スポンサーリンク

映画 ベルリン・シンドローム ネタバレ感想 異国で監禁される女性の話

スポンサーリンク

ベルリン・シンドローム

女性監禁スリラー。オーストラリアからドイツへ旅行にやってきた主人公の女性が、出会った男と恋仲になったはいいものの、そいつは自室に女を監禁するサイコ野郎だった。果たして主人公は部屋から脱出できるのかという話。ネタバレあり。

―2018年公開 豪 116分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:33回サンダンス映画祭ワールド・シネマ(ドラマ)部門に正式出品されたサスペンス。オーストラリア人の女性カメラマン、クレアは、ベルリンを旅行中にアンディと名乗る男と出会い、彼の部屋に泊まる。しかし、その日からクレアは部屋に監禁されてしまう。出演は、「ハクソー・リッジ」のテリーサ・パーマー、「THE WAVEウェイヴ」のマックス・リーメルト。監督は、「さよなら、アドルフ」のケイト・ショートランド。(KINENOTE)

あらすじ:歴史と芸術の街ベルリン。旅行中のオーストラリア人女性カメラマン、クレア(テリーサ・パーマー)は、アンディと名乗る男(マックス・リーメルト)と出会う。アンディの部屋に泊まったクレアは、その日からその部屋に監禁されてしまう。この男の正体は? 彼女に近づいた目的とは? 脱出不可能な部屋からクレアは脱出できるのか……(KINENOTE)

監督:ケイト・ショートランド
出演:テリーサ・パーマー/マックス・リーメルト

ネタバレ感想

サイコ野郎は母親に捨てられたことがトラウマになっているのか、女性を自室に閉じ込めて、ペットのように飼いならすことでしか愛情表現ができない男のようだ。そんな男に目をつけられた主人公は運が悪いとしか言いようがない。

主人公は脱出を試みるものの、なかなかうまく行かない。いろいろな偶然も重なって殺されずに済んでいたところ、ラスト近くでちょっとした機転をきかせ、無事男の魔の手から逃れるのである。

全編通してそれなりの雰囲気はあるものの、恐ろしさもそんなにないし、緊張感もあまりない。なのでさほど面白味もなく劇終を迎えた。

映画『PET ペット 檻の中の乙女』ネタバレ感想 檻に入れれば安心だと思った(笑)
ある男(セス)が同じ高校出身で、人気者だった女性(ホリー)を偶然見かけ、彼女のことが気になるのでストーカーになり、拒否されたことで逆ギレして彼女を誘拐・監禁してみたら、ホリーのほうがぶっ飛んだ変態野郎だった。で、どうなるのかという話。セスの人間性についてちょっと考えてみた。ネタバレあり。―2017年 米=西 94分―
映画『捕らわれた女』 こんなエンドロール、見たことない!(ネタバレ)
サスペンスかと思ったら、全然違った(笑)。まぁでも、淡々と物語が続くものの、最後まで見ようと思わせてはくれる作品だとは思う。細部に突っ込みはいろいろあるものの、作品自体にそこはかとない静謐さが漂っていたこともあって、まぁ、いいかなと思えた。しかし、エンドロールがそういう気持ちを台無しに・・・(笑)。
映画『ラプチャー 破裂』ネタバレ感想 恐怖を克服した先にある結末は…
蜘蛛が嫌いな人間に、蜘蛛から逃げられない状況を与え続けるとどうなるか―ー。うまくいくと、破裂しちゃうんです。そして破裂すると、進化できます(笑)。進化できても嬉しい要素が全くないので、ハタ迷惑な事、この上ない。ネタバレあり。 ―2017年公開 米 102分―
映画『ポーカーナイト 監禁脱出』ネタバレ感想 ベテランの話が活かされてないような
新米刑事がベテランたちとポーカーに興じつつ、刑事としてのノウハウを授けられる展開と、その新米が幼女誘拐殺人犯に恋人と共に監禁される話が錯綜する物語。二転三転する内容についていければ楽しめる。ネタバレあり。 ―2014年製作 加・米 105分―
映画『ザ・ウォード 監禁病棟』ネタバレ感想 ラストまでカーペンター色が薄い…
ジョン・カーペンター監督の作品はけっこう好きなのが多いし、このブログでもいくつか紹介している。そのカーペンター監督作にも関わらず、この作品は楽しめない。2度目の鑑賞であったが、初見時と印象の変わらない残念作品であった。何が残念かというと、個人的にはオチを含めたストーリーが最も残念なポイントだ。ネタバレあり ―2011年公開 米 89分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました