アブノーマル

スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 CHAOS カオス ネタバレ感想

なんとなく『パルプフィクション』的な演出を感じさせるバイオレンスアクション。トルコ系の2人組に両親を殺害された女性が、複数の殺し屋を雇って復讐を試みる。しかし、その報復は、ある男のつくるストーリーに沿って展開しているのであった。ネタバレあり。 ―2017年製作 独 99分―
映画

映画 ダークサイド ネタバレ感想 ニコラスケイジの雰囲気サスペンス

本作のニコラス・ケイジにはいつもより頭髪があって、アゴヒゲが濃いので何だか別人みたい。彼が出ていなかったら鑑賞しなかったであろう作品。と考えると、彼はやっぱりいい役者さんなんだろうね。ネタバレあり。 ―2018年公開 米=加 104分―
映画

映画 デッド or キル ネタバレ感想 薄い人物描写でラストまで悲惨さを感じない珍作

人物描写が薄いせいか、繰り広げられるゲーム内容の過酷さに比べてスリリングさが足りなく、なおかつ犠牲者の悲惨さが際立たない珍作。ネタバレ少し。 ―2012年製作 米 93分―
スポンサーリンク
バイオレンス・クライム

映画 スリーデイズ ネタバレ感想 真犯人よりもベネズエラ

無実の罪で刑務所にぶちこまれた妻を救うべく、大学教授の主人公が人生を賭けて奔走する話。単なる一般市民だった男が、愛する家族のためにぶっ飛んだ行動力を見せる姿は、狂気の沙汰である。ネタバレあり。 ―2011年公開 米 133分―
映画

映画 ハンニバル ネタバレ感想 内臓ドバドバ 脳みそソテー

『羊たちの沈黙』の続編。公開当時はけっこう話題になってたと思うし、シリーズ化されている有名作品だけど、1作目以外は未見だったので鑑賞。サスペンススリラーというよりはコメディ的な楽しさがある。特にクライマックスの会食シーン(笑)。ネタバレあり。 ―2001年公開 米 131分―
映画

映画 アポストル 復讐の掟 ネタバレ感想 グロシーンが多いカルト教団もの

ギャレス・エヴァンスって面白格闘映画の『ザ・レイド』の監督だよね。こういう作品も撮るんだなと驚いた。もしかしたらこういう内容のほうが本人の描きたいことに近いのかも。グロシーンも散見されるカルト教団と元キリスト教徒の対決やいかに。ネタバレあり。 ―2018年製作 米=英 130分―
映画

映画 アンダーザシルバーレイク ネタバレ感想 分らんものは語れませぬ。

『アメリカン・スリープオーバー』と『イット・フォローズ』の監督による最新作。なんだかよく分らぬ内容だが、最後まで鑑賞させるパワーは感じた。作品に込められた意味などを知りたい人には何の役にも立たない単なる感想記事です。ネタバレあり。 ―2018年公開 米 140分―
ホラー

映画『ジェラルドのゲーム』ネタバレ感想 スティーヴン・キング原作

倦怠期の夫婦がアブノーマルなセックスをいろいろ試すうちに、それぞれが新境地を切り開いていく話かと思っていたら、ぜんぜん違った(笑)。タイトルと内容が合ってないように感じる、スティーヴン・キング原作のサスペンスのようなホラーのような作品。ネタバレあり。 ―2017年製作 米 103分―
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました