スポンサーリンク

映画 GONIN ネタバレ感想 ビートたけしが最高なバイオレンス作品

スポンサーリンク

GONIN

この映画大好き。同性愛臭が漂ってるけども、それも男の絆であり愛情なのだ。何回観ても素晴らしいと思えるのは、ビートたけし演じる殺し屋の存在感によるところも大きい。ネタバレあり。

―1995年公開 日 109分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:バブル崩壊で世間からはみ出してしまった五人の男たちが仕組んだ強盗計画の顛末をスタイリッシュな映像で描くバイオレンス・アクション。監督・脚本は今回は名美と村木の愛の物語を離れた「夜がまた来る」の石井隆。撮影は石井とのコンビが冴える佐々木原保志。五人に紛するのは、「プ」の佐藤浩市、「RAMPO」の本木雅弘、「ゴト師株式会社スペシャル」の根津甚八、「EAST MEETS WEST」の竹中直人、「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」の椎名桔平。LD化の際再編集され119分の<特別版>が製作された。また2007年には121分の<REAL EDITION>が製作されている。(KINENOTE)

あらすじ:かつてはヤングエグゼクティブとして雑誌に紹介されたこともあったディスコのオーナー・万代は、バブル崩壊で多額の借金を背負い、暴力団大越組の借金の取り立てに苦しんでいた。ある夜、万代は新宿のバッティングセンターで、サラリーマン風の男・荻原に執拗にからまれ、反対に殴りつけると、荻原は呆気なく倒れて泣き出した。リストラで会社を解雇された荻原は、職を求めて夜の街をさすらっていたのだ。怪我をした荻原を車に乗せて店に帰った万代を待っていたのは、大越組組員による嫌がらせだった。調子に乗って暴れる組員を、美貌の青年・三屋がナイフで刺した。三屋は過去に傷害罪で刑務所に入ったことがあり、それが万代の密告によるものと思い込み付け狙っていたのだ。三屋の誤解をとき、万代は一緒に仕事をしないかと持ちかける。万代は、大越組の金庫に眠っている大金強奪を計画し、仲間を探している最中だった。万代に憎しみとともに憧れも抱いていた三屋はそれを承諾する。翌日、万代は借金の返済を延ばしてくれるよう、大越組に頼みに行った。そこへ組員の金髪の青年・ジミーが、女の借金のことで文句を言いにきて幹部と大もめになってしまう。ジミーは、タイ人の売春婦ナミィーのヒモだった。その夜、ジミーを探しに行ったバーで、万代は用心棒をしている刑務所帰りの元刑事・氷頭に出会う。氷頭は万代が現金強奪を計画した時から、仲間にしようと思っていた男だった。事務所の内部に詳しいジミーも仲間に引き込んで、打ち合わせを行っているところへ荻原が現れ、なかば強引に仲間入りし、計画は五人で遂行される。決して思い通りには運ばなかったものの、まんまと大金を手に入れた五人。だが、荻原が大金と一緒にナミィのパスポートを盗んでいたことから、大越組はナミィーと一緒にタイ逃亡を企てていたジミーを拉致、拷問する。すぐに、主犯が万代らしいことを突き止めた大越らは、万代のディスコを襲撃するなど報復を開始。総長が雇った殺し屋の京谷と柴田も、精神に異常をきたし、既に自らの手で一家を惨殺していた荻原や、氷頭の別れた妻子を次々に始末していくのであった。いよいよ自分たちの身に危機が迫っていることを知った万代と三屋は、万代の故郷・飯田へ身を隠そうとするが、京谷たちに逃亡途中で発見され、万代が殺されてしまう。万代との間に愛が芽生え始めていた三屋は、氷頭と捨て身の覚悟で大越組を襲撃。氷頭は命を落とすが、京谷以外皆殺しに成功する。こうして三屋は、金と万代の遺骨を持って再び飯田へと長距離バスで向かうが、警察に捕まったと思われていた京谷が現れ、バスの車中で相討ち。命を落とすのだった。(KINENOTE)

監督・脚本:石井隆
出演:佐藤浩市/本木雅弘/根津甚八/竹中直人/椎名桔平/永島敏行/鶴見辰吾/ビートたけし/木村一八/室田日出男/横山めぐみ/川上麻衣子/津田寛治

ネタバレ感想

この作品が上映されていた頃、俺は高校生で、この作品のことを知ってはいたものの鑑賞する機会はなかった。数年後、なんかのきっかけで鑑賞することになって衝撃を受けた。何なんだこの救いのない話はと。でも、最高におもしろかったのだ。

何がいいって、佐藤浩市と本木雅弘、根津甚八の関係性がいい。こいつらほとんど会話してないんだけども、それぞれが根っこの部分でなぜか信頼し合ってて、言葉にない信頼関係があるように感じるのだ。佐藤と本木はその後、友情を超えて愛情まで芽生えさせていって、そこまで描く必要があるのかと思うかもしれんが、男の友情ってのは結局、肉体を介さない愛みたいなもんだと言えなくもないのだ。

そして、竹中直人のぶっ飛びぶりと、死にざまもよし。あれを冷徹に殺しに来る相手がビートたけしってのもいいなぁ。このたけしが演じる殺し屋は、竹中とは別の意味でぶっ飛んでて、子分の木村一八とは同性愛的な従属関係を築いている変人。死ぬことをこれっぽちも恐れていないし、ともかく怖い。

初見のときには、こういう演技をするたけしを本当に怖いと思った。そして、カッコいいのである。当時のたけしは事故る前だし、若さも残っていて、ともかく面構えがすごいのだ。迫力あるし、男前なのである。

ともかく、男の友情とか、バイオレンス作品が好きな人にはぜひおすすめしたい作品。

映画 GONIN サーガ ネタバレ感想 土屋アンナのふくらはぎ
ストーリー的にも前作の続き。キャストもけっこう豪華だし、前作とは違うキャラで竹中直人が出演。さらに、佐藤浩市や鶴見辰吾もチラッと出てくる。中でも一番の驚きは根津甚八が出ているところだ。
映画 その男、凶暴につき ネタバレ感想 たけしVS白竜が見もの
暴力には暴力で対抗する暴力刑事、我妻が悪徳企業とそれに雇われた殺し屋と死闘を繰り広げるバイオレンス映画。たけし演じる我妻と、白竜扮する清弘とのやり取りシーンはどれも、マジで鬼気迫る緊張感があって、2人が同じ画面に映っている場面はどこもこの作品の見どころだ。
雑談 バイオレンス映画、犯罪映画が好きだ。なぜなのか
バイオレンス、犯罪映画が好き! 3つの理由がある。要約すれば悪に対する憧れであろう。善悪の基準を介入させずに生きられるのが悪人だ。俺は社会から逸脱して善悪の彼岸に生きたい。しかし善悪を超えた言葉を獲得できないから無理だ。そういうお話。
映画 ヨコハマBJブルース ネタバレ感想 裏切りのラストと同性愛的ハードボイルド
アマゾンプライムで見つけたので鑑賞。ハードボイルドかつ同性愛的描写も込めた静かなバイオレンス作品だ。セリフが少ないし、説明的な描写もない。ないとはいえ、別に何が起こっているのかわからないということはない。ネタバレあり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました