スポンサーリンク

映画『キングコング 髑髏島の巨神』ネタバレ感想 次作についても考える

スポンサーリンク

キングコング 髑髏島の巨神

 

ポスタ―のみでわくわくできる作品。面白いです。ネタバレあり。次回作についても触れてます。

―2017年公開 米 118分―

 

解説:「GODZILLA ゴジラ」のレジェンダリー・ピクチャーズが、怪獣映画の元祖キングコングを再映画化。未知の生物を求めて調査隊が訪れた太平洋の髑髏島。だがそこは、巨大な守護神キングコングのほか、凶暴な巨大生物たちが生息する魔の島だった……。出演は「アベンジャーズ」のトム・ヒドルストン、「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のサミュエル・L・ジャクソン、「ルーム」のブリー・ラーソン。(KINENOTE)

あらすじ:それは、簡単な任務のはずだった。未知の生物の存在を確認しようと、学者やカメラマン、軍人で構成された調査遠征隊が潜入した太平洋に浮かぶ謎の孤島・髑髏島。だがそこは、決して人間が足を踏み入れてはならない場所だった。島に着くとすぐに、そこがただの島ではないことが明らかになる。至るところに散らばる骸骨。そして、岩壁には血塗られた巨大な手の跡が……。やがて姿を現したのは、巨大な守護神キングコング。そして、脅威はこれだけに止まらなかった。続いて現れる正体不明の凶暴な巨大生物たち。島を破壊した人間たちは、なすすべもなく逃げ惑うばかり。髑髏島の秘密とは……?彼らは島から生きて脱出できるのか……?果たして、コングは人類の敵なのか、それとも味方なのか……?(KINENOTE)

監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン/サミュエル・L・ジャクソン/ジョン・グッドマン/ブリー・ラーソン/コーリー・ホーキンス /ジェイソン・ミッチェル

スポンサーリンク

期待にたがわぬ娯楽作品であります

序盤、髑髏島に行くまでがけっこう長いものの、島についてからは怒涛の展開。いきなりコングが出てきて人間側のチームは全滅寸前に追いやられる。命からがら逃げのびた奴らもその後、よくわからんチマチマしたのが出てくるのでそれからも身を守らねばならぬ。ところがこの島に居つく輩は大小どいつもこいつも一筋縄ではいかんので、あれよあれよと人間は殺戮、虐殺されていく。

で、そんな危機的状況にありながらも、二手に分かれつつ生き残ったパーティは、島から脱出する唯一の手段を目指して頑張る。その途上、一行は髑髏島のコングがどのような存在なのかを知り、ある者は彼を守り、ある者は葬ろうと奮闘する。

物語に登場するキャラたちは、こうしたパニック映画によくある人物造形であり、その予測に違わぬ行動をする。しかし、劇画的な死に様を見せようとするキャラもいながら、彼らの死に様をカッコよくはせずに、笑いにしてしまおうというシーンもあり、その辺もなかなか面白い。

怪獣バトルだけが続くわけではない

コングは髑髏島の主であり、現地に住む部族にとっては神的な存在。あがめ奉られる存在であり、彼もその期待に応える。でもこれって、どうなんだろうか。単なる怪獣をなんでそんな善性を帯びたものとして描く必要があるのか、俺にはよくわからない。そういうキャラづけがあると、コングの力強い暴力性が失われちゃった感が出て、少しさびしい。

あとは、あのカッコイイポスターでは「この島で、人類は最弱」と煽っているものの、けっこう対抗できちゃってないか? 俺は即効で人間たちは全滅して、怪獣バトルが延々と繰り広げられるのかとワクワクしていたが、そうではなかった。人間のドラマもきちんと描かれている。まぁ確かに、人間が全ていなくなっちゃって怪獣だけになったら、物語に感情移入できる対象がなくなっちまうから、そうはいかないのかもしれんのだがね。

しかも、上で触れたように、この土地に住みついている部族みたいのもいるわけだし、人間の環境適応能力ってすごいなと思わざるを得ない。最弱か? これって(笑)。

サミュエル・L・ジャクソン扮する大佐は執拗なまでにコング退治に固執する。彼はベトナム戦争でアメリカ軍が勝利を得られず撤退を余儀なくされたことに、忸怩たる思いがあったようだ。きっと、部下をたくさん亡くしたんだろうね。

そして、派遣された髑髏島でも部下をたくさん亡くす。命令に従って意気揚々と乗り込んだものの、事前にたいした情報をもらえていない状態で現地に入ったことが、ああした事態に陥ってしまった要因の一つだと思う。大佐は恐らく、ベトナムでもそんな体験をしたのかもしれないと思わせるシーンだ。で、怒りの矛先は上に対してではなく、直接コングへ向く。それで抹殺をたくらむんだけど、彼のその意地のせいで、部下はどんどん減っていくのである。で、結局はあの結末。「マザーファッ・・・」(笑)。このキャラの扱いはイマイチよくわからんかったです。

次回作に向けて、コングはトレーニングをすべき

まぁでも、総じていえば、やっぱり楽しい映画です。期待の新作をまとめた記事で、「コングでかすぎ」と書きましたが、最後のほうで次作を示唆するシーンを見ると、実はまだまだサイズが足りないのではないかと思った。戦闘能力もさらにアップする必要があると思う。

映画 2017年4月末までに公開される期待の5作! 
4月までに公開される映画で、劇場で鑑賞したいと思っている5作を公開順に紹介! 『ナイスガイズ!』『ラ・ラ・ランド』『哭声 コクソン』『キングコング 髑髏島の巨神』『イップ・マン 継承』

なぜなら、ラストを示唆するシーンで登場するのは、ラドン、モスラ、キングギドラ、そしてキングオブモンスター、ゴジラ。次作以降に登場するであろうこれらの怪獣と、コングを比較すると、コングの力が心もとなさすぎる。

あんなトカゲに苦戦されたら、ゴジラどころの話ではない。ラドンにも勝てるかどうか。次作がどうなるのかは知らないけど、コングに頑張ってもらうには、さらなるパワーアップが必要だ。

そのため人類は彼に、パーソナルトレーナーをつけ、プロテインを飲ませつつトレーニングを施さねばならぬ。人間のマーシャルアーツ的な格闘術を教え込み、さらに彼の防御力を増すための甲冑をつくってあげねばならぬ。異形の輩どもにダメージを与え得る、兵器も持たせてあげなくては。でないと、コングが哀れだ。

霊長類を代表して戦ってもらうために、裸一貫でコングを死地に赴かせるようなことをしてはならない。彼を人間とわかりあえる存在として描いている以上は、ぜひ次回作はタッグを組むべきではあるまいか。

UMAが出てくる映画の記事↓

映画『グレートウォール』ネタバレ感想 万里の長城は特にグレートではない(笑)
思っていたよりも面白かったのは、劇場に足を運んだからか。突っ込みどころはいろいろあるけども、個人的には『キングコング』よりもよかったな(笑)。グレートウォール、万里の長城が舞台なんだけど、実はあんまり長城は活躍していないようにも思える。ネタバレあり。 ―2017年 中=米 103分―
映画『トロール・ハンター』ネタバレ感想 おっさんが気の毒(笑)
何なんでしょう、この映画。ちっとも面白くなかった。ハンディカメラ使いつつ取材を進めるドキュメンタリータッチな内容(つまりフェイクドキュメンタリーか)になってたけど、見づらいだけ。怖くもなんともないし。ネタバレあり。 ―2012年 ノルウェー 103分―
襲いくる宇宙人のペット(笑) 映画『The thing 未確認生命体U.M.A 』(ネタばれアリ)
The thingは邦題で、原題「unseen」と言いましてね、おそらく「見えない」とかそんな感じの意味ですかね。そうなんです、この映画に出てくる、奇怪な、恐ろしい、怖い、怖い生物は、人間の目には見えないのです。ネタバレあり。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました