刑事もの

スポンサーリンク
映画

映画 ブレスラウの凶禍 ネタバレなし感想 ラストまで二転三転する話

それぞれの犯行がけっこうな残虐さで、荒唐無稽なのが笑える。グロいシーンもあるんだけど作りものっぽさ丸出しなんで、特に気持ち悪くはない。短くまとまってるしそれなりに楽しめるので、悪くはない内容でした。
バイオレンス・クライム

映画 キングオブハーレー ネタバレ感想 チャーリーシーンとマイケルマドセン

チャーリーシーンて漢気爆発みたいな感じの役者ではない印象なので、今作の彼のキャラはけっこう新鮮だった。マイケルマドセンが出てくるところもいい。どうやら実話を基にした作品らしく、こんなバイカー犯罪集団がアメリカにはいたんだなぁというのは勉強にはなる。
アクション

映画 アザーガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! ネタバレ感想 豪華キャストのコメディ作品

何ともキャストが豪華なコメディ作品。サミュエルとロック様が大暴れする冒頭のシーンで、映画を間違えたかと思った(笑)。ネタバレあり。
スポンサーリンク
アクション

映画 リーサルウェポン4 ネタバレ感想 ジェットリーの悪役面が最高!

これまた面白い。シリーズのどの作品も一定水準の面白さを保っているのがすごい。リッグスとマータフの周辺はさらに賑やかになり、悪役はあのジェットリー。ラストも大団円で、スッキリできる娯楽アクション。
アクション

映画 リーサルウェポン3 ネタバレ感想

シリーズ3作目。これまた面白い。この作品の良さは、一作ごとに新しいキャラクターが登場して、そいつらが物語で重要な役割を果たしているところにある。一作目にそれを担当しているのは主人公のリッグスだった。2作目がレオゲッツ。3作目にあたる本作ではレネ・ルッソが演じたローナ刑事である。
アクション

映画 リーサルウェポン2炎の約束 ネタバレ感想 ジョーぺシも加わりコミカル度アップ

メルギブソン=リッグスとダニーグローヴァ―=マータフ刑事のバディ感がさらに増したシリーズ2作目。シリアスな調子だった前作とは変わって、かなりコメディ色も強くなった本作は、後の続編のテイストを決定づけた感がある。今考えるとだが。ネタバレあり。 ―1989年公開 米 114分―
アクション

映画 リーサルウェポン ネタバレ感想 バディムービー的アクションの名作

一作目のリッグスの世捨て人感はなかなかのもので、自暴自棄からくるハチャメチャな仕事ぶりがこの主人公の魅力になっている。
2020年公開の映画

映画 雪暴 白頭山の死闘 ネタバレ感想 強盗団VS刑事VS山小屋の人

強盗団に親友かつ相棒を殺されちまった刑事が、執念で相手を追い詰めるべく奮闘。そこに美人なヒロインとの恋模様みたいなのを絡めて描かれるクライムサスペンス。 ―2020年公開 中 113分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました