スポンサーリンク

映画 ミンボーの女 ネタバレ感想 伊丹十三監督作 ヤクザVS民間企業

スポンサーリンク

ミンボーの女

―1992年公開 日 123分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:名門ホテルを食い物にするヤクザとミンボー(民事介入暴力)専門の女弁護士の闘いを描く。脚本・監督は「あげまん」の伊丹十三。撮影は「バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ」の前田米造がそれぞれ担当。(KINENOTE)

あらすじ:東京の名門ホテル・ヨーロッパではサミットの開催を控えていたが、ヤクザの逗留を許しているという危機管理の甘さが理由で、その開催権をライバルホテルに奪われてしまう。ホテル・ヨーロッパの総支配人は断固ヤクザを排除しようと決心し、経理マンの鈴木とベルボーイの若杉をヤクザ担当に任命する。2人はヤクザにおびえながらも排除に取り掛かるが、ズブの素人である彼らは手もなくヤクザの術中におちいり、金をむしりとられてしまう。そんな彼らの不適切な対応は逆にヤクザを刺激する結果となり、事態はさらに悪化していく一方であった。そんな状況にたまりかねたホテルはミンボー専門の女弁護士・井上まひるを雇う。女でありながらもミンボーのプロであるまひるは、知識と経験と胆力によって難事件を次々にさばいていき、そんなまひるの指導もあって鈴木と若杉は次第にヤクザに対しての対応を心得、成長していく。そんなある日、ゴルフ・クラブで入内島という男と出会った総支配人は、彼に誘われるがまま、とばく行為に手を出してしまう。ところが入内島はヤクザ組織の中心人物で、これをネタに総支配人を次々とワナにはめてしまい、ホテルそのものに揺さぶりをかけてきた。戦えばスキャンダル、降伏すれば多額の金をゆすり取られてしまう。それを知ったまひるは、ホテルの会長に企業全体としての決断を迫り、ホテル側も真っ向から闘うことになるが、そんな時、まひるはヤクザの鉄砲玉に刺されてしまう。そしてまひるがいなくなったのを幸いにホテルに押しかけてくるヤクザ。だが企業全体で暴力団に立ち向かう体質に生まれ変わったホテル・ヨーロッパは、正当な手段でヤクザを撃退するのだった。(KINENOTE)

監督・脚本:伊丹十三
出演:宮本信子/宝田明/大地康雄/村田雄浩/渡辺哲/大滝秀治/伊東四朗/中尾彬/ガッツ石松/津川雅彦/三宅裕司/柳生博/柳葉敏郎

ネタバレ感想

伊丹監督作品の中でもっともヒットした作品らしい。公開後にモノホンのヤクザから襲撃されるという受難もあって話題になったので、それらもヒットの理由かも。

で、そのときに奥さんで主演の宮本信子と、ミンボーの対象として警察から護られた経験があって、それを基にしてつくられたのが、伊丹監督の遺作となる『マルタイの女』ということだ。

でまぁ、話の内容にいくけども、この作品も他の「~の女」シリーズと同じく社会派な内容で、しかも扱いづらいヤクザの話でありながら、コメディ要素もあって楽しめる娯楽作品に仕上がっている。

邦画でヤクザ者が出てくる映画ってたくさんあるけど、任侠であるとか男の生きざまを描いたような内容だと、ヤクザ者は当然格好よく見えてくるものだ。

で、カッコよさはありつつも、その世界で生き残る難しさというか、リアルなヤクザたちにはそもそも仁義も糞もないということを、これでもかと執拗に描いたのが『仁義なき戦い』シリーズで、これもこれで娯楽として楽しい。だけども、描かれるのはヤクザの世界の話なので、他に出てくるのは政治家や警察などで、市井の人とヤクザが関わる内容ではない。

映画 仁義なき戦い ネタバレ感想 実話をもとにした抗争劇
数年に一度、無性にシリーズ作品をすべて鑑賞したくなってまう深作欣二監督による名作。何度も何度も観てると、ところどころの描写はギャグとしても受け取れるし、他人の信用できなさをこれでもかってくらいに知らしめてくれるお勉強作品にも感じられるし、ともかくいろんな味わいのある懐の深い映画なんである。
映画『県警対組織暴力』ネタバレ感想 役者たちの顔面力がすごい
昔の邦画の役者たちは、本当に存在感がすごい。顔面力があって渋いのである。タイトルの組織暴力ってのは、極道と癒着した政治家とか金持ちとか公僕とかも含んだものらしい。ネタバレあり。 ―1975年公開 日 100分―

一方のこの作品は、普通の民間人がヤクザと対峙せざるを得ない状況が描かれていて、なかなかリアルかつコメディチックでもあり、嫌がらせをしてくるヤクザにどう対応すべきなのかを教えてくれるという意味でも、観る価値のある内容だ。

現代のヤクザがこういう嫌がらせを民間企業にしてくるのかどうかは知らんけども、モンスタークレーマーみたいな、ある意味で基地の外の人間たちが増えている昨今においては、接客側も毅然とした態度で対峙する術は持っていたほうがいいと思うのであり、この作品がその役に立つかどうかは知らんけども、接客側の持つべき姿勢みたいなもんは教えてくれているような気がする。

とかそういう話はどうでもいいとしても、ともかく最後まで笑えて楽しめるお勉強映画であり、優れた娯楽作品です。

あと、鉄砲玉役の柳葉敏郎が、本当に鉄砲玉っぽくて笑える。

映画 マルタイの女 ネタバレなし感想 伊丹十三監督の遺作
伊丹十三監督の遺作で今回初鑑賞。彼の他の作品と比べると少し落ちるけども、十分楽しめる社会派的娯楽作品だ。ネタバレなし。作品の内容とはあまり関係ない話が書いてあります。
映画 家族ゲーム ネタバレ感想 松田優作がラストに一家の食事に便乗してパイ投げ(笑)
作品の中で、唯一、家族の外側、つまりゲームの外側の視点を持っているのが、吉本だ。彼が異分子として家族の中に入ってきたことで、その一家の歪な家族ゲームの内幕が浮き彫りになってくる。
雑談 バイオレンス映画、犯罪映画が好きだ。なぜなのか
バイオレンス、犯罪映画が好き! 3つの理由がある。要約すれば悪に対する憧れであろう。善悪の基準を介入させずに生きられるのが悪人だ。俺は社会から逸脱して善悪の彼岸に生きたい。しかし善悪を超えた言葉を獲得できないから無理だ。そういうお話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました