スポンサーリンク

映画『セブン・シスターズ』ネタバレ感想

スポンサーリンク

セブン・シスターズ

七つ子が登場する設定がうまく活かされているのと、その七つ子を一人で巧みに演じ分けたノオミ・ラパスの存在が、この作品を面白くしているのだと思った。ネタバレあり。

―2017年公開 英=米=仏=伯 123分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが1人7役を演じるSFスリラー。世界的な人口過多と食糧不足から厳格な一人 っ子政策が敷かれた2073年。そこでは二人目以降の子供は親から引き離され冷凍保存されていた。そんななか、セットマン家 で七つ子が生まれ……。共演は「ディストピア パンドラの少女」のグレン・クローズ、「ドッグ・イート・ドッグ」のウィ レム・デフォー。監督は『ヘンゼル&グレーテル』のトミー・ウィルコラ。(KINENOTE)

あらすじ:2073年。異常気象と人口過剰によって資源が減少、社会は混乱し政情不安が起き、繰り返される戦争や難民問題の ため世界の状況は一変していた。主要国はみな滅び去り“ヨーロッパ連邦”が新たな超大国として君臨。人類の生き残りをか け、政府は厳格な一人っ子政策を実施する。それは、二人目以降の子供は児童分配局によって親から引き離され、枯渇した地球の資源が回復する日まで冷凍保存されるというものだった。そんななか、セットマン家で七つ子姉妹が誕生。彼女たちは、 唯一の身寄りである祖父(ウィレム・デフォー)によって月曜日から日曜日まで各曜日の名前を付けられ、それぞれ週1日ずつ 外出、7人で一人の人格を演じることで30歳まで生き延びてきた。 ~略~ 七姉妹は、本来の個性はバラバラでありながら、自宅の外ではやり手の銀行員カレン・セット マンとして政府の目を欺いていたのだ。だがある夜、マンデーが帰宅しなかったことで、姉妹の日常が狂い始めていく…… (KINENOTE)

監督:トミー・ウィルコラ
出演:ノオミ・ラパス/グレン・クローズ/ウィレム・デフォー/マーワン・ケンザリ

ネタバレ感想

近未来を描いたディストピア的な作品。あらすじは引用などを参照してもらえれば。冒頭に書いたように、設定と主役のノオミ・ラパスが良いので、最後まで楽しめた。ラストの施設に乗り込む展開とかはなかなか強引に感じたが、それ以外にはさほどツッコミたいと思うシーンもない。

自分で勝手に思っていたよりも娯楽要素が強かったので、映画をたまにしか鑑賞しない人でも楽しめるんではないだろうか。原題を知っていれば中盤以降の展開は予想しやすく、思った通りだったところは少し残念。邦題だけだったら気付かない人もいるかもだけど、タイトルでネタバレしちゃっているような感じだよね。

映画『ディストピア パンドラの少女』ネタバレ ラストの選択がゾンビ的思考か
序盤は軍の施設内で、メラニーら第二世代の子ども達を教育するシーンが描かれる。この辺は全容がなかなか明らかにされないので少し退屈だが、施設から出て以降は、ゾンビ映画らしい面白展開が繰り広げられる。ネタバレあり。 ―2017年公開 英=米 111分―
映画『エヴォリューション』ネタバレ感想 何これ? キモい
何これ? キモい。というのが鑑賞後の感想。映像が美しいかと言われれば個人的にはそうも思えず、セリフも少なく、音も少なく、だからと言って、映像にかじりついても全容がわかるわけではない。けなすことも、ほめることも難しい謎作品。ネタバレあり。 ―2016年公開 仏 白 西 81分―
映画『ハーモニー(2015)』ネタバレ感想 伊藤計劃原作のアニメ
伊藤計劃原作ということで、『虐殺器官』に続いて鑑賞。やっぱこの原作者は言葉について何か一家言あるように感じる内容であった。ネタバレあり ―2015年公開 日 120分―
映画『AUTOMATA オートマタ 』ネタバレ感想 バンデラス主演のSFサスペンス
バンデラス主演のSFサスペンス。人類がつくりあげた、人工知能を搭載したオートマタという人型ロボットが、人類を脅かさないように予め施されていた制御機能(プロトコル)を超えた動きをし始める。その謎を追う主人公が見た光景とは? ネタバレあり。 ―2016年公開 米・西・加・布 109分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました