スポンサーリンク

映画 アイ・アム・マザー ネタバレ感想 ラストで母になるのは誰か ネットフリックス

スポンサーリンク

アイ・アム・マザー

ドロイドというロボットにシェルターのような研究施設で育てられている少女。彼女は外界がどうなっているか知らず、母親代わりのドロイドに英才教育を受けている。しかしある日、外界から傷ついた一人の女性がやってきて、彼女を保護したことにより少女の信じる世界観に亀裂が生じ始めーー。ネタバレあり。

―2019年製作 豪 113分―

スポンサーリンク

あらすじ・スタッフとキャスト

あらすじ:人類の大量絶滅後、再増殖施設内でたった一人ドロイドの母親に育てられている少女。だが、彼女の前に別の人間が現れたとき、ずっと信じてきた世界が揺らぎ始める。(NETFLIX)

監督:グラント・スピュートリ
出演:クララ・ルガアード/ローズ・バーン/ヒラリー・スワンク

ネタバレ感想

娘と母と女性

ネタバレで結末に触れると、主人公の娘(名前です)の母であるドロイドは、施設の中で優れた倫理観・道徳観を持つ人類を培養する役割を与えられていたのだ。ドロイドは起動してから、娘を育てる前に2名の実験体の育成に失敗し、廃棄している。娘はその事実を知り、外界から来た女性(ヒラリースワンク)の誘いに乗って、外界に逃れるのである。

女性は鉱山に逃げると言っていたが、たどりついた場所は海岸であった。なんと、彼女の言によると、鉱山の仲間たちは食料の奪い合いでお互いを傷つけ、生き残ったのは彼女だけだったのである。彼女はドロイドに代わり、自分が母となって娘と生きていこうとしていたらしい。

その外界では、ドロイドたちが食料を栽培する施設を運営しているようで、あらためて人類が文明的な生活をできるように、地球環境を浄化しているように見えた。

ドロイドの使命

実は娘の母であるドロイドと、外界のドロイドは同一の存在ーーつまり複数の体を一つの意識で動かせる生命体(?)だったのである。ドロイドの使命は、お互いを傷つけあわずに生きられる新しい人類の創生。そのために施設と外界を遮断し、施設の中で娘のような優秀な人間を増やすことで、あらたな人類の文明を築こうとしていたのである。

女性の話で自分の求めていた仲間がいないことを知った娘は、母のいる施設に戻る。そこで、試験に合格したことにより母から与えられた、弟を救うことにしたのだ。しかし、彼女の目の前に母が現れる。母は彼女に選択を迫った。自分を殺し、娘が母親となって弟を育てるか、それとも今までどおり、自分を母親として認め、ともに弟を育てていくかーーという道である。

娘は母を殺し、自分が母になる道を選んだ。彼女は施設内の胎児を、自らの手で育て上げ、あらたな文明を築く決意をするのである。

娘の手によって施設内の母の肉体は死んだが、彼女は外界のドロイドとしてまだ存在している。その母は、海岸の女性のもとを訪れ、彼女を殺す。俺の想像だが、あの女性はどこかの段階で外界に放たれたドロイドの創った実験体(1番目?)だったのかもしれない。彼女がなぜ他の人間たちとの争いから生き延びられたのか、それこそが、自分が施設内で育てた娘との違いであると、ドロイドは知っていたのかもしれない。

上記のような感じに俺はこの映画を鑑賞した。ドロイドは旧人類がインプットしたプログラムを忠実に守っていた。そのドロイドに育てられた娘は、ドロイドの目指したような世界を作れるだろうか。その辺はどうなるかよくわからない。

ちなみに、それなりの規模に人類が増殖できたとしたら、ドロイドたちはどうするんだろうか。使命をまっとうして活動を停止するのだろうか。この物語の設定でいくと、その使命を終えて活動を停止するような気もするが、その辺はよくわからない。

まぁともかく、それなりに面白い設定でそれなりに納得できる終わり方だったので、なかなかよい作品でした。

この映画は、ネットフリックスで鑑賞できます。

映画『エヴォリューション』ネタバレ感想 何これ? キモい
何これ? キモい。というのが鑑賞後の感想。映像が美しいかと言われれば個人的にはそうも思えず、セリフも少なく、音も少なく、だからと言って、映像にかじりついても全容がわかるわけではない。けなすことも、ほめることも難しい謎作品。ネタバレあり。 ―2016年公開 仏 白 西 81分―
映画『ディストピア パンドラの少女』ネタバレ ラストの選択がゾンビ的思考か
序盤は軍の施設内で、メラニーら第二世代の子ども達を教育するシーンが描かれる。この辺は全容がなかなか明らかにされないので少し退屈だが、施設から出て以降は、ゾンビ映画らしい面白展開が繰り広げられる。ネタバレあり。 ―2017年公開 英=米 111分―
映画『インベージョン』ネタバレ感想 結末から考えられること
主人公以外の人間たちが、すさまじい勢いで人間じゃないものに変えられていき、主人公はそいつらと同類にさせられないように逃げ続ける話である。しかも、逃げ続ける間、眠ってはいけないという。わかりやすいうえに、込めている内容にはかなりの毒がある良作。ネタバレあり。―2007年公開 米 96分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました