スポンサーリンク

映画 アンキャニー 不気味の谷 ネタバレ感想 谷を越えた先にあるラスト

スポンサーリンク

アンキャニー 不気味の谷

―2019年製作 仏=墺 85分―

スポンサーリンク

解説・スタッフとキャスト

解説:人型人工知能AIアダムを創造した天才科学者。彼ら二人だけの生活に、頭脳明晰な美人女性記者が訪れたことで日常が不気味に変わり始める!次第に惹かれ合う男女の人間に感化され、AIアダムは思考を働かせ学習し、やがて思わぬ行動に出る!近未来を予測する衝撃のSFホラー!

監督:マシュー・ルートワイラー
主演:マーク・ウェバー/ルーシー・グリフィス/デヴィッド・クレイトン・ロジャーズ

ネタバレ感想

この映画の面白味はラストの展開にあるので、そこまでを退屈に感じる人もいるかも。ラストの展開も予想がついちゃって、ガッカリする人もいるかも。

俺はそうでなかったので楽しめた。尺を短くしてまとめてるので、もう少し冗長な内容だったら嫌になってかもしれないが。

この物語の主人公の1人である女性記者は、不気味の谷を軽く超えちゃってる完成度の人造人間とセックスにおよび、ラストで子供まで授かってたぽいが、あんなんつくれるなら、人間が人間として生殖をし続けて繁殖する必要もなくなっちゃいそう。人間と同等の機能を有する、もはや生命体と言っていいそれを創造しちゃってるわけだから。

映画『エクス・マキナ』ネタバレ感想 人工知能は人間と同じ・・・?
前から内容が気になっていたので鑑賞。最後まで面白く見れた。ただ、細部に突っ込みどころ多すぎちゃってねぇ。設定が甘いせいなのか、俺が理解してないせいなのか。その辺を考えつつネタバレもします。以下、前半はこの映画に対して感じた私的な印象。後半はこの作品のよくわからないところを。 ―2016年公開 英 108分―
映画 アイ・アム・マザー ネタバレ感想 ラストで母になるのは誰か ネットフリックス
ドロイドというロボットにシェルターのような研究施設で育てられている少女。彼女は母親代わりのドロイドに英才教育を受けている。しかしある日、外界から傷ついた一人の女性がやってきたことで少女の信じる世界観に亀裂が生じ始めーー。ネタバレあり。
映画 マイノリティ・リポート ネタバレ感想 黒幕がわかりやすい
生きている人間をプールに浸らせておいて未来の殺人を予知するシステムってかなり鬼畜だと思うんだけど、どうして作中の人たちは、その残酷さに一切触れないのだろうか。捜査方法そのものの是非より、先に論じられる点だと思うんだけどなぁ。ネタバレ少し。 ―2002年公開 米 145分―
映画『アイ,ロボット』ネタバレ感想 ラストから予想できる、新たな戦いの予感
「俺はロボットだ!」ってそんなん言われなくてもわかっている(笑)。わかっているんだけど、こういう作品を観ているとロボットと人間の存在の在り方としての違いってなんだろうと思わされる。てなことで、作品内容に触れつつそんな話を。ネタバレあり。 ―2004年公開 米 115分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました