ドキュメンタリー

スポンサーリンク
中国映画(香港・台湾ふくむ)

映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて 感想

8年に渡って取材した内容を60分にするってのはかなり大変だと思うが、それだけ長い期間かけてきたようには思えない薄っぺらさ。香港の街並みなど趣のある風景を入れ込むのは別にかまわないけど、ジョニー・トーの何を表現したかったのかボヤけているように思った。 ―2013年公開 仏=香=中 60分―
中国映画(香港・台湾ふくむ)

「あくなき挑戦 ジョニー・トーが見た映画の世界」 感想

『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』という別のドキュメンタリーを見るつもりで、間違って本作を鑑賞してしまった。ジョニー・トー監督が好きなので別にいいんだけど。
映画

Nas/タイム・イズ・イルマティック 感想 life’s a bitch!

Nasのデビュー作にして名盤である『Illmatic』がいかにして誕生したかを描いたドキュメンタリー。もう少しアルバム内の曲そのものを紹介するシーンがあってもよかったと思うが、Nasが少年時代をすごしたNYのクィーンズ地区がどんな場所だったかを知らせてくれるという意味では勉強になる。 ―2014年公開 米 74分―
ホラー

映画『アフリクテッド』ネタバレ感想 ラストにずっこける珍作ホラー

序盤は持病を抱えた友人と撮影オタクが繰り広げる青春ロードムービー的雰囲気で始まるものの、パリでの出来事を経て、片方の体に異変が。そんな彼らの行く末をドキュメンタリータッチで描いたヘンテコホラー映画。ネタバレあり ―2015年公開 加・米 85分―
ホラー

映画『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』ネタバレ感想 真実って何だろうね?

ロメロ監督追悼ってわけではないんだけども、何となく以前から気になっていたので鑑賞。メディアを風刺しているような内容だったけども、特に目新しさはない。ネタバレあり。 ―2008年公開 米 95分―
映画

映画『トロール・ハンター』ネタバレ感想 おっさんが気の毒(笑)

何なんでしょう、この映画。ちっとも面白くなかった。ハンディカメラ使いつつ取材を進めるドキュメンタリータッチな内容(つまりフェイクドキュメンタリーか)になってたけど、見づらいだけ。怖くもなんともないし。ネタバレあり。 ―2012年 ノルウェー 103分―
映画

映画『袴田巌 ―夢の間の世の中―』袴田事件なんてないんです!

「袴田事件なんてないんです!」袴田氏は何かの会見でこう言っていた。そうなのだ。世間が名付けた事件名、当人にとっては存在しないのである。袴田氏の言えることは、ただそれしかないのだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました