スポンサーリンク

映画 ホステージ ネタバレ感想 ブルースウィリス主演作

スポンサーリンク

ホステージ

交渉人として有能だったらしい男が、ある立てこもり犯の事件をうまく解決できずに、田舎の警察署に引っ込む。そこで署長を務めてたら、金持ちの家にチンピラどもが侵入。住民を人質に取る事件が発生する。果たして元交渉人は事件を解決できるのか。ネタバレあり。

―2005年公開 米 113分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:交渉人として人質事件解決に当たる男が、自らの家族を人質に取られてしまい命がけのシーソー・ゲームに立ち向かうサスペンス・アクション。「スズメバチ」で本国フランスをはじめ、全世界で成功をおさめたフローラン=エミリオ・シリのハリウッド進出第一作。出演は「ダイ・ハード」「シックス・センス」のブルース・ウィリス。(KINENOTE)

あらすじ:ロサンゼルス市警の敏腕交渉人だったタリー(ブルース・ウィリス)は、小さな町ブリスト・カミーノの警察署長となり、以来、妻のジェーン(セレナ・スコット・トーマス)と娘アマンダ(ルーマー・ウィリス)との関係もギクシャクしている。犯罪の少ないはずのこの町で、大きな事件が進行しつつあった。デニス(ジョナサン・タッカー)、ケヴィン(マーシャル・オールマン)の兄弟と、彼らと3週間前に知り合ったマース(ベン・フォスター)の若者3人組が、高級車を盗もうと一軒の豪邸に忍び込んだのだ。その家にはウォルター・スミス(ケヴィン・ポラック)と10歳の息子トミー(ジミー・ベネット)、14歳の娘ジェニファー(ミシェル・ホーン)がいた。若者たちの一人マースの瞳が、ジェニファーを捉えた。トミーがとっさに無音警報のボタンを押したため、婦人警官が駆けつける。スミス邸に乗り捨てられたデニスのトラックは、車の乗っ取り犯のものとして手配が出されていた。婦人警官がそれに気づいた時、マースの銃が火を噴いた! かくして、若者たちは警官隊に囲まれ、スミス邸に立てこもることになった。スミス邸は防犯カメラやパニックルームなどセキュリティ・システムを完備しており、それが逆手にとられ、容易に近付くことのできない難攻不落の要塞が出来上がった。長い夜の始まり、同時にタリーには人質の幼い少年を犠牲にしてしまった過去の悪夢が襲い掛かる。人質交渉は二度とやるつもりはない。だが、運命はタリーを放って置いてはくれなかった。妻のジェーンと娘アマンダがある組織にさらわれたのだ。スミスは巨大な犯罪組織のマネーロンダリングに手を貸している会計士であり、若者たちが立てこもっている家には、今すぐにも組織が必要とする機密資料が保管されていたのだ。タリーの前に現れた謎の男は、組織の者が到着し、機密資料が入ったDVD-ROMを見つけるまではタリーが現場を指揮し、邸宅に誰も入れるなと命じる。さもなくば妻子の命はない、と。最も愛する者たちのために、ほかの家族を犠牲にするのか、それとも? タリーは究極の選択を迫られる。彼は立てこもる若者たちのリーダー格らしいデニスと交渉し、独自に解決の方法を探り始める。そんな絶体絶命の状況の中、タリーのもとに思いがけない一本の電話が入った。かけてきたのは若者たちの目を盗んで携帯電話を手にした人質の少年トミーだった。テレビのニュースで警察署長であるタリーの姿を見たトミーが、警察署を経由してコンタクトしてきたのだ。スミス邸の前に乗り捨てられたトラックから警察が掴んだ情報では、立てこもり犯はデニスとケヴィンの兄弟ふたりのはずだった。だがもうひとり、マースと呼ばれる若者がいたのだ。しかも、そのマースは殺人の過去がある凶悪犯だった。待ち受ける予期せぬ出来事の数々、タリーの必死の反撃が始まる!(KINENOTE)

監督:フローラン・エミリオ・シリ
出演:ブルース・ウィリス/ケヴィン・ポラック/ジョナサン・タッカー/ベン・フォスター

ネタバレ感想

ブルースウィリスが主人公を務める作品は、それなりの水準に達しているものが多い。今作もまぁ、そんな作品の一つだろう。とはいえ当然、絶賛するような内容ではなく可もなく不可もない感じなので、ちょろっとツッコミどころだけ挙げて終わりにしたい。

まず、チンピラの頭イッちゃってるやつが強い。なぜかというと、頭イッちゃっているからだ。やつの友達だった兄弟は死んじまったので気の毒ではあるが、こいつらはバカだから仕方ない。

バカと言えば、あの豪邸のセキュリティシステムだ。何で簡単に侵入許してるんだよ(笑)。中からシャッターを閉めるとかいろいろハイテクな装置がついているなら、住民がカメラで監視できていない状態でも、侵入者を防ぐ機能がありそうなもんだけどなぁ。

ついでに、ブルース・ウィリス扮する主人公は、交渉人としてのスキルをさほど活かせていないように感じた。人質の少年と連絡を取り合っているくらいで、犯人たちとはほとんどやり取りできないような気が。

あと、娘役の女の子がもう少し魅力的だったら、もう少し作品自体にも華があって楽しめたのかもしれぬと思った。残念ながら、ぜんぜん魅力がなかったのである。ついでに、序盤のブルースウィリスの髪型が、『コン・エアー』のニコラスケイジみたいで笑えた。

映画『LOOPER/ルーパー』ネタバレ感想 面白いが疑問点もある
時間移動系の作品が好きなので鑑賞したら、以前にも見たことある作品だった。まぁ、俺にはよくある話だ(笑)。なかなか面白い作品である。ネタバレあり。 2013年公開 米 118分―
映画『12モンキーズ』何をしても後の祭り
エンディングの「What a Wounderful World」が印象的。監督はテリー・ギリアム。未来世界のゴチャゴチャした感じとか外の世界を歩き回るときのスーツとかは、同監督作の『未来世紀ブラジル』と似たような雰囲気があった。ラスト、主人公と少年のシーンを見て感じたことを紹介。ネタバレあり -1996年公開 アメリカ 130分-
映画『16ブロック』感想は特にない(笑)
16ブロック先が遠いなぁという映画である。面白いけど、特筆すべき感想もなかったので、短いです。ネタバレなし。 ―2006年公開 米 101分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました