殺人鬼

スポンサーリンク
アクション

映画『ハード・トゥ・キル』無敵のセガール拳炸裂! 殺人刑事、大暴れ

主人公のストーム刑事、酷いですね。例えば冒頭、彼の訪れた店に強盗が押し入る。店員の親父、殺されるんですね。でも親父を助けたりはしません。彼が殺されるのを見届けてから? 強盗集団をこらしめにかかります。あんた、刑事だろ?
映画

映画『セブン』Life is a bitch! 憂鬱な雨が降り続ける作品

暗い内容だけど犯人含めて登場人物それぞれに個性があって、何回見ても面白い作品です。娼婦の館みたいなとこの店長に事情聴取をするシーンがありまして、ミルズが店長に聞きます。「あんな所で毎日のように人の出入りを見続けて、何が面白いんだ?」。すると店長、「面白くなんてねぇよ。だけど、それが人生だろ?」。嫌だなぁ・・・。
映画

映画『88ミニッツ』美女率高め! 老いてもモテるアル・パチーノ!

ちょっとしか映らない脇役も含めて、綺麗な女性がいっぱい出てきます。この美女率は、あんまり他の映画では見られないぞ。で、老いてなお盛ん? なアル・パチーノ扮する博士は、それらの女性たちの何人かとは関係を持ってたりするのである。すごい。「私には君は若すぎる」的なセリフがあったけど、そんなセリフ、言ってみたいもんです。
時間移動

映画『CUBE2』 四次元殺法CUBE!(ネタバレ)

やっちゃいましたなあ。前作はあの空間が謎のままなとこが不条理な感じでよかったのに。今回のCUBE、四次元空間なんだそうです。個人的には可能世界がたくさんあるってオチに感心したこともあって、面白く見れた。
ホラー

盲目サイコ親父、自分のあれを飲む(笑) 映画『ドント・ブリーズ』(ネタばれアリ)

2016年に日本公開されたホラー・スリラー映画で、ベスト3に入る作品。長すぎず短すぎない尺の中で、物語が二転三転。最後まで緊張感を途切らせずに楽しませてくれました。映画館に行く前からある程度の情報を得て、この作品に対して興味を持っていた点があります。
映画

27人でなく29人では? 映画『ある優しき殺人者の記録』(ネタばれアリ)

殺害したのはトータル27人でなく29人では? 映画『ある優しき殺人者の記録』(ネタばれアリ) の疑問点をいくつか紹介。
映画

2016年 ベスト映画 『葛城事件』 人の話を聞け! そのとろろソバ、うまいのか?

2016年 ベスト映画 葛城事件 | 人の話を聞け!登場人物のほとんどがどうしようもない人間で、他人の話を聞いていない(聞こうとしていない)。そのとろろソバ、うまいのか?中でも三浦友和扮する父親の、笑いすら誘うクズ人間っぷり。ラスト、庭から戻り、あらためてコンビニのとろろソバを食す姿には神々しさすら感じた次第です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました