スポンサーリンク

映画 スパイレジェンド ネタバレ感想 元CIAのブロスナンが暴れまくるサスペンスアクション

スポンサーリンク

スパイ・レジェンド

凄腕の元CIAエージェントのデヴェロー(ピアースブロスナン)が、昔の仲間に呼ばれて仕事を引き受けたところ、その裏にはロシアの次期大統領選を巡る陰謀があった。果たしてどうなっちまうのかという話。サスペンスな展開とアクションシーンのバランスが取れてて、それなりに楽しめる作品。ネタバレあり。

―2015年公開 米 108分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:ビル・グレンジャーのスパイ小説『ノヴェンバー・マン』を「バンク・ジョブ」のロジャー・ドナルドソン監督が映画化。ロシア大統領選を巡る国際的陰謀に巻き込まれた伝説の元CIAエージェントが、自ら育てた現役スパイと攻防を繰り広げる。出演は「007/ダイ・アナザー・デイ」のピアース・ブロスナン、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ。(KINENOTE)

あらすじ:かつて“ザ・ノヴェンバー・マン”というコードネームで活躍していた伝説のCIAエージェント、ピーター・デヴェロー(ピアース・ブロスナン)は、今はスイスで静かな引退生活を送っている。そんな中、昔の同僚たちが次々と殺されていることを知ったデヴェローは、彼らの救助に向かうが、同僚であり愛していた女性がデヴェローの目の前で殺害されてしまう。しかもその犯人は、かつて自分が所属していたCIAで自ら育て上げた仲間であった。その現役最強のスパイと緊迫の攻防を繰り広げながら事件の全貌を解明しようとするデヴェローは、事件の裏にロシア大統領選を巡る国際的陰謀が隠されていることを知る……。(KINENOTE)

監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:ピアース・ブロスナン/ルーク・ブレイシー/オルガ・キュリレンコ

ネタバレ感想

俺は007シリーズはほとんど鑑賞したことない。それでもブロスナンがボンドを演じていた作品はいくつか鑑賞してたと思うんだけど、あまり印象に残っていない。というか、彼が出演している作品、いろいろ鑑賞しているんだけども、どれもよく覚えていないのである。その中で今作は、俺的なブロスナン主演映画の代表作になりそう(笑)。

要するに、なかなか楽しめたのである。話自体はそんなに複雑ではないので、よくわからない部分もなく、スッキリと劇終を迎えられるし、ところどころのアクションも、デヴェロー(ブロスナン)が年の割には強すぎな感もあるが、彼は伝説のエージェントらしいので、まぁいいかなと思える。

そこに元弟子や、元同僚の女性とともに生んだ娘、さらには保護することになったソーシャルワーカーの女性であるアリスとのドラマなんかが繰り広げられつつ、ロシアの次期大統領を目指す政治家の裏の顔を世間に知らしめるための奮闘と、その捜査の延長で現れる意外な黒幕との対決が描かれる。つまり、アクションとドラマとサスペンス要素がバランスよく織り交ぜられてて、ありがちな娯楽作品と言えばそうなんだけども、その水準の中では、楽しめるのである。

ただ、一個ドン引きしたのは、元弟子のCIA局員の恋人(そこまで深い仲ではないけど)を人質に取って、彼女の太ももをナイフで切っちゃうシーン。動脈でも切ったのか、血がドバドバ出てて、いくら教育(だと思われる)のためでもそこまでしなくてもいいのに―ーと思ってしまった(笑)。

にしても、CIAてのは本当にすごいね。この話で描かれるように、ロシアの次期大統領を自分たちの息のかかった人物にしようなんてこと、できるんだろうか。もしこれが可能なんだとしたら、ほぼほぼアメリカが世界の支配者だ。考えてみると、こうやって創作の物語が生まれている時点で、CIAにそうした力がある、もしくは現実にそっているのかも。まぁともかく、フィクションでも史実に基づいたのでも、CIAが絡む作品ってけっこう面白いのが多い。

映画 ワールドオブライズ ネタバレ感想 ラストまで楽しめるサスペンス
ディカプリオ扮するCIA工作員が上司とヨルダンの情報局のボスとの間で板挟みになりながら中東のテロリストの摘発に奮闘する物語。ネタバレあり。 ―2008年公開 米 128分―
映画 スパイゲーム ネタバレなし感想 CIAで生きるのは大変だ
CIAのおっさんと、彼が育成したエージェントとの師弟関係的友情物語。友情といっても師弟関係だから時には反りが合わないこともあるので、その関係は濃密ではないんだけども、一応は心の絆はあったように思わせる関係性が描かれる。ネタバレなし。 ―2001年公開 米 128分―
映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』ネタバレなし感想
飛行機の操縦士として稀有な才能を持つ男が、その才を様々な組織から見込まれて成り上がっちゃうという、奇天烈でありながら事実を基にした物語。バリーの人生を追っていくだけでも楽しめるけども、80年代のアメリカとその周辺国の関係を垣間見られるという意味では、当時の歴史も学べる良作。ネタバレなし。―2017年公開 米 115分―
映画 顔のないスパイ ネタバレ考察 カシウスの目的は?
謎を提示してラストまで引っ張ってくれるのはいいんだけど、辻褄が合わないというか、登場人物たちの動きがきちんと説明されていないような気がする部分があって、スッキリしない作品だった。なので、その辺のところを書きながら考えつつ、結局はカシウスはいったい何を狙っていたのかという考察を試みる。ネタバレあり。
映画 ベイルート ネタバレ感想 ネットフリックス配信の良質サスペンス
ネットフリックス配信作品。レバノンという土地の歴史や周辺諸国とのしがらみって、かなり複雑なので、なかなか頭に入ってこない。そんなときには、こうした映画を観るのが理解の一助になる。ネタバレあり。―2018年製作 米 109分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました