スポンサーリンク

映画 ターミネーター ニューフェイト ネタバレ感想 つまらない…いや、面白い

スポンサーリンク

ターミネーター:ニュー・フェイト

期待しないで劇場行ったら、けっこうおもしろかった。ツッコミどころもたくさんあるんだけど、純粋なSFアクションとして観たら良作の水準と言えなくもない。シリーズに対する思い入れでかなり感想が変わりそう。ネタバレあり。

―2019年公開 米 129分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:J・キャメロン製作による「ターミネーター2」の正統な続編。21歳のダニーと弟がターミネーター“REV-9”の襲撃を受ける。2人を守ったのは、未来から送り込まれた強化型兵士グレースだった。そしてサラ・コナーが現れ、REV-9と死闘を展開する。監督は、「デッドプール」のティム・ミラー。出演は、前2作でもサラを演じたリンダ・ハミルトン、ターミネーターを演じたアーノルド・シュワルツェネッガーの他、「タリーと私の秘密の時間」のマッケンジー・デイヴィス、TVドラマ『エージェント・オブ・シールド』のガブリエル・ルナ。(KINENOTE)

あらすじ:メキシコシティの自動車工場で働く21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と弟ミゲルはターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)に襲われるが、同じく未来から送り込まれた強化型兵士グレース(マッケンジー・デイヴィス)によって守られる。ダニーとミゲル、グレースは、かろうじて工場から車で脱出する。彼らを執拗に追うREV-9を、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)がハイウェイで待っていた。ターミネーターを宿敵として人生を送ってきたサラは、REV-9とも激しい死闘を繰り広げ、「アイルビーバック」と言ってその場を去る。再び合流したサラは、ターミネーター情報の謎のメールが何者かから届くと告白する。その発信源がテキサス州のエルパソだとグレースが突き止め、3人はメキシコからの国境越えを決意する。しかし、REV-9は国境警備隊員になりすまし、彼らを指名手配していた。そして、あの男がエルパソでサラたちを待っていた……。(KINENOTE)

監督:ティム・ミラー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/リンダ・ハミルトン/マッケンジー・デイヴィス/ナタリア・レイエス/ガブリエル・ルナ/ディエゴ・ボネータ/エドワード・ファーロング

ネタバレ感想

ダニーの指導者キャラがいい

まず、ジョンコナーに代わる指導者となる、ダニーのキャラがよい。彼女は最初から指導者の片鱗というか、リーダー気質というか、そういうのを見せている。例えば、母親がいないらしい家庭で親父の身の回りの世話をしてつつ、弟の母親役みたいな立ち位置にいる。これは単に家庭内の話ではあるけども、それでも面倒見の良さという意味では重要だ。

そして、クビになった弟の代わりに上司に文句を言いにいくところとか、かなりの恐ろしい目にあってるのに、サラコナーの若い頃に比べて状況を飲み込む理解力が高いし、しかも肝も据わっているのか、すぐに状況に慣れ始める。そいで、強化兵士のグレースやサラにも臆せず意見ができる。ほら、やっぱ早くもリーダーだ。

で、彼女を守るグレースがまた、かっこいい。美人だしアクションもいいし、ともかく良い。

リンダハミルトンは登場シーンがよい

そしてリンダ・ハミルトンだ。2の時代のキャラそのままって感じで、今回の敵役ターミネーターREV-9に喧嘩を売る登場シーンは特にすごい。すごいんだけど、その場に置き去りにされちゃうところが受ける(笑)。

受けるといえば、ダニーの子どもではなく、ダニー自身が指導者になるという未来をグレースに明かされたとき、「この子はジョンだわ」と2回もつぶやくシーン。いや、この子はダニーでしょ。何を耄碌してんだグラサンババァが(笑)--と思ったんだが、確かにダニーはこの作品におけるジョンなわけで、ジョンを亡くした彼女にとっては息子同様の存在とも言えるのか。さらに、若い頃の自分でもあるわけで(ダニーのが順応力が強いけど)、ちょっと笑ったけど、重要なセリフであったのだ。

エドワードファーロング(笑)

そして笑えるのが、エドワードファーロングの扱い。けっこう序盤でジョン・コナーはターミネーターに殺されちゃうんだけど、このシーンでエドワードファーロングが出てくるのだ。現在の彼はT2時代の美少年の面影はほとんどない、ただのピザ野郎になってまってて、どうしようもない映画にたまに出演してるくらいなんだけど、彼が当時の美少年の顔で出てくる。マジ笑えるーーんだけど、これって本人じゃないよね。多分CGかなんかで加工してあるんだと思う。まぁでも、彼の姿が一瞬でも観られたのはよかったな。

映画 スパイダーシティ ネタバレ感想 エドワードファーロング(笑)
ショボいCGのクモが襲ってくる迫力なさすぎるモンスターパニック映画。ツッコミどころは当然ありまくるんだけど、糞映画ではない。バカ映画です。つまり、けっこう楽しめます(個人的主観)。ネタバレあり。 ―2012年製作 米 84分―
映画『ギャング・イン・L.A.』ネタバレなし感想 エドワード・ファーロング(笑)
実話をもとにした物語だそうです。イスラエルからアメリカンドリームを求めて移住した主人公のアイザックは、夢を実現できるのか。邦題や煽り文句にのせられて鑑賞すると、内容にガッカリしちゃうだろう。ネタバレあり。 ―2012年製作 米 93分―
映画『ウォールストリート・ダウン』ネタバレ感想 くたばれ金融業界!
ドミニク・パーセルが、いろいろあって借金抱えてまうことに。そして、人生を台無しにしやがった金融業界のクズ人間どもを淘汰しにかかる話。脇役がある意味豪華。マイケル・パレとキース・デイヴィット、さらにエドワード・ファーロング(笑)。ネタバレあり。

シュワルツェネッガーのT800が…

ちなみに、なんでジャッジメントデイを防いで未来を変えたのに、ターミネーターが現れられるんだろうか。サラコナーはジョンの死後も各地にいるサイバーダイン製のターミネーターを倒し続けてたらしい。これは、未来のサイバーダイン社が各過去時代にターミネーターを送り込んでたからなんだと思う。だけど、未来が変わってサイバーダインがなくなっているのに、どうして過去のターミネーターが存在し続けたのかは、謎。少なくとも俺には理解できん。というか、作り手もその辺は不問にしているのかも。

で、そのサイバーダインが送り込んでいたシュワルツェネッガー扮する、T800? 800でいいんだよね? はジョンを殺してからいろいろあって、人間と同様の心を持つようになったという。何だよそれは、と思うものの、2作目の進化版と考えれば、それもあり得るなーーと自分を納得させはするものの、あまりにも人間ぽ過ぎて、シュワのターミネーターのイメージが…。

あの、決戦に出向くにあたりグラサンをかけないのは、人の心を持って戦う決意をしたというシーンなんだろうけどね。このT800の扱いについては、ちょっと残念感もある。

まぁでも期待してなかったぶん、いい意味で楽しめた作品でした。俺にとってはやっぱり1が一番よくて、その次が2で、3はまったく覚えてなくて、4は鑑賞してなくて、5はなんだかよくわからなかった。といことで、本作はシリーズで三番目くらいに面白いと思えたな。

映画『ターミネーター』ネタバレ感想 バイオレンスな恋物語
ターミネーターから男女が逃げ続けるだけの話だが、その中にさまざまな面白要素が詰まっている面白作品。ターミネーターの執念深さがこれでもかと描かれるバイオレンスアクション要素と、恋してしまった女性のために、命を懸けて戦うことを決意したリースの、ピュアな恋物語要素の両方が楽しめる。ネタバレあり。―1985年 米 108分―
映画『ターミネーター2』ネタバレ感想 疑似的な父と息子の物語
描かれる内容は前作の流れとほぼ同じであるが、ターミネーターが主人公の仲間になることと、襲ってくる新型が前作以上の戦闘力を有すること。破滅的な未来を招く要因となるある人物に接触を試みること――この3点の新要素を加えたことで、全く新しい話としての面白さを持つ作品に仕上がっている。ネタバレあり。 ―1991年公開 米 137分―
映画 ターミネーター 新起動/ジェニシス ネタバレ感想
1と2が大好きで、3は記憶にない。4は未見の状態で鑑賞。思っていたよりも観られる。特に前半は。でも物語が進むにつれて、どうでもよくなっちゃったな。ネタバレあり。 ―2015年公開 米 126分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました