スポンサーリンク

映画『16ブロック』感想は特にない(笑)

16ブロック
スポンサーリンク

16ブロック

16ブロック先が遠いなぁという映画である。面白いけど、特筆すべき感想もなかったので、短いです。ネタバレなし。 ―2006年公開 米 101分―

解説:簡単な証人護送任務を任されたベテラン刑事が、思いも寄らぬ事態に巻き込まれていくサスペンス・アクション。出演は「シン・シティ」のブルース・ウィリス、ラッパーとしても有名な「銀河ヒッチハイク・ガイド」のモス・デフ、「夢駆ける馬ドリーマー」のデヴィッド・モース。監督は「タイムライン」のリチャード・ドナー。(KINENOTE)

あらすじ:ニューヨーク市警の刑事、ジャック・モーズリー(ブルース・ウィリス)は、事故で足を負傷して以来、酒に溺れる日々を送っていた。そんな彼が、夜勤明けに証人護送の任務を下される。それは証人の囚人エディ(モス・デフ)を、留置所から16区画離れた裁判所まで連れて行くという、15分もあれば済む簡単な仕事だった。しかし護送中にエディが何者かに襲撃され、事態は予想外の展開を迎える。ジャックの応援の要請に応えてやって来たのは、かつての彼の相棒フランク(デヴィッド・モース)のチームだった。ところが、フランクたちこそがエディ襲撃の犯人だと判明。エディはニューヨーク市警の刑事たちが暴力的な行為に及んだ現場を目撃しており、彼に法廷でその証言をさせないため、フランクはエディを殺そうとしているのだ。それを知ったジャックは、刑事の一人を反射的に撃ち、エディを連れて逃げようとする。後戻りできない状態になったジャックは、何としても閉廷の午前10時までに、エディを裁判所に連れて行かねばならない。フランクの追跡を交わしながら、前に進もうとするジャックとエディ。彼らは停止したバスを籠城するなど困難な闘いを見せるが、ついに閉廷に間に合って、フランクたちの悪事を告発するのだった。(KINENOTE)

監督:リチャード・ドナー
出演:ブルース・ウィリス/モス・デフ/デイヴィッド・モース

スポンサーリンク

アルカホリック刑事が奮闘する話

ありがちなキャラだよね、このブルース・ウィリスの演じるアル中刑事。どういうキャラかって言うと、なかなか有能だったんだけど過去に失策を犯してて、そのことをずっと引きずってる。だから酒におぼれると。この手の主人公は刑事とか探偵ものの一種のパターンなんだな。ブルース・ウィリス自体が過去に、『ラスト・ボーイスカウト』で似たような役を演じている(笑)。

パターンだからって、ダメなわけではない。面白ければどうだっていいのだ、そんなの。で、この映画はどうかというと面白いです。だからいい。ただ、特筆すべき何かがあるわけでもない。何となく楽しく鑑賞しているうちに事件もスッキリ解決してメデタシめでたしで劇終します。

可もなく不可もなく、すげー感想に困る映画!

ちなみに、『ラスト・ボーイスカウト』は面白いので見たことない人は、オススメ!

映画『フライト・ゲーム』アル中航空保安官、自己開示で窮地を脱出!
犯人の濡れ衣着せられた主人公。武器を使った脅しとか暴力でねじ伏せるのではなく(ところどころそれも駆使してますが)、なんと、自己開示をするのである(笑)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました