スポンサーリンク

映画『最後の追跡』ネタバレ感想 ネットフリックス配信作品

スポンサーリンク

最後の追跡

ネットフリックスオリジナル。またもや田舎町で繰り広げられるクライムサスペンス。またもやというのは、最近、俺がこの手の映画をたくさん観ているからだ。狙っているわけでもないのに巡り合っちゃうのは、自分が欲しているのか、こうした作品が最近は多いからなのか。恐らく両方だろう。ネタバレあり。

―2016年製作 米 102分―

スポンサーリンク

解説・スタッフとキャスト

解説:家族の土地を守るため銀行強盗を繰り返す兄弟と、彼らを追う年老いたテキサス・レンジャーを描いたクライムドラマ。不況にあえぐテキサス の田舎町。タナーとトビーのハワード兄弟は、亡き両親が遺した牧場を差し押さえから守るため、連続銀行強盗に手を染める。慎重派のハワードが練 った完璧な計画のおかげで兄弟は次々と襲撃を成功させていくが、刑務所から出所したばかりのタナーの無謀な行動のせいで次第に追い詰められてい く。一方、定年を目前にしたテキサス・レンジャーのマーカスは、相棒のアルバートとともに事件の捜査に乗り出すが……。兄弟役を「インフェルノ 」のベン・フォスターと「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン、テキサス・レンジャーのマーカス役を「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスがそれぞれ演じた。「ボーダーライン」のテイラー・シェリダンが脚本を手がけ、「名もなき塀の中の王」のデビッド・マッケンジーがメガホンをとった。(映画.com)

監督:デビッド・マッケンジー
出演:ジェフ・ブリッジス/クリス・パイン/ベン・フォスター/ジル・バーミンガム/マリン・アイルランド

ネタバレ感想

内容についてはなかなかよろしいとは思うものの、個人的にはチョッとこういうテイストには飽きてきたかなぁ。この作品においての犯罪者は兄弟で、兄貴は父親を殺した罪で刑務所に入っていた。出てきたら弟が別れた妻子を養うのに困窮してて、金が必要だというので彼の強盗計画に乗ってやるのである。

弟は犯罪歴はなく、普通に働いていたのだが、母親が亡くなるまで介護をしていたり、妻と離婚しちゃったり、とにかく疲れているし金がない。だからこそ兄を誘ったわけだ。しかしこの兄は、刑務所送りになっちゃうことからもわかるように、かなり無鉄砲。弟の計画にない行動までしちゃうんだから困っちゃう。困っちゃうんだけど、それも結局は弟のためだ。彼は弟を助けるために最後は、自分を犠牲にして弟を逃がすことに成功する。

滅茶苦茶だけど、いい兄貴だ。しかも、一人で警察を相手にする際の戦術が非常に優れていてカッコいい。ライフルで警察を狙い撃ちにできるポジションに陣取り、一人で大軍を相手に孤軍奮闘。最終的にはジェフ・ブリッジス扮するレンジャーのボスにやられちまうが、お見事な散り様であった。

対するレンジャーのボスは、退職するのが嫌だったんだろうねぇ。で、退職してからも逃げおおせた弟を調べにやってくる。他に生きがいないのかよ(笑)。

このお話はテキサス州が舞台になってて、男たちはどいつもこいつも粗野な感じ。そして当たり前のように拳銃を所持している。兄弟が割と大き目な銀行に押し入ったときは、一般の住民らの反撃を受ける。どうも町には自警団的な男どもがわんさかいて、あやうく兄弟はハチの巣にされてまいそうになるのだ。実にまったく、恐ろしい土地だ。

映画『スウィート・ヘル』ネタバレ感想
アメリカの田舎町で起こるサスペンス。胸にわだかまりを抱えた登場人物たちは、誰も幸せそうには見えない。特に先々に希望もなく、日々を何となく暮らさざるを得ないこの作品の面白さはどこにあるのか。ネタバレあり。 ―2018年公開 米=加 93分―
映画『スリー・ビルボード』ネタバレ感想
猪突猛進な母が、娘をレイプして殺したやつらを捕まえようとしない警察に業を煮やし、広告看板で警察をディス。地元の警察署長やその部下、広告業者らを巻き込みながら、それぞれの人物像が浮き彫りになっていく。ネタバレあり。 ―2018年公開 英=米 116分―
映画『CUT BANK』ネタバレ感想 息苦しい田舎町で起こる殺人事件
カットバンクというモンタナ州(確か)の田舎町で起きる殺人事件。しかし、被害者は死んでいなかった。事件は閉塞した田舎町から脱出したい、ある男が計画した偽装殺人だったのだ。いろいろの要素が盛り込まれている割にはそれらが消化しきれていない感じもあって、なんだか物足りない作品であった。ネタバレあり。 ―2014年製作 米 93分―
映画『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』ラストに希望はあるか
テキサスの田舎町とメキシコ国境のさびれた土地で日々を暮らす人々の絶望感みたいのが味わえる。物語は淡々と進むため退屈に感じる人もいるかもしれないけど、土地に暮らす人々やそこを通過していく主人公たちの姿に最後まで引き込まれた。ネタバレあり。 ―2006年公開 米 122分―
映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』ネタバレ感想 壊れた心は癒せない
好みが分かれるのは当然だけど、素晴らしい映画だと思いました。辛すぎる現実を乗り越えることができないでいた主人公は、物語を通して再生することができるのか――。大きな展開は何もない映画だけど、そこがいい。ネタバレあり。 ―2017年 米 137分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました