スポンサーリンク

映画 ライリーノース復讐の女神 ネタバレ感想 ショットガンがカッコいい

ライリーノース復讐女神
スポンサーリンク

ライリー・ノース 復讐の女神

―2019年公開 米=香 102分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:「96時間」のピエール・モレル監督によるサスペンス・アクション。妻として母として幸せに暮らしていたライリー・ノースは、ある日、組織の襲撃により家族の命を奪われてしまう。5年後、過酷な訓練を積んだ彼女は、銃を手に麻薬カルテルのボスのもとへと向かう。ライリー・ノースを「エレクトラ」「天国からの奇跡」のジェニファー・ガーナーが演じるほか、「レプリカズ」のジョン・オーティス、「10 クローバーフィールド・レーン」のジョン・ギャラガー・Jr.が出演。脚本は「レプリカズ」のチャド・セント・ジョン。(KINENOTE)

あらすじ:ロサンゼルス郊外で、夫と一人娘と共に平凡ながら幸せに暮らすライリー・ノース(ジェニファー・ガーナー)。ある日、麻薬組織の襲撃により、一瞬にして家族の命を奪われ、法にも見捨てられた彼女は姿を消す……。それから5年。復讐のため再びロサンゼルスに現れたライリーは、銃を手に次々と復讐を果たしていくが、やがて、警察やメディア、そして街中を巻き込むバトルへと突入していく……。(KINENOTE)

監督:ピエール・モレル
出演:ジェニファー・ガーナー/ジョン・オーティス/ジョン・ギャラガー・Jr/フアン・パブロ・ラバ/アニー・イロンゼ

ネタバレ感想

超適当なあらすじ

麻薬組織に夫と娘を殺された女性が、復讐のために組織に喧嘩を売る、リベンジムービー。麻薬組織の金を盗んじまおうと友人に誘われたライリーの夫は、自分には気が乗らないものの、一応は承諾。しかし、妻と子どもの顔を見ているうちに、やっぱりリスクは負わないほうがいいと、賢明な判断をして友人に断りを入れた。

ところが、その時点で友人は企みを組織に見抜かれていて、捕まってしまってて、しかもその友人は拷問にかけられて、ライリーの夫が計画に加担する予定だったことをゲロしちまう。なんて間抜けかつ迷惑な奴だろうか。

麻薬組織のボスは、ライリーの一家全員をぶち殺すように部下に命令。遊園地にいるライリー一家に銃を乱射して、3人を地面に這いつくばらせることに成功。意気揚々とアジトへ引き上げていくのであった。しかし、ライリーは一命をとりとめていたのだ!

もうこの時点で、ボスの部下がバカすぎ。丸腰の相手なんだから、車から降りてもっと至近距離で殺せやーーと思わずにはいられないが、しかしそれでは物語が終わってしまうので、仕方がない。

ということで、生き残ったライリーは、警察のカーマイケル刑事に協力して、銃乱射事件の犯人たちを目撃者として、証言することになるのだが、判事も審問官も検察も全員、カルテルに金で買われた犬なのだ。であるから、彼女の証言は認められず、しかもなぜか彼女が精神病扱いされ、病院送りが決定するのである。…ちくしょう。

しかし、病院への搬送途中、ライリーは救急車から脱出。姿を消すのであった。そして5年後、惨劇の街に戻ってきたライリーは、麻薬組織に対してたった一人で喧嘩を売り、5年前の事件にかかわったやつらを自らの手でぶち殺していくのであった…やっちまいな! ーーというのが超適当なあらすじ。

新鮮味はあまりない

ネットフリックスで見つけて鑑賞。特に新鮮さがある作品ではない。強いて言うなら、パニッシャー役が女性ということか。妻子を殺された主人公が悪の組織にーーて作品は、おそらく吐いて捨てるほどあるはず。それの女性版なわけだが、女性版でもそういう類の映画はあったような気が。であるから、その辺にはやっぱり新鮮味はない。

こういう麻薬組織が出てくる作品において、警察とか法の番人側が買収されてるって展開もありがち。ただ、俺はカーマイケルにも不自然なところあるけど、彼の同僚刑事のほうが、普通のパターンなら怪しい側だなって思ってたので、そこは騙された。

とはいえ、この2人についてさほど人物的掘り下げはないので、どっちが汚職警官だろうが、どうでもいいと言えばどうでもいいのだ。殺されたFBIの人は気の毒だったが。思うに、あのFBIの人がやられちゃうのもよくあるパターンではあった。韓国映画の『ネタバレになるので、興味がある人はテキストリンク辿ってください』とか他にも、このブログで紹介したことある作品なんだけど、思い出せない…。

5年間で強くなりすぎ

他にも何か物足りないというか、突っ込みたい部分があって、そもそもライリーはどうやって5年であんなにすごい格闘術を身につけられたのかということだ。冒頭のセレブおんなとのやりとりで、けっこう気の強い人なんだなと思わせるけども、さすがに35歳の女性が40歳になるまでの間に、あれだけのパワーアップを図るのはかなり無理があるような。

そこは復讐の気持ちがモチベーションになって根性で乗り切ったということなのかもしれないが、もう少し説明してほしかったな。なんか、地下格闘技で戦ってたというような映像はあったけど、それだけでは銃器の扱いや殺人術を学ぶことにはつながらないだろうし。

あと、麻薬組織のボスは、かなり凶悪ですごい奴なんだけど、こいつよりもすごいメキシコ(おそらく)のカルテルのボスの存在を匂わすシーンがある。でも、あのくだりっているかね? かえってボスが強者だという印象を損ねてるようにしか感じられない。ライリーがついでにそのカルテルもぶっ潰してしまうんなら、その存在にも意味があったとは思うけど、あの後はまったく登場してこないし。もしかして、続編を考えてたとか…?

ショットガンがカッコいい

ということで、腐してばっかりだけど、最後まで飽きることなく見られる作品ではある。なかなか良かったのは、中盤くらいの敵のアジトに乗り込むシーンで、ライリーの使っているショットガン。あれは威力も強そうだし、カッコよかったな。調べたら、エアガンが販売されてるみたい。

映画『リベンジ・リスト』ネタバレ感想 激おこトラボルタ
公開当時に観られなかったのでレンタルで鑑賞。トラボルタ主演映画作品なんて久しぶり。内容は良くも悪くも期待通り。リベンジ映画としては小粒感もあるが、安心して楽しめる作品ではあった。ネタバレ少し。 ―2017年公開 米 91分ー
映画 女は二度決断する ネタバレ感想 ネオナチスVS生理が来ない女
大雑把に言うと、ネオナチスVS生理が来ない女 の話。偏見の目こそが、この映画において大事なことのように感じた。二度の決断どころか、三度も四度も決断しているようにも思える。ネタバレあり。 ―2018年公開 独 106分―
映画 ロサンゼルス ネタバレ感想 ブロンソン=ポールカージーのシリーズ2作目
街のダニに娘を殺されたカージィは表向きは建築士としての仕事を淡々とこなしながら、夜は一人自警団として、娘を殺したチンピラどもの捜索を続ける。ジミーペイジの曲が素晴らしく、特にラストの曲は本当に大好き。

コメント

  1. ヨウくん より:

    女版「ジョン・ウィック」みたいですね。
    確かにたった5年であんなに強くはなれないわって突っ込みたいけど・・・キアヌだってああなるには十数年間はかかるだろうと。

タイトルとURLをコピーしました