スポンサーリンク

映画『さらば、わが愛 覇王別姫』ネタバレ 菊仙のラストが悲惨

スポンサーリンク

さらば、わが愛 覇王別姫

チェン・カイコー監督の名作。京劇の役者たちが、時代の流れと時の権力者たちに翻弄され、激しく浮き沈みしていく様が描かれる。何度観ても面白い作品です。

―1994年公開 香 172分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:京劇の古典『覇王別姫』を演じる2人の役者の愛憎を、50年に及ぶ中国の激動の時代を背景に描いた一編。香港の女流作家・脚本家、李碧華の小説(81年のTVドラマ用脚本を改稿したもの)を、「人生は琴の弦のように」の陳凱歌が映画化。脚本は原作者と葦。製作は「侠女」ほか胡金銓(キン・フー)作品への出演で知られる徐楓と湯君年、撮影は「子供たちの王様」以来、監督とは3作目の顧長衛。音楽は「秋菊の物語」の趙季平。主演は「欲望の翼」の張國榮、「秋菊の物語」の鞏俐、張豊毅。(KINENOTE)

あらすじ:1925年、北京。娼婦の母親に連れられ、孤児や貧民の子供たちが集まる京劇の養成所に入った9歳の少年・小豆子。新入りの小豆子は他の子供たちからいじめられたが、彼を弟のようにかばったのは小石頭だけだった。2人は成長し、女性的な小豆子は女役に、男性的な小石頭は男役に決められる。小豆子は「女になれ」と老師爺(黄斐)に躾られ、数え切れないほど殴られた。彼らは演技に磨きをかけ、小石頭は段小(張豊毅)、小豆子は程蝶衣(張國栄)と芸名を改め、京劇『覇王別姫』のコンビとして人気を博す。段小はある日、しつこい客に絡まれていた娼婦の菊仙(鞏俐)を助けたことをきっかけに、彼女と結婚する。少年時代より小にほのかな恋情を覚えていた蝶衣は2度と共演はしないと捨てゼリフを吐いて去る。その日北京は日本軍に占領された。ある日小は楽屋で騒動を起こし連行されてしまう。菊仙は日本側に取り入ってもらえるのだったら小と別れてもいいと蝶衣に告げるが、彼の協力で釈放された小は日本のイヌと彼を罵り菊仙を連れて去る。深く傷ついた蝶衣はアヘンに溺れる。そんなことがありながらも2人は和解へと進む。その後老師爺はこの世を去り、日本軍の敗退で抗日戦争は終わる。49年、共産党政権樹立。蝶衣と小は再び舞台に立つが、京劇は新しい革命思想に沿うよう変革を求められていた。変革に懐疑的な蝶衣は小四に批判され、そればかりか彼に『覇王別姫』の虞姫役を奪われてしまう。ショックを受けた蝶衣は芝居をやめてしまう。66年、文化大革命。共産党の厳しい政治的圧力を受け、小は蝶衣の過去の罪を摘発せよと強制される。小はそれに屈するが、同時に彼も激しく批判され、娼婦だった菊仙など愛していないと言ってしまう。彼の言葉を聞いた菊仙は自殺してしまう。77年、蝶衣と小は無人の体育館におもむき、11年ぶりに2人だけで最後の『覇王別姫』を演じる。舞い終わった時、蝶衣は自らの命を断った。(KINENOTE)

監督:チェン・カイコー
原作:リー・ピクワー
字幕:戸田奈津子
出演:レスリー・チャン/チャン・フォンイー/コン・リー

ネタバレ感想

時代の波に翻弄される京劇役者

この映画すごい好きで、もう何度も鑑賞している。なんというか、こういう激動の時代を背景に、その流れに翻弄されちゃう人間を描いた作品って大体面白いんだよな。この作品とほぼ同時代を描いた『ラストエンペラー』もかなりの傑作だし。では、上記のような映画作品としてほかに何があるかってのがぜんぜん思い出せないのが歯がゆい(笑)。

映画 ラストエンペラー ネタバレ感想 コオロギのラストが悲しい
中国は清王朝の最後の皇帝となった、愛新覚羅溥儀の生涯を描いた歴史ドラマ。坂本龍一の音楽をバックに繰り広げられる彼の激動の人生が、ドラマチック過ぎて、とても素晴らしいのである。

てなことで、この作品のすごさは、日中戦争から文化大革命までの数十年、中国社会がものすごい変化を遂げていることがわかるところ。なぜわかるのかというと、京劇という伝統芸能が、そのときの支配者たちに翻弄され、激しく浮き沈みしていく様が手に取るようにわかるからだ。

面白いのは、日本人の京劇に対する敬意と、中国人の観劇に対するマナーの悪さがそれぞれわかるシーン。別に日本をめでて中国を貶めるつもりはないんだけども、なんか両者の国民性があらわれていてすごい納得できた。

段小と程蝶衣と菊仙の関係について考察

さらに、時代のうねりや、主義主張の対立などがある中で、各登場人物がそれぞれ、どんな思いをもってその時代を生きているのかがよくわかるように創作されているところがまたすごい。

特にすばらしいのは、段小と程蝶衣の関係ではなく、菊仙と程蝶衣の関係の揺らぎである。別に二人とも仲良くはならないんだけども、菊仙の程蝶衣に対する接し方は、非常によろしい。

何がよろしいかというと、菊仙は相手との距離を近づけるために、心を開いているからである。相手がどんなに腹が立つ嫌いな人間でも、それでもうまくやっていこうと、拒否せずに向き合おうとしている。

それだけに、彼女が文革のあおりで段小の裏切りにより自殺するに至るのが、非常にツライ。ある意味では、しっかりと現実と対峙して地に足のついた生き方をしようと頑張っていた彼女が、その出自も影響してもっとも不幸になっているからだ。

段小はけっこうわがままに、自分の思うままに生きられている。おそらく彼は、程蝶衣が自殺して後も、普通に行き続けて天寿を全うするだろう。程蝶衣は幻想の中に生き、最終的に物語の中で死ぬことを選んだ。これもまた、ある意味ではわがままを貫いたという意味で、幸福である。

ただ菊仙のみが、時代と、2人の男に翻弄され続けた人生だったとも考えられなくもない。2人の男は、それぞれ自分の世界でわがままを通して生きたと観るならば。

ちなみに、『覇王別姫』の話と関連する、項羽と劉邦が始皇帝亡き後の中国で覇を争うお話はとても面白い。司馬遼太郎の小説、『項羽と劉邦』がお勧めです。

レスリー・チャン 映画『欲望の翼』 『カルマ』
『欲望の翼』実にいい映画である。青春映画だし、恋愛映画でもあるし、退廃映画というか、主人公がそういう人なのである。刹那的で、怠惰で、腐っている。『カルマ』ホラーであり、トラウマ克服映画である。個人的には面白く見た。それは幽霊云々ではなくて、登場人物になぜか好感を持ったからである。カリーナ・ラム演じる女性はヒステリー・・・
映画 ペンタゴンペーパーズ 最高機密文書 ネタバレ感想
実話を基にした社会派ドラマ。報道の自由vs政府という構図で描かれる本作は、娯楽作品としても非常に楽しめる内容に仕上がっている。ネタバレあり。 ―2018年公開 米 116分―
映画『ムーンライト』ネタバレ感想 誰もが苛烈な人生ゲームを生きている
どう生きるのかを決めるのは自分自身――。作中で売人のフアンはこう主人公にアドバイスをする。もちろんそれはその通りだ。しかし、生まれる環境は選べない。だからどう生きるのかを決めるのは、そう簡単なことでもない。映画の内容を踏まえて感じたことを。ネタバレはほんの少しだけ。 ー2017年公開 米 111分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました