバ―の生態を少しだけ学べるバカ映画。バカバカしい内容を77分という短い時間でまとめている。アホらしくて笑っちゃう内容で、2度観る必要はないけど一回くらいは観ても損はないと思います。ネタバレあり。 ー2015年公開 米 77分―
映画『ゾンビスクール!』ネタバレ感想 大人と子どもは戦わざるを得ない
イライジャウッドが出てる。さして面白いわけではないんだけど、ゾンビものの1つとして、観て損はないかも。観てよかったと思う、個人的な部分について多めに触れてます。ネタバレあり。―2016年公開 米 88分―
映画『ゴール・オブ・ザ・デッド』 ネタバレ少し 
サッカーもののゾンビ映画。あまり期待してみると、ジャケット詐欺に合いますのでご注意を。前・後編ともにアマゾンプライムで鑑賞できます。ネタバレ少し。 ―2014年公開 仏 121分―
映画『ウォーキング・ゾンビランド』出オチキャラ続出のパロディ
既存のゾンビ映画やドラマのパロディ作品です。下敷きは人気ドラマの『ウォーキング・デット』だ。あとは映画作品の『ゾンビ・ランド』『ウォーム・ボディーズ』とか。各シーンで他の作品のシチュエーションとかが取り入れられているんだと思われる。 ―2015年製作・未公開 米 88分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました