2020年代の作品

スポンサーリンク
2020年公開の映画

映画 幼い依頼人 ネタバレ感想 児童虐待の実態と酷さ

児童虐待のリアルかつ厳しい韓国社会の現状が描かれていた。こんな酷い親本当にいるのかね、と思っちゃうくらいに継母と親父がクソすぎて、まるで同じ生き物には見えない。という意味では、この作品はホラーだ。この世はホラー的世界だなと思わされる。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 プラットフォーム ネタバレ感想 子どもは実在したか

原題は『穴』。作中の施設は一番底から最上階まで穴が続いているわけで、そこを行き来する食事を運ぶエレベーター的な台座が『プラットフォーム』なわけだ。ドン・キホーテや聖書が作中に出てきて、それが鍵になっているようだが、それらの知識がなくても楽しめる。『CUBE』みたいな雰囲気の格差拡大風刺作品。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 グリーンランド地球最後の2日間 ネタバレ感想 拍子抜けな彗星騒ぎ

戦闘野郎のイメージの強いジェラルドバトラー主演のディザスターパニックムービー。地球に接近してきた彗星の破片が隕石となって降り注いでくる、地球規模の大災害が発生。主人公はアメリカ政府が選別した避難民に選ばれ、シェルターがあると噂されるグリーンランドを目指すのだが、その道中にはさまざまな困難が待ち受けていたのだーーネタバレあり。
スポンサーリンク
2020年代の作品

映画 トゥルーヒストリー オブ ザ ケリーギャング ネタバレ感想

ケリーが義賊的な人物として立ち上がり、名声を高めるものの、没落していく姿をイキイキと描いた作品なのかと期待してたんだけども、そういう内容ではない。どちらかというと、母との愛憎まみれた人間関係が描かれ、それに苦しみながら末期を迎えた一人の男の物語というように見えた。
2020年代の作品

映画 安全の対価 ネタバレ感想 ネットフリックス

:海辺の町で若い女性が暴行される事件が起きる。調査に乗り出した町のセキュリティ専門家とその家族は、やがて秘密とうそが絡み合う巨大な渦に飲み込まれてゆく。
2020年代の作品

映画 AWAKE/アウェイク ネタバレ 眠れないとどうなるの? ネットフリックス配信

話自体はそこそこ緊迫感があって、最後まで興味深くみられるけども、思わせぶりに登場する人物や集団が単なる思わせぶりなだけで、きちんと説明されてないところが不満。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 女たち ネタバレ感想 コロナ禍なのでマスクをしてる

コロナ禍が舞台なのでマスクをして会話をしてるシーンもあって、そういうのって結構新鮮ではある。今後も、こういう風に登場人物がマスクしてる作品って増えるのか。それとも虚構の中ではそれを取り入れずに物語を描くのか。内容については、感情表現できない人の話というふうに思った。女優たちの演技がけっこうすごい。ネタバレあり。
2020年代の作品

映画 トランスフューチャー ネタバレ感想 恋人を救うため、殺人犯を捜すために時間移動

主人公のダニエルはビルの屋上で何者かに襲われていて、自分の恋人は死んでしまっている。自分を襲った何者かは、屋上から飛び降りてしまった。恋人を殺したのは誰か、そしてダニエルを襲ったのは何者? 果たしてダニエルはタイムマシンを完成させて、亡き恋人を救うことができるのかーーネタバレあり。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました