スポンサーリンク

映画 クライングゲーム ネタバレ感想 サソリが人間のサガか

スポンサーリンク

クライング・ゲーム

サスペンス的なラブストーリー。ネタバレを知ってから鑑賞すると、この作品の面白味が減っちゃうかもなので、ご注意を。ネタバレしてる感想です。

―1993年公開 英 112分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:元IRA(アイルランド共和国軍)兵士と、彼が死に至らしめた男の恋人との、危険で甘美な恋を描いたサスペンスタッチのラヴストーリー。アメリカでは最初、ニューヨークで単館上映されたが、次第に話題となり拡大公開し、ヨーロッパ映画としては異例の大ヒットとなった。九二年度アカデミーオリジナル脚本賞受賞。監督・脚本は「スターダスト」のニール・ジョーダン。製作はスティーブン・ウーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはニック・パウエルと、ジョーダン作品でおなじみのコンビ。撮影は「エドワードII」のイアン・ウィルソン。音楽は「フィル・コリンズ in バスター」のアン・ダッドリーで、同名の主題歌は元カルチャー・クラブのボーイ・ジョージがそれぞれ担当。出演は「狼の血族」のスティーブン・レイと、本作が映画初出演のファッションモデルのジェイ・デイヴィッドソン。共演は「バード」のフォレスト・ウィテカー、「ダメージ」のミランダ・リチャードソン、「ヒア・マイ・ソング」のエイドリアン・ダンバーら。キネマ旬報ベストテン第四位。(KINENOTE)

あらすじ:(このあらすじは、最後までネタバレしてますので注意!!)英国軍に捕らえられた仲間たちを釈放するための人質として、黒人兵士ジョディ(フォレスト・ウィテカー)がIRAの一団に誘拐された。アジトに幽閉されたジョディの見張りにはファーガス(スティーブン・レイ)という男が当たった。二人きりで過ごすうちに、いつしか彼らはお互いに友情を抱く。ジョディはファーガスに「あんたは親友だ。それがあんたの性なんだ」と語る。ジョディは、自分が殺されたらロンドンにいる恋人ディルに会って「愛していた」と伝えてほしいと頼む。ジョディは救出にやって来た英国軍の装甲車にひかれて死亡し、IRAのアジトも軍の急襲を受けて炎に包まれた。かろうじて逃げ延びたファーガスはロンドンに赴き、美容師のディル(ジェイ・デイヴィッドソン)に会う。ファーガスは、夜はバーで歌うディルの美しく不思議な魅力にひかれ、二人は急速に接近する。だが服を脱いだディルを見た彼はディルを拒絶する。ディルは男だったのだ。ディルを傷つけたと感じたファンガスは謝罪し、ディルも彼を許して2人はやがて和解するが、幸せは長くは続かなかった。死んだと思われたIRAの女性メンバー・ジュード(ミランダ・リチャードソン)とリーダーのピーター(エイドリアン・ダンバー)が現れ、ファーガスに要人暗殺計画に参加するよう強制した。断るとディルの命はないと脅迫され、ジェンドに屈したファーガスは、ディルの髪を切って男装させ、ホテルに隠す。意を決したディルはファーガスをベッドに縛りつけ、何もかも聞き出す。ファーガスの遅延のためにピーターは死に、計画は失敗。怒りに燃えたジュードは二人の元にかけつけるが、ディルの銃弾を浴びて死んだ。ファーガスはディルを逃がし、身代わりに自首する。数か月後、ファーガスのいる刑務所に面会にやって来たディルの姿があった。(KINENOTE 冒頭の注は俺)

監督・脚本:ニール・ジョーダン
出演:スティーヴン・レイ/ジェイ・デイヴィッドソン/ミランダ・リチャードソン/フォレスト・ウィテカー/エイドリアン・ダンバー

ネタバレ感想

淀川氏が脚本を褒めていたので鑑賞

なんかの動画で、日曜洋画劇場の名解説でおなじみの故・淀川長治氏がこの作品の物語展開(脚本)をほめていたので鑑賞。確かに驚きの展開があるんだけども、個人的にはサスペンスアクション的内容を勝手に期待してたので、ラブストーリー要素? が強くなっていくところが期待はずれ(作品のせいではない)。

以下、重要なネタバレします。

人間はみんなサソリか

驚きの展開ってのが、ディルが男だったという…(笑)。彼というか彼女と言うべきなのかよくわからんが、ディルがファーガスの前で全裸になるくだり。ディルの下半身にモザイクがかかっていることもあり、ファーガスが何に切れているのか、最初はよくわからんかった(笑)。

サソリの性(サガ)ってのがこの作品のテーマなんだろうなと考えるに、ファーガスはカエルなのかなと思えるけど、最初は激怒してたくせに、そのうちディルを受け入れていくようになることを考えると、サソリだったようにも思える。

要するに、人間なんてどっちに転ぶかわからんということなんではないか。アブノーマルだと知っていたって、それを拒否する気持ちがあったって、ファーガスみたいにその世界に流されていく人間もいるわけだから。そういう、自分にもコントロールできないカオスな内面を持っているというのが、特定の個人ではなく、人間みんなのサガなんかもしれない。

あと思ったのは、ファーガスって人間的に悪いやつではない(優しい)けど、仕事に関しては有能ではないよね。その割にはピーターたちに頼りにされているというか、腕を買われているような感じがするんだけど。なぜだろうか。使い勝手がいいから?

映画『ブエノスアイレス』ネタバレ感想 パスポートは返してやれよ(笑)
アマゾンプライムで鑑賞。序盤のシーンがツライ(笑)。よく考えると、トニー・レオンとレスリー・チャンの共演って、なかなかすごいね。ネタバレあり。 ―1997年公開 香 90分―
映画『君の名前で僕を呼んで』ネタバレ感想 エリオの青春物語
冒頭から中盤まで、80年代のイタリアで悠々自適な生活をする教授一家の羨ましい生活に引き込まれる。読書して飯を食って、泳ぎたいときに泳ぐ。自然に囲まれたエリオたちの暮らしに羨望を感じる。しかし、それ以降、彼の想いが成就されてからは少しだるい。でも、ラストの親父の言葉は、同性愛者だけでなく誰にも当てはまる内容になってて、そこがいい。ネタバレあり。 ―2018年公開 伊・仏・伯・米 132分―
映画『御法度』結末 ネタバレ 衆道の嵐、吹き荒れちゃいます!
この物語は衆道、つまり男色、いわゆる同性愛が話の筋。松田龍平の演じる加納惣三郎はマジで妖しいですよ。怖いですね、本当に。で、この作品のスゴイいところは、その方面にまったく興味を覚えない人間まで、惣三郎の持つ妖しい雰囲気に取り込まれそうになってゆくんです。もちろんみんな、それを否定したがる。作品を・・・
映画『ムーンライト』ネタバレ感想 誰もが苛烈な人生ゲームを生きている
どう生きるのかを決めるのは自分自身――。作中で売人のフアンはこう主人公にアドバイスをする。もちろんそれはその通りだ。しかし、生まれる環境は選べない。だからどう生きるのかを決めるのは、そう簡単なことでもない。映画の内容を踏まえて感じたことを。ネタバレはほんの少しだけ。 ー2017年公開 米 111分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました