スポンサーリンク

映画『バタフライ・エフェクト』与えられた場で覚悟して生きろ! 

スポンサーリンク

バタフライ・エフェクト (2004)

解説:過去に戻って現在、未来の出来事を変えることができる青年を描いたSFスリラー。『ジャスト・マリッジ』のアシュトン・カッチャー主演作。共演は『ラットレース』のエイミー・スマート。ノンストップで繰り広げられるストーリー展開と驚愕のラストは必見。(シネマトゥデイ)

あらすじ:幼い頃、ケイリー(エイミー・スマート)のもとを去るとき、エヴァン(アシュトン・カッチャー)は、「君を迎えに来る」と約束した。だが時は流れ、ケイリーとエヴァンは全く別の道を歩んでいた。(シネマトゥデイ)

監督:エリック・ブレス/J・マッキー・グラバー
出演者:アシュトン・カッチャー/エイミー・スマート

以下ネタバレあり

スポンサーリンク

最後まで楽しめる

この映画に対して「切ないハッピーエンド」なんてコピーをどこかで見たが、確かにそれが当てはまっている。タイムマシンのないタイムトリップ映画であり、やはりそうした映画につきもののおかしな点などはいくつかあるものの、娯楽的にいい作品。

バタフライ・エフェクトとはカオス理論とかいう難しい学問かなんかの用語らしいが、邦題をつけるなら『風が吹けば桶屋が儲かる』。…映画の題にはならんか。

真っ直ぐ生きろ!

作品から意味や教訓をいちいち読み取る必要はないのだが、あえて書くと、運命を変えようと力を尽くすよりもその宿命を受け入れ、「ありえないことなどない」という覚悟をすること、そして人生を肯定すること、存在を肯定することが大事なのであるということではなかろうか。ちなみに監督・脚本のJ・マッキー・グラバーは『デッド・コースター』の脚本も書いている人らしい。なるほど、運命好き。

別エンディングも見た

DVDを発売と同時に購入した。なぜなら別エンディングが見れるからだ。で、その内容。主人公はラスト、子宮内で自殺するのである。つまり生まれないことを選ぶ自己犠牲という結末だった。それはそれで素晴らしいけど、その行為の意図については誰にも知られることがないんだよね。まさに究極の自己犠牲である。

生まれたけども、母の胎内から出ないことを選択できる。存在をなかったことにする。確かにそうすれば、自分が存在したことで起こった他人の不幸は防ぐことはできるわな。でもねぇ、なんだかんだ言って、生きた上での痩せ我慢な、上映版のほうが俺は好きだな。

※この記事は2005年に書かれたものです

似たような話題に触れている記事は下記になります.

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ネタバレ 誰もが唯一無二の存在である!
飽きずに最後まで楽しめます。前半は主人公の死にっぷりでけっこう笑えるし。てなことで、前半はいつもみたいに作品についての話。中盤以降は作品を通じて、成長するとはどういうことなのかを考える話。最後は時間軸の扱い方など作品を通じて考えたことについて話したいと思います。
映画『ミッション:8ミニッツ』可能世界を行き来する物語です
冒頭から引き込まれていくうちに、あっという間に劇終を迎えられる、コンパクトにまとまった良作。最初は何だかよくわからないけど、楽しみながら筋を追っていくだけで、わかるようになっているし、スッキリした気分で鑑賞を終えられるところも好感度大です。
死には筋書きがある! 映画『ファイナルデスティネーション』(ネタばれアリ)
この作品のポイントは「死には筋書きがある」ということ。本当だったら、青年達は飛行機の爆発により死ぬはずだった。ところが青年の予知夢によって偶然にも死ななかった。彼らは死を免れた。すなわち、死の筋書きが変わってしまった。ではどうなるの? ネタバレあり
彼は帰りたい世界に帰ってないだろ! 映画『ザ・ワン』 主演 ジェット・リー
映画『ザ・ワン』 ジェット・リー主演の多元宇宙もの。124人他者としての自分がいるのは良しとしても、多元宇宙を限定してしまったら、多元的な宇宙が限定されることに他ならないわけで、その宇宙は有限ではないにしても、破綻しているのではないか。
27人でなく29人では? 映画『ある優しき殺人者の記録』(ネタばれアリ)
殺害したのはトータル27人でなく29人では? 映画『ある優しき殺人者の記録』(ネタばれアリ) の疑問点をいくつか紹介。
映画『CUBE2』 四次元殺法CUBE!(ネタバレ)
やっちゃいましたなあ。前作はあの空間が謎のままなとこが不条理な感じでよかったのに。今回のCUBE、四次元空間なんだそうです。個人的には可能世界がたくさんあるってオチに感心したこともあって、面白く見れた。
映画『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』 真理などは絶対にない、というのが真理なんだ
素晴らしい作品。とにかく荒唐無稽でぶっ飛んでる。瞑想タンクとキノコの幻覚剤を使用して自分の中にある生命の根源の記憶を追体験する装置。そこに入るとすさまじいトリップ状態に陥り、自分の生まれる以前の細胞、遺伝子の記憶を見る旅が始まる。中盤からラストの展開にぐいぐい引き込まれる・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました