スポンサーリンク

映画 マルタイの女 ネタバレなし感想 伊丹十三監督の遺作

スポンサーリンク

マルタイの女

―1997年公開 日 131分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:殺人事件の現場を目撃してしまった女優が、身辺保護の刑事に守られながら困難を乗り越え、裁判で証言台に立つまでの姿を描いた社会派コメディ。監督・脚本は「スーパーの女」の伊丹十三で、これが監督としての第10作目だったが、映画が公開された後の97年12月20日に突然の飛び降り自殺をしてこの世を去ったため、同時に遺作ともなった。撮影は「スーパーの女」の前田米造が担当している。主演は伊丹映画全作品に出演している「スーパーの女」の宮本信子。共演に「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の西村雅彦、「さすらいのトラブル・バスター」の村田雄浩ほか。「ラヂオの時間」と併せて西村が本作でキネマ旬報助演男優賞を受賞した。タイトルにもなっているマルタイとは、警察用語で身辺保護の対象者を意味し、92年の「ミンボーの女」の公開直後に伊丹が暴力団の男たちに斬りつけられた事件が起きた際に、伊丹自身と夫人の宮本信子が、実際にマルタイとなった経験をもとに本作が作り上げられた。(KINENOTE)

あらすじ:わがままで有名な女優の磯野ビワコは、ふとしたことから弁護士夫婦が殺害される現場を目撃してしまい、それに気づいた犯人に殺されそうになったが、危ういところで助けられた。逃走した犯人は殺された弁護士と対立していたカルト宗教集団真理の羊の一員らしく、警察の事情聴取を受けたビワコは、殺到したマスコミを相手に会見を行い、裁判で証言台に立つことを約束する。重要証人となったビワコの身を守るため、警察は彼女をマルタイと呼ばれる身辺保護対象者とし、立花と近松のふたりの刑事をガードに送り込んだ。ふたりの刑事はビワコのマンション、仕事場、小唄や踊りの稽古場はもちろん、移動中の車にも必ず片方が同乗し、ショッピングなどのプライベートにまでもぴったりと張り付いて彼女の身辺を保護する。彼らはあくまで私生活には干渉しないが、ビワコは愛人関係にあるテレビの編成局長・真行寺との不倫の現場にまでもついてこようとするふたりの刑事に、落ち着かない生活を強いられた。一方、ふたりの刑事の方も、昔からビワコのファンでミーハーぶりを隠せないでいる近松に対し、ひたすら職務を全うしようとする堅物の立花は、傍若無人なビワコの振る舞いにいらだちを覚える。しばらくして、教団幹部の命令で身を隠していた犯人の大木が逮捕された。すぐに面通しが行われ、ビワコは記憶をたどりながら彼が犯人だと証言する。大木が犯行を自白し、ビワコの証言がより重要性を持つようになってくると、教団は顧問弁護士の二本松を通じてビワコに証言をやめさせるよう、なりふり構わぬ脅しを始めた。愛犬を殺された上、真行寺との不倫をマスコミにバラされたビワコは、精神的に大きなダメージを受け、証言をためらうようになってしまう。ふたりの刑事は勇気を持つようビワコを励ますが、スキャンダルが原因で舞台を降板させられた彼女は、舞台衣裳のまま楽屋から姿を消した。もともと彼女の想い出の場所であった目撃現場で教団の実行部隊に襲われたビワコは、駆け付けた立花に危ういところを救われる。さらにビワコを乗せて裁判所へ向かう途中の車を襲った教団に対しても、命がけで立ち向かっていく立花たちの姿に、ビワコはどんなことがあっても証言をするという覚悟を決めて、裁判所に入っていった。(KINENOTE)

監督・脚本:伊丹十三
出演:宮本信子/西村雅彦/村田雄浩/高橋和也/津川雅彦/江守徹/名古屋章/山本太郎/あき竹城/宝田明/六平直政/伊集院光/ラッキィ池田/小日向文世/小島聖/小林克也/渡辺哲

ネタバレなし感想

伊丹十三監督の遺作を初鑑賞。彼の他の作品と比べると少し落ちるけども、十分楽しめる社会派的娯楽作品だ。

伊丹監督の作品は俺が10代の頃にいろいろ公開されてて、特に今作も含む「~の女」とタイトルされる女シリーズはそれなりに当たってたみたい。地上波でもよく放映されてた。確か小学生の頃、『マルサの女』を見て、なんだか難しい内容だなぁと思いつつも、最後まで楽しく鑑賞した覚えがある。だから、『マルサの女2』が地上波でやった時も鑑賞した。その他の伊丹作品は、『お葬式』『たんぽぽ』などを観ていた。

で、今回本作を鑑賞して思ったのは、彼の作品って社会派でもあるんだけど内容はコメディだということだ。10代の頃の俺にはそういう感じ方はできなかったんである。

で、それぞれの作品の水準が高い。取り上げる問題がけっこう際どくて、本作の相手はカルト教団だし、他の作品でも教団が出てくる作品あるし、ほかはヤクザとかね。そういう作品にしづらい団体のことを、真正面から描いている根性がすごいし、それが笑える作品なんだから娯楽として非常に素晴らしいと思う。

でも、彼の作品は動画配信などではラインナップされない。なんでかはよくわからない。北野武監督の作品もそうだけど、権利関係なんかが難しいんだろうか。個人的には、DVDになってないけど、地上波で放映されてた洋画や、80年代とかの邦画なんかをどんどん配信してほしいと思ってるんだけど、まぁそんなうまい話あるわけないやな。

とかそういうのはどうでもよくて、ともかく伊丹監督の作品が鑑賞したくなったので、レンタルしてきた。本当は『たんぽぽ』を借りたかったのに貸し出し中だったので、未見だった本作を鑑賞したのである。十分に楽しめた。江守徹が扮する弁護士の髪形が笑える。

ということで、引き続き彼の作品をいくつか鑑賞して、ここでも紹介していこうと思う。ほとんど作品の内容に触れてないが、この作品の感想は終わる(笑)。

映画 ミンボーの女 ネタバレ感想 伊丹十三監督作 ヤクザVS民間企業
民間人がヤクザと対峙せざるを得ない状況が描かれていて、なかなかリアルかつコメディチックでもあり、嫌がらせをしてくるヤクザにどう対応すべきなのかを教えてくれるという意味でも、観る価値のある内容だ。
映画 家族ゲーム ネタバレ感想 松田優作がラストに一家の食事に便乗してパイ投げ(笑)
作品の中で、唯一、家族の外側、つまりゲームの外側の視点を持っているのが、吉本だ。彼が異分子として家族の中に入ってきたことで、その一家の歪な家族ゲームの内幕が浮き彫りになってくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました