スポンサーリンク

映画 ランボー ラストブラッド ネタバレ感想 乱暴者VS人身売買組織

映画 ランボー ラストブラッド
スポンサーリンク

ランボー ラスト・ブラッド

前作から10年以上の時を経て、乱暴者のランボーが帰ってきた。今回の敵は軍人ではなくて、人身売買をしているギャング団。娘にも等しい存在がゴミのような扱われ方をされたことに大激怒。容赦なしの殺戮マシーンとしての本能をよみがえらせて、ギャングどもを抹殺にかかるのであった。ネタバレあり。

―2020年公開 米 101分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:シルベスター・スタローンの代表作「ランボー」シリーズ最終章。元グリーンベレーのランボーは、古郷アリゾナで、古くからの友人マリアとその孫娘ガブリエラと平穏に暮らしていた。ところがガブリエラが人身売買カルテルに拉致され、ランボーは救出に向かう。出演は、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のパス・ヴェガ、「サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団」のセルヒオ・ペリス・メンチェータ、「バベル」のアドリアナ・バラーサ、ドラマ『フォスター家の事情』のイヴェット・モンレアル、「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のオスカル・ハエナダ。監督は、「キック・オーバー」のエイドリアン・グランバーグ。(KINENOTE)

あらすじ:ジョン・ランボー(シルベスター・スタローン)は、かつてアメリカ陸軍特殊部隊、通称グリーンベレーの兵士としてベトナム戦争を生き抜き、帰還してからは心的外傷後ストレス障害に悩まされながらも、世界各地で戦いに身を投じてきた。そんな彼も今はアメリカに帰り、古郷アリゾナの牧場で、古くからの友人マリア(アドリアナ・バラーサ)とその孫娘ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)と“家族”として平穏に暮らしている。ところが、ガブリエラが自分を捨てた実の父親がメキシコにいると知り、ランボーの反対も聞かずに一人で危険な地に踏み込み、人身売買カルテルに拉致されてしまう。ランボーは最愛の“娘”を救出し、一味への復讐を果たすため、元グリーンベレーのスキルを総動員し、想像を絶する戦闘準備を始める……。(KINENOTE)

監督:エイドリアン・グランバーグ
脚本:マシュー・シラルニック /シルベスター・スタローン
出演:シルベスター・スタローン

ネタバレ感想

てなことで、映画館で鑑賞してきた。正直な感想としては、4作目よりは面白くないなということだ。4作目のような殺戮ショーはあるものの、なんというか、物足りなさがあるのだ。

今回のランボーもこれまで同様、すさまじい怒りの感情を持って戦うわけだが、その怒りの原因が娘同然に思っていた女の子が死んじゃったから。あれが気の毒すぎて、敵をぶっ殺しても殺された彼女は戻ってこないわけだから、ランボーの戦いを虚しく感じちゃって、カタルシスが弱くなってしまった。なんというか、最終的にランボーは復讐を果たすんだけども、さほど溜飲が下がらないんだよね、悲惨すぎて。

てなことで、野暮なことを言うもんじゃないとは思うのの、突っ込みたいところはいくつかあったので、その辺に触れる。まず、そもそもそれを言ったらこの作品が成り立たないんだが、ガブリエラはあれだけメキシコに行きたがってたんだから、最初からランボーが一緒についていってやってたらこんな事件は起こらなかったはず。

だが、ランボーがついていっちゃうとガブリエラは悲惨な目に遭わないので、物語が展開できない。だからああやってコッソリと彼女がメキシコに行く設定にしたんだろうと思われる。んでまぁ、そこでの友だちがクズ野郎なんだけども、ガブリエラも警戒心がなさすぎてヤバいだろ。メキシコの国境近くに住んでるなら、メキシコの治安がヤバいことくらいわかると思うんだけどなぁ。

他にも強引にも感じるストーリー展開がいくつか散見されたが、この辺にしておく。

てなことで普通の感想に戻ると、銃弾受けて満身創痍になったランボーがラスト、玄関の安楽椅子に座りながら生き続ける意志を示した独白シーンを見て、やはりこの男は強靭な精神力の持ち主であるなぁと思った。ガブリエラがいなくなっちゃったので、彼にはほぼ、生きる意味がなくなっちゃってる。それでも彼は生き続けるのだ。彼が生きることにあまり希望を抱いてないのは、1作目からずっとではあるんだが。

にしても、あれだけの死体、後片付け大変だろうなぁ(笑)。あと、何であんなに大規模な地下道を黙々と掘り続けていたんだろうか。

とかとか、いろいろあるんだけど、やっぱり映画館で観られたのは良かった。それはなぜかって、俺はスタローンが好きだからだ。ロッキーシリーズはクリードに主役交代しちゃってるし、ランボーもこうやって最後と思われる作品が終了。そうなると、他に彼の看板作品は何かと考えるに、エクスペンダブルズくらいしかない。今さら『ロックアップ』とか『オーバーザトップ』とか『コブラ』の続編はつくらないだろうし(笑)。

映画 ランボー ネタバレ感想 ベトナム帰りの元グリーンベレーが怒って乱暴者になる話
元グリーンベレーでベトナム戦争で多大な功績のあった男、ジョン・ランボー氏が、帰国してみたら嫌がらせばかりされて、怒って乱暴者になる話。数年に一度は観たくなる、地上波放映時が懐かしくなるシリーズ作品。ネタバレあり。 ―1982年公開 米 94分―
映画 ランボー2 怒りの脱出 ネタバレ感想 弓矢とナイフで暴れるスタローン
筋肉ムキムキで長髪のスタローンがメチャ男前。肉体美がマジですごい。男の俺から見ても、何か色気を感じてしまうのであった。怒り狂ったランボーが強すぎて、敵軍などはゴミみたいなもんだ。弓矢とナイフだけでも敵を全滅させちゃうんじゃないかという勢い。
映画 ランボー3 怒りのアフガン ネタバレ感想 後のタリバンを思わせる戦士たち
シリーズ3作目。今回はベトナムからアフガニスタンに戦地を変えて、乱暴者のランボーが暴れまくる。ネタバレあり。 ―1988年公開 米 102分―
映画 ランボー4 最後の戦場 ネタバレ感想 ラストの機関銃乱射
前作からおよそ20年の時を経た続編。だいぶ肥えてしまったランボーが、今度はミャンマーの軍事政権に喧嘩を売り、虐殺野郎どもを相手に大量虐殺を仕掛ける話。ネタバレあり。 ―2008年公開 米 90分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました