スポンサーリンク

映画『普通の人々』ネタバレ感想 誰もが普通じゃない人々

スポンサーリンク

普通の人々 (1980)

解説:平穏な日常生活を送っていた家族4人の家庭に、長男の事故死、続いて次男の自殺未遂という事件が起こる。この出来事を契機として、愛情と信頼によって固く結ばれていた筈の一家が、激しく揺り動かされ、目に見えない緊張が家の中を支配していく。そして映画は、3人がそれぞれの苦悩を抱えて噛み合わない歯車のようになったお互いの関係に直面する様子を描いてゆく。(all cinema ONLINE)

監督:ロバート・レッドフォード
出演:ドナルド・サザーランド/ メアリー・タイラー/ティモシー・ハットン/エリザベス・マクガヴァン

スポンサーリンク

”普通”ってなんだろう?

普通の人々とは誰のことなのか。普通の人、みんな社会的には普通でいることを望み、それ以上であることを望む。しかし、誰もが普通ではないのだ。この作品の家族も例外ではない。普通ではない。どんな家族も普通でなく、何かを抱えていてしかるべきなのである。

誰を責めることもできないが、息子と母親には甘えがあった。父親は息子を大事にしすぎた。医者は医者としてではなく、人間として患者=息子を救った。恋人も息子を救った。母親にはそれができなかったし、したいとも思わなかった。切ないねぇ。

※上は2005年の感想。以下は2019年のもの

あらためて鑑賞してみて、上記の頃とさして感想は変わらなかったけども、やっぱりいい作品だと思った。

歳を経てより思うのは、人間てのは、ある程度自分の感情を隠さずに他者に伝える勇気を持つことが大事なんだなってこと。毎日を一緒にすごす関係の他者に対しては、特にそれが必要だと思った。

そしてもう一つは、相手の話を聞くこと。自分の意見を言うのではなく、まずはしっかりと相手の言いたいことに耳を貸すこと。これってけっこう大変なことなんだけど、だからこそ、他者との関係においては大事なことなんでありますな。

ヘレディタリー継承も家族関係を描いていたけど、こっちのほうがよりリアルで嫌さがよく出ているなと思った。ジャンルが全然違う作品なんだけどね。

2016年 ベスト映画 『葛城事件』 人の話を聞け! そのとろろソバ、うまいのか?
2016年 ベスト映画 葛城事件 | 人の話を聞け!登場人物のほとんどがどうしようもない人間で、他人の話を聞いていない(聞こうとしていない)。そのとろろソバ、うまいのか?中でも三浦友和扮する父親の、笑いすら誘うクズ人間っぷり。ラスト、庭から戻り、あらためてコンビニのとろろソバを食す姿には神々しさすら感じた次第です。
映画『淵に立つ』ネタバレ感想 その恐ろしさ、ラストまで目が離せない
面白いです。そして、全体的には恐ろしい映画といえるだろう。最後のほうはよくわからん部分もあるが、いずれにしても観る人によって、いろいろな感想が出そうな内容ではあった。ということで、少しだけネタバレして、個人的にこの作品から得た感想を。 ―2016年 日=仏 119分―
映画『永い言い訳』ネタバレ感想 予定調和っぽくも感じる
昨年劇場に行く機会がなかったので、レンタルで鑑賞。西川美和監督の作品は『ゆれる』以来かな。こっちのほうが面白いと思います。本木雅弘はいつ観てもカッコいいでありますな。内容は分かりやすいので、あとは観た人それぞれがどう感じるかですね。ネタバレあり。 ― 2016年 日 123分―
映画 ヘレディタリー継承 ネタバレ感想 トニコレットの顔芸が見もの
祖母を亡くした一家に訪れる災厄とその崩壊を描いたホラー作品。巷ではかなりの高評価だけど、どの辺がすごい映画なのか。ネタバレあり。 ―2018年公開 米 127分―
映画 万引き家族 ネタバレ感想 面白くないとかつまらないとかそんなことはない
これはすごい。群れて生きざるを得ない人間の悲しみと喜びを描いているように思える。役者陣の演技がよいし、食事シーンがよいし、家族って何なんだろうと考えざるを得なくなる力がある。ネタバレあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました