スポンサーリンク

映画 交渉人 ネタバレ感想 サミュエルVSスぺイシーの面白いサスペンス

スポンサーリンク

交渉人

―1998年製作 米 139分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:人質交渉人(ネゴシエーター)のふたりの男が、人質犯と彼に指名された交渉人という立場で対峙するサスペンス・アクション。「ジャック」のジェームズ・デ・モナコとケヴィン・フォックスのオリジナル脚本を、「セット・イット・オフ」のF・ゲーリー・グレイが監督。製作は「ジャングル・ジョージ」のデイヴィッド・ホーバーマンと「L.A.コンフィデンシャル」のアーノン・ミルチャン、製作総指揮は「チカチーロ」のロバート・ストーンとウェブスター・ストーン、「フラバー」のデイヴィッド・ニックセイ。撮影は「タイタニック」のラッセル・カーペンター、音楽は「チャイニーズ・ボックス」のグレアム・レヴェル、美術は「ブロークン・アロー」のホルガー・グロス、編集は「フェイス/オフ」の、クリスチャン・ワグナー、衣裳はフランシーヌ・ジェイミソン=タンチャック。主演は「スフィア」のサミュエル・L・ジャクソンと「真夜中のサバナ」のケヴィン・スペイシー。共演は「コンタクト」のデイヴィッド・モース、「L.A.コンフィデンシャル」のロン・リフキン、「コップランド」のジョン・スペンサー、「戦火の勇気」のレジーナ・テイラー、そして本作が遺作となった「ブレーキ・ダウン」のJ・T・ウォルシュほか。(KINENOTE)

あらすじ:シカゴ警察のトップ人質交渉人ローマン(サミュエル・L・ジャクソン)は、相棒のネイサン(ポール・ギルフォイル)から警察の年金基金が何者かに盗まれ、内務捜査局の人間が関わっているらしいと聞かされる。呼び出された約束の場所にローマンが行くと、ネイサンは殺されていた。殺人と横領の濡れ衣を着せられた彼は、愛する妻カレン(レジーナ・テイラー)との幸せと生きる権利を取り戻すため最後の手段に出る。連邦政府ビルの20階にある内務局に赴いたローマンは、居合わせたタレ込み屋のルーデイ(ポール・ジャマッティ)や秘書のマギー(シオバーン・ファロン)、フロスト警視(J・T・ウォルシュ)と共にニーバウムを人質にして立て籠もる。警察内部にも裏切り者がいるため、彼は西地区のトップ交渉人セイビアン(ケヴィン・スペイシー)を指名するという大博打に出た。ローマンはトラヴィス署長(ジョン・スペンサー)やSWAT隊長のベック(デイヴィッド・モース)に、真犯人と内偵者を探さないと人質を順に殺すと挑発。セイビアンも次々と手を打ち、トップ交渉人同士の知力と頭脳の限りを尽くした駆け引きが続けられた。だが、鍵を握るニーバウムがSWATの発砲によって死に、警察とFBIはセイビアンを指揮者から解任。ローマンの必死の叫びに無関心でいられないセイビアンは、ビルの内部に潜入して彼と対面する。ふたりはニーバウムのデータを洗うが、横領の証拠は消されていた。セイビアンとローマンは、データのコピーが残されているニーバウムの家に急ぐ。やがてふたりの前にフロストが現れた。横領の黒幕は彼だった。フロストは逮捕され、ローマンの潔白は証明された。(KINENOTE)

監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:サミュエル・L・ジャクソン/ケヴィン・スペイシー/デイヴィッド・モース/ジョン・スペンサー/ポール・ジアマッティ

ネタバレ感想

見どころ

あらすじは引用を見てもらうとして、サスペンスでありながらアクションシーンもそれなりにあって、なかなか楽しめる娯楽作品。いつだが地上波で放映されてたのを鑑賞して結構おもしろかった記憶があって、オチをだいたい覚えていた今回も、それなりに楽しめた。

てなことで見どころを紹介しておくと、サミュエル扮するローマンが、駆け出しの交渉人のデブと電話で会話するところだ。ローマンはデブに対して「ノーと言っちゃだめだぞ!」と脅しをかけてから交渉を始めるんだけども、デブはそれを分かっていながら、ノーと言ってしまうのである(笑)。あれはすごいなと思った。交渉人がいかに相手の腹を探りながら質問をしたり、相手の返答を引き出そうとしたりしているのか、考えに考えて、しかし迅速に言葉を発する必要があることがわかる、優れたシーンだと思った。

あとは、無理やり突入してくるSWATとローマンの戦闘シーン。拳銃だけであんなに応戦することがリアルで可能なのかどうかは抜きにして、けっこう迫力あって楽しめる。

ラストのくだりは、それなりって感じかな。ある人物が裏切ったように見せかけてそうではないあのシーンは、なんというか、そんなに驚きはない。てなことで、こっからは少し残念ポイントも述べておく。

突っ込みどころ

まず、肝心のセイビアンVSローマンの交渉対決がさほど面白くない。駆け引きみたいのをあんま感じないのである。けっきょく、事態が大きく動くのはSWATが無理やり突入してきたことが原因だし。

というか、冒頭のローマンの交渉人としての仕事シーンも、交渉で解決したというよりは、やたらと突入したがるSWATのせいで、仕方なくとった措置の結果、無事事件を解決したわけで、要するにローマンの交渉術が披露されたわけではないのである。

にしても、デビッド・モース扮するSWATのデッグ隊長は、事あるごとに突入したがる特攻野郎で、もう少し状況考えろやと思ってまう。脳筋すぎだろ。なんであんなのが隊長なんだ。ローマンと敵対してた割には、ラストでは手のひら返してるし(笑)。

あと、ローマンがビルを脱出後、救出された人質が事情聴取されるじゃん? なんであんときに、人質だった警官たちはローマンの無実を証明しないの? おかしくね? なぜかニーバウムの秘書と、居合わせたIT犯罪歴があるルディだけは事情聴取受けてるのに。あれは変だろ。あの時点で黒幕はわからないものの、少なくともローマンが終われる必要はなくなってるように思うんだが。

とか、半分くらい文句っぽくなったけども面白い作品ではあります。

映画 ザ・ネゴシエーション ネタバレ感想 交渉人vs武器密売人と思わせて対権力者の話
交渉人のチュユンも武器密売人のミンも俺の知らない役者だったけど、内容はなかなか楽しめる娯楽作品。
映画 ホステージ ネタバレ感想 ブルースウィリス主演作
交渉人として有能だったらしい男が、ある立てこもり犯の事件をうまく解決できずに、田舎の警察署に引っ込む。そこで署長を務めてたら、金持ちの家にチンピラどもが侵入。住民を人質に取る事件が発生する。果たして元交渉人は事件を解決できるのか。ネタバレあり。 ―2005年公開 米 113分―
映画 暗戦 デッドエンド ネタバレ感想 アンディラウ対ラウチンワン
ジョニー・トー監督作品。泥棒のチャン(アンディ・ラウ)と、ワーカホリック刑事のホー(ラウ・チンワン)の対決を描いたクライム・サスペンス。お互いを好敵手と認め合い、相手の上を行こうと火花を散らす中で、2人の間に芽生える友情物語とも言える。ネタばれあり。 ―2000年公開 香 93分―
映画 インサイドマン ネタバレ感想 ホワイトなのに黒い女
出世欲を満たしたい人、自分の立場を守りたい人、物を盗みたい人――それぞれの思惑がこんがらがって、ややこしい話が展開していながらも、最後はなかなかスッキリできるので楽しめる物語。ネタバレあり。 ―2006年公開 米 128分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました