家族

スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 底知れぬ愛の闇 ネタバレ感想 ベンアフレック&アナデアルマス

ヴィックとその妻、メリンダは悠々自適に暮らしていた。しかし、娘もいるにもかかわらず、メリンダは奔放な女性で、ヴィックの目の前で他の男とイチャイチャ。嫉妬に燃えるヴィックはやがてーー。妻に翻弄される旦那かと思いきや、この旦那も大概で、目クソ鼻クソな二人。特に捻りも驚きもなく終わるラストが残念な、アマデアルマスにしか見どころがない作品。ネタバレあり。
映画

映画 ドメスティックフィアー ネタバレ トラヴォルタVSヴィンスヴォーン

トラヴォルタ以外にもヴィンスヴォーンやスティーブブシェミも出ててなかなか豪華な配役だが、内容はショボい。父と子の親子愛的な話が好きな人には高評価かも知らぬが、個人的にはかなり微妙だったな。
2020年代の作品

映画 瀑布 ネタバレ感想 コロナ禍の母子の物語ネットフリックス配信

コロナ禍をきっかけに生活が一変した母娘の姿を描いたヒューマンドラマ。監督は『ひとつの太陽』のチョン・モンホン。ネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 茜色に焼かれる ネタバレ感想 田中良子は芝居が上手

ある事故で夫を亡くした妻子が、コロナ禍もあって厳しい生活を余儀なくされる。社会の荒波に揉まれながらも力強く生きる二人は、何を見出すのか。人とは違うレイヤーで人生ゲームをしている女性の話。ーーネタバレあり。
2021年公開の映画

映画 すべてが変わった日 ネタバレ感想 ケビンコスナーとダイアンレイン

息子を亡くした夫婦が、義理の娘の再婚先に孫を取り戻しに行ってみたら、その相手の家族と揉めちゃってバイオレンスな対決をする羽目になる話。ダイアンレイン演じる妻に終始振り回され続けるケビンコスナーが、不憫と言えば不憫(笑)。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 ただ悪より救いたまえ ネタバレ感想イジョンジェの殺戮マシーンぶりがよい

引退を決意した暗殺者のインナム(ファン・ジョンミン)と、インナムに義兄弟を殺されたレイ(イ・ジョンジェ)がタイを舞台に血みどろの死闘を繰り広げるバイオレンスアクション。ネタバレあり。
映画

映画 ミセスノイズィ ネタバレ感想 騒動おばさんのラストがちょっと…

SNSやら動画配信やら、インターネットメディアが影響力を持った現代において、騒音おばさん的な人間とその隣人が巻き起こす騒動の顛末を描いた物語。ラストがちょっと納得いかないけど、それなりに楽しめる。
2020年代の作品

映画 クワイエットプレイス2破られた沈黙 ネタバレ感想

シリーズ2作目。前作の前日譚を入れたり二つのグループの行動を描写するなど、見せ方に工夫がみられるが、クリーチャーの襲ってくるシーンにはさほど恐ろしさがないのは前作同様。むしろ、人間のつくったもののほうが、痛いし怖いのも、前作同様(笑)。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました