スポンサーリンク

映画 奪還 DAKKAN アルカトラズ ネタバレ感想

映画 奪還 DAKKAN アルカトラズ
スポンサーリンク

奪還 DAKKAN アルカトラズ

―2003年公開 米 98分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:ハイテク装備で蘇ったアルカトラズ刑務所を舞台に、囚人たちと傭兵集団が繰り広げる激しい死闘を描いたスティーヴン・セガール主演作。ジェット・リーのスタントマンとしても名を馳せているシン・シン・シャンのアクション指導、ヒップホップ界のスター、ジャルールとクルプトの起用にも注目。監督・脚本は「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」で脚本を手掛け、本作で劇場映画デビューのドン・マイケル・ポール。(KINENOTE)

あらすじ:2002年、カルフォルニア刑事犯罪局は悪名高いアルカトラズ刑務所を復活させた。ハイテクを駆使して再生したこの難攻不落の要塞に、武装集団フォーティナイナーズが襲撃! 収監中の死刑囚レスターから金塊のありかを聞き出すため邪魔者を消そうとする彼らに、謎の囚人サーシャ(スティーヴン・セガール)が立ち向かう!(KINENOTE)

監督・脚本:ドン・マイケル・ポール
出演:スティーヴン・セガール/ジャ・ルール

ネタバレ感想

セガールの作品の中ではまぁマシなほうかなというレベル作品。ラッパーのジャ・ルールが相棒役を務めてるんだけど、セガールってなんでヒップホップというか、ラッパーとの親和性が高いんだろうか。

内容はまぁ一度見たら忘れちゃう類の内容だけど、それなりにストーリーも観られるし、楽しめる。ただ、セガールの殺人技はさほど派手ではなく、どっちかというと銃撃戦が主体な感じで物語は進んでいく。

まぁ要するに、潜入捜査もの、監獄ものにアクション要素と男の友情みたいなんをごった煮にした感じの内容です。

映画 沈黙の戦艦 ネタバレ感想 セガールvsトミーリージョーンズ
ストラニクスとライバックのラストバトルは、かなりのお笑い格闘名シーンで、ここを繰り返し見るだけでも楽しめる作品だ。
映画 沈黙の達人 ネタバレ感想 無敵のセガール拳が復活…か?
なんか間延びっていうか展開がのんびりしてて、必要あるかないかのエピソードもあって、ラストの20分くらい見とけば十分な感じ。まぁでもそれなりに楽しめる
映画 DENGEKI 電撃 ネタバレ感想 セガールアクションのましなやつ
そこそこ楽しめるし、今作の格闘術を観るに、何か違う路線を模索してたのかなって思わせる内容だ。あと、この作品ではまだスリム(笑)。
映画『沈黙の陰謀』 スティーブン・セガール これは黙らざるを得ない!(ネタバレ) 
セガールっていつも上から目線だよね(笑)内容はかなり酷い。セガールは細菌学の権威で、元々政府お抱えの機関で働いていたという過去(政府がらみのいつものパターン)があるのだが、学者の癖してなぜかやたらに強く、軍人をいとも簡単にボコる武芸の達人である。そして学者なのに、なぜか軍人に偉そうに命令ができる。 い

コメント

タイトルとURLをコピーしました