ホラー

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 悪魔のいけにえレザーフェイスリターンズ ネタバレ感想

あのレザーフェイスが帰ってきた。田舎でビジネスして一旗揚げようとしてた若者たち。いろいろあって、レザーフェイスの怒りを買ってしまい、次々にチェンソーの餌食になっていく。そこへ1作目の生き残り、サリーも登場するのだが…ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 クラシックホラーストーリー ネタバレ感想 最後に自己批判

それぞれの目的をもって車に相乗りした5人の男女が、事故をきっかけに迷い込んだ森の中に閉じ込められる。そこには怪しい儀式をしている集団がいた。果たして彼らはどうなっちまうのか。いろいろなホラー作品が混ざっているうえ、製作者側がホラー鑑賞者を批評するという謎のラストで終わるヘンテコ作品。ネタバレあり。
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画 返校 言葉が消えた日 ネタバレ感想 ゲームを基にした台湾作品

1962年の台湾、国民党による戒厳令下の学校では、反体制的な教師や生徒を密告することが奨励されていた。ある学校の男女の生徒が、校内で目覚めてみると、校舎の雰囲気が一変しており、しかもそこには誰もいない。いったい何が起こったのか。台湾でヒットしたゲームを基にした作品。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 ビハインドユーその何かは鏡の中にいる ネタバレ感想

叔母の家に引っ越してきた姉妹の妹が、家に潜む何かにとりつかれてまう。姉と叔母は妹を救えるのかーー。少女が謎の存在にとりつくありがちな悪魔つきっぽい話。細部が適当すぎるし恐ろしさも感じない残念作品。ネタバレあり。
ホラー

映画 デスアプリ死へのカウントダウン ネタバレ感想 つまらないホラー

謎のアプリがインストールされたスマホの持ち主は、アプリを通じて死者の姿が見えるようになる。しかも、そのアプリを拡散しないとその持ち主は起動から24時間後に死んでしまうのだ。果たして主人公はこの死のアプリの呪いから逃れられるのか。なんか観たことあるような設定の糞つまらないイタリアホラー。
2020年代の作品

映画 ドントブリーズ2 ネタバレ感想 飼い犬に手を噛まれる犯罪者

シリーズ二作目。盲目サイコ親父がさらってきた娘を育ててたら、その娘の両親は犯罪者たちで、娘を奪うために襲ってきた。サイコ親父はどうなってしまうのか。前作とは異なる展開の疑似親子の物語。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 マリグナント狂暴な悪夢 ネタバレ感想 グロキモいガブリエル

ジェームズワン監督のホラー。序盤から不穏な登場をするガブリエルの正体は何か。終盤ではそのグロキモさと強さが発揮されて、その辺がターミネーターを想起させる。なかなか面白いです。
ホラー

映画 イグジスツ遭遇 ネタバレ感想 ビッグフットのPOV

森林の山小屋に遊びに出かけた若者たちが、道中ふざけて運転してたら何かの動物を轢いてしまう。知らんぷりして小屋についたんだが、若者たちは得体のしれない生物に襲われ始める。果たしてどうなってしまうのか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました