スポンサーリンク

映画 バトルインフェルノ ネタバレ感想 イケメンインチキ神父VS悪魔

映画 バトルインフェルノ
スポンサーリンク

バトル・インフェルノ

ユーチューバーなインチキ神父がやらせで悪魔祓いをして人気を集めてたんだけど、ある日、本物の悪魔が憑りついちゃって、ジタバタすることになる話。ネタバレあり。

―2020年公開 米 95分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:悪魔祓いの儀式を配信するネット番組の混乱を映し出すサスペンス・ホラー。ニセの神父役でマックスが出演し、幼馴染のドリューが構成する人気番組『除霊の時間』。だがある撮影日、出演者が本物の悪魔に取り憑かれ、スタッフの1人が火だるまとなって焼死する。出演は「バックトレース」のライアン・グズマン、「ザ・ブリザード」のカイル・ガルナー。監督は、自らの短編を長編化したダミアン・レヴェック。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。(KINENOTE)

あらすじ:幼馴染のマックス(ライアン・グズマン)とドリュー(カイル・ガルナー)は、リアルタイムで悪魔祓いの儀式を行うネット番組『除霊の時間』を配信中。それは、ドリューが構成を考え、マックスが神父役で出演するヤラセ番組だったが、視聴者数は急増、インチキグッズの売り上げも伸びていた。だがある撮影日、取り憑かれた人間役の俳優が姿を見せず、ドリューは婚約者のレーンに急遽代役を依頼。なんとか無事に撮影はスタートするが、レーンの様子が何かおかしい。台本を無視して、まるで本物の悪魔に取り憑かれたかのように振る舞っている。すると突然、スタッフの1人が火だるまになって焼け死んでしまう。マックスとドリューが動揺するなか、視聴者数は激増していく……。(KINENOTE)

監督:ダミアン・レヴェック
出演:ライアン・ガスマン/カイル・ガルナー/アリックス・アンジェリス/エマ・ホルツァー/ダニエル・ホフマン・ギル

ネタバレ感想

なかなかに凝った内容のホラー。『エクソシスト』をはじめ、悪魔憑きの作品はけっこうあるけども、動画配信者とその視聴者が関わるインチキ除霊番組を物語の舞台にしているところが、非常に現代的。

そして、ホラー展開の中でこうした動画配信による名誉欲とか金銭欲とか視聴欲とかの人間の欲望を悪魔が利用しようとしてくる内容の中に、風刺が込められているように観えてくるところも、単なるバカ騒ぎホラーとし創作してないように感じて、好感が持てる。

だけど、それだけって感じだったな。終始悪魔に振り回されて懺悔をし続け、けっきょくは悪魔の思惑通りにラストを迎えちゃうっていう意味では主人公たちは完全に敗北しているバッドエンドなわけだ。

悪魔のほうは動画配信を通じて、憑りつく相手を世界的に広めるという非常に現代文明に精通した策士で、なかなかそこは斬新であるけども、そこに至る展開はそんなに楽しめなかった。

映画『 哭声 / コクソン 』ネタバレ感想 噂に流されてはいけません
劇場で2回観たけどようわからん。映画評論家の町山智浩氏の「映画無駄話」によると、この作品は細部の全てが辻褄が合うようにつくられてはいないらしい。監督は「何でなにもしてない人間が苦しむのか」「神はいるのか」的な話を描きたかったんだとか。それも踏まえた感想。ネタバレしてます。 ー2017年公開 韓国 156分ー
映画『ロスト・ソウルズ』雰囲気だけのホラー
悪魔憑きの話なのに悪魔が出てこない。実はその点には好感を持ちました。とはいえ、酷いです。話が平坦すぎて飽きるし、謎めいているというよりは、ただ意味のわからないだけの説明不足の会話。重要な伏線かと思いきや、意味不明なだけに終るシーン。
映画『エンド・オブ・デイズ』 悪魔VSシュワちゃん 結末が・・・だけど、面白いです ネタバレ
聖職者たちは「神を信じなさい、信じるものは救われる。教会に篭り、時が過ぎるまで娘をかくまい続けよう」と言うのですが、ジェリコはそれを認めません。「信仰が何になる? そんなので娘(クリスティーン)を救えるか! 俺が俺の銃で守ってやる、そのほうがいい」・・・
映画『逆殺館』ネタバレ感想 さらった娘は●●でした。
身代金誘拐を計画した4人の男女。目星をつけていた家に6週間後に忍び込む。しかし、その家では6週の間に想定外の出来事が起きていて、4人組は身代金誘拐どころではなくなってしまう。では、どうなってしまったのか。ネタバレあり。 ―2016年製作 南阿 87分―
映画 ウィンチェスターハウス ネタバレ感想
ウィンチェスター社が製造した銃によって命を落とした人たちの亡霊に悩まされているウィンチェスター家の社主は、自宅の豪邸を24時間体制で増改築し続けている。それが亡霊を防ぐための手段らしい――というホラー作品。ネタバレあり。 ―2018年公開 墺=米 99分ー

コメント

タイトルとURLをコピーしました