スポンサーリンク

映画 運び屋 ネタバレ感想 実話をもとにした犯罪ドラマ

スポンサーリンク

運び屋

クリント・イーストウッドが久しぶりに主演も務めた監督作品。もう90歳くらいだと思うんだけど、背筋伸びてるし、すごいお爺ちゃんだなと思う。本当にしてるかわからんけども、セックスシーンもあるし(笑)。

―2019年公開 米 116分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「グラン・トリノ」以来、10年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を兼任した作品。90歳で孤独な生活を送る男アール・ストーンは、クルマの運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。だがそれは、メキシコの麻薬カルテルの運び屋だった。共演は「アリー/ スター誕生」のブラッドリー・クーパー、「30年後の同窓会」のローレンス・フィッシュバーン。(KINENOTE)

あらすじ:アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独に暮らす90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけた時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたものの、それが実はメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”だということを、彼は知らなかった……。(KINENOTE)

監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド/ブラッドリー・クーパー/ローレンス・フィッシュバーン/マイケル・ペーニャ/アンディ・ガルシア

ネタバレ感想

爺さんはなかなかユーモアがあるからか、若い女性にもてているところもすごい。ユーモアと言えば、物語冒頭の、園芸コンテスト? みたいので受賞の言葉を述べていたが、あれはアメリカンジョークなんだと思うが、俺には何がおもしろいのか、残念ながら理解できなかった(笑)。

てなことで、クリントイーストウッドの作品はある一定の水準は超えてくるので、今回も楽しめた。主人公のアールがやっていることは犯罪なんだけども、こんな感じに飄々と老後を過ごせたらいいなーとか思わせる陽気さがある。

ただ、本人は孤独を感じているようで、これまでの人生で蔑ろにしてきた家族に対する慚愧の念がある。そこを解消していくのがストーリーの肝。そして最終的に彼は、12年間口さえきいてもらえなかった娘と和解するものの、「時間だけは買えない」と心情を吐露するのだ。

娘と人生を共有できなかった、失われた12年間は戻ってこないのである。そんなん今さら気付いても遅いだろーーとか思うものの、きっと自分もそういうことを今現在してしまっているんだろうと思わせる良いシーンであった。

『グラントリノ』では、イーストウッドが自分の役者人生に一つの区切りをつけたような内容だったけども、本作はどうも、自分の人生に区切りをつけたような印象を感じる。というのも、実在の人物であった運び屋のおじいちゃんを、自分の実人生になぞらえて描いているからだ。

どうなぞらえているのかは、映画評論家の町山智浩氏が紹介してたし、そっちの解説のほうが面白いしわかりやすいので、そちらをどうぞ。

ちなみに俺は、最近の史実を題材にした作品もけっこう好きだけど、『許されざる者』『ミスティックリバー』『ミリオンダラーベイビー』『チェンジリング』が、この監督の作品の中では優れていると思うし、大好き。役者としてはやっぱ、『ダーティハリー』『アルカトラズの脱出』とかが渋いしカッコよかったよなぁ。

映画『アルカトラズからの脱出』 完全無欠な男だけが、脱獄できるのだ
サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島。そこには鉄壁の牢獄「アルカトラズ刑務所」があった。そこに入所してきた頭脳優秀な主人公フランク・モリス(クリント・イーストウッド)は脱獄の方法を考えていたが、ある日通気口から外へ出られるという話を聞き、独房の小さい通気口への入り口を大きくしてそこから独房の外へ出て、脱出する手段を思いつく。
映画『15時17分、パリ行き』ネタバレ感想 実際の事件が題材の実話
主演の3人に、事件の当事者を起用したという作品。近年のクリント・イーストウッド監督は実話をもとにした作品が多く、これもその中の一つ。鑑賞し終えると元気が出てくる好い作品だなと思いました。ネタバレあり ―2018年公開 米 94分―
映画 アメリカンスナイパー ネタバレ感想 凄腕スナイパーの生涯
イーストウッド監督の事実を基にした物語。愛国心あふれる男がイラク戦争を通じてアメリカの英雄になるまでを描く。仲間を助けるために4度もイラクに派遣され、敵兵を狙撃してきた男の運命やいかに。ネタバレあり。 ―2015年公開 米 132分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました