スポンサーリンク

映画 ゾンビーワールドへようこそ ネタバレ感想

スポンサーリンク

ゾンビーワールドへようこそ

ボーイスカウトに所属するボンクラ高校生3人組が、ゾンビ騒ぎを通じて成長していく青春コメディゾンビ作品。数あるこの手のゾンビ作品の中では、最後まで楽しめる良作。ネタバレあり。

―2015年製作 米 93分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:モテないボーイスカウト3人組がゾンビに立ち向かうエンタテインメントホラー。幼馴染みのボーイスカウト3人組・ベン、カーター、オギーと美人ウエイトレスが、ゾンビと激闘を繰り広げる。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クリストファー・ランドン エグゼクティブプロデューサー:サムソン・マック プロデューサー:トッド・ガーナー ストーリー・脚本:キャリー・エヴァンス 出演:タイ・シェリダン/ローガン・ミラー/ジョーイ・モーガン/パトリック・シュワルツェネッガー(KINENOTE)

あらすじ:高校生でボーイスカウトのベン、カーター、オギーはクラブで女の子と遊びたくて仕方がない。ある日、キャンプを抜け出してパーティー会場へ行く途中、なんとゾンビ化した住人たちが襲ってきた! 間一髪のところを美人ウエイトレスに助けられた3人は、ボーイスカウトで 身につけた様々なワザを駆使して、一致団結しようとするのだが…。(Amazon)

監督:クリストファー・ランドン
出演:タイ・シェリダン/ローガン・ミラー/ジョーイ・モーガン/サラ・デュモン/デヴィッド・ケックナー

ネタバレ感想

青春ゾンビ映画として最後まで楽しめる佳作。たとえば、『ゾンビハイスクール』『ゾンビクエスト』『ゾンビスクール』など、コメディタッチの他作品として比較してみるに、何がそんなに優れているのだろうか。実はよくわからない(笑)。

この作品は、主人公たちがゾンビ騒動に巻き込まれるのにおよそ30分くらいの時間を要している。で、その後はよくあるゾンビにまつわるドタバタ劇が繰り広げられるのだが、主要人物は命を落とさないし、グロ描写はまぁそこそこあるものの、そこに特化しているようにも思えない。

となると、キャラの描き分けがきちんとできているから楽しめるんだと思われる。そして実際、類型的に見えなくもないが、それぞれがしっかりとキャラ立ちしている。やっぱここがこの作品を楽しめる要因だろうか。

特にいいのが、ストリップ小屋で働くウエイトレスのお姉ちゃんだ。芯が強いし優しいので、非常にかっこいい。主人公はこのお姉ちゃんとくっつくのかと思わせておいて、そうはならないんだけども、彼女の一匹狼的去り方はなかなか好感が持てるので、俺がこの作品を楽しめたのは、このお姉ちゃんの存在があったからなのだと思われる。

あとはシモネタ的なゾンビのちんこギャグもなかなか笑える。あのトランポリンのくだりはなかなかいいよね。

映画『ゾンビスクール!』ネタバレ感想 大人と子どもは戦わざるを得ない
イライジャウッドが出てる。さして面白いわけではないんだけど、ゾンビものの1つとして、観て損はないかも。観てよかったと思う、個人的な部分について多めに触れてます。ネタバレあり。―2016年公開 米 88分―
映画『ゾンビ・ハイスクール』ネタバレ感想 青春コメディ残念作品
高校生の若者が主要人物の青春コメディゾンビ映画。何の前触れもなくいきなり校内の生徒や職員たちがゾンビ化しているところがいい。もったいぶっていつまでたっても話が始まらないよりは好感が持てる。ただ、全体的には残念な作品であった。ネタバレあり。 ―2012年製作 米 87分―
映画『ゾンビ・クエスト』ネタバレなし感想 可もなく不可もないホラーコメディ
ゾンビコメディ。さしたる目新しさはないし、笑えるようなシーンもそんなにないけども、暇つぶしで観るにはよいのではないか。俺は十分に楽しんだ。けど、長々と書きたい感想は特にない(笑)。ネタバレなし。 ―2013年公開 蘭 86分―
映画 インドオブザデッド ネタバレ感想 ゾンビコメディ
インド発のゾンビコメディ。テイスト的には『ショーン・オブ・ザ・デッド』の影響を受けていると思われる。ネタバレあり。 ―2015年公開 印 107分―
映画『ゾンビーバー』ネタバレ感想 異色の青春コメディゾンビ作品
ビーバ―の生態を少しだけ学べるバカ映画。バカバカしい内容を77分という短い時間でまとめている。アホらしくて笑っちゃう内容で、2度観る必要はないけど一回くらいは観ても損はないと思います。ネタバレあり。 ー2015年公開 米 77分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました