スポンサーリンク

映画 フェイク ネタバレ感想 アルパチーノとジョニーデップが共演

スポンサーリンク

フェイク

以前購入したDVDを引っ張り出して久しぶりに鑑賞した。一時期、ジョニーデップがいい役者だなと思って、彼の主演作ばかり鑑賞していたことがある。俺にとってはその当時の作品のひとつ。パイレーツシリーズの3作目あたりからジョニデに興味がなくなったが、この頃の彼はやはりいい。ついでに、アルパチーノも好きな役者だし、この作品は内容も面白いのである。ネタバレあり。

―1997年公開 米 126分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:FBIの潜入捜査官とマフィアの男、生きる世界の違う2人の男の友情と葛藤を描いた実話に基づく感動の物語。元FBI潜入捜査官だったジョゼフ・ピストーネがリチャード・ウーリーと共同で執筆した回想録『フェイク/マフィアをはめた男』(集英社文庫)を、「クイズ・ショウ」のポール・アナタシオが脚色。監督には「フォー・ウェディング」「恋する予感」のマイク・ニューウェルが当たった。製作は「スリーパーズ」のマーク・ジョンソン、バリー・レヴィンソン、ルイス・ディジアイモ、「クイズ・ショウ」のゲイル・マトラックス。製作総指揮はパトリック・マコーミックとアラン・グリーンスパン。撮影は「ダイナー」「グッドモーニング,ベトナム」のピーター・ソーヴァ、音楽は「いつか晴れた日に」のパトリック・ドイル、美術はドナルド・グラハム・バート、編集はジョン・グレゴリー、衣裳はオード・ブロンソン=ハワードとデイヴィッド・ロビンソン、メインタイトル・デザインは「ミッション:インポッシブル」のカイル・クーパー。主演は「ヒート」のアル・パチーノと「ニック・オブ・タイム」のジョニー・デップ。共演は「ボルケーノ」のアン・ヘッチ、「フランキー・ザ・フライ」のマイケル・マドセン、「スリーパーズ」のブルーノ・カービー、「パンサー」のジェームズ・ルッソほか。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第7位。(KINENOTE)

あらすじ:78年、ブルックリン。FBI捜査官ジョー・ピストーネ(ジョニー・デップ)は囮捜査官として、マフィア組織に潜入することを命じられた。彼の潜入名はドニー・ブラスコ。マフィアとの接触を狙っていた彼が最初に近づいたのは、末端の気さくな男レフティ・ルギエーロ(アル・パチーノ)だった。当時、マフィアファミリーは、リトル・イタリーを拠点とするソニー・レッドの組と、ブルックリンを拠点とするソニー・ブラック(マイケル・マドセン)の組と、2つの組が対立して存在していた。後者に属していたレフティは、忠実に仕事はこなすものの運にはまるで見放され、ボスへの上納金に四苦八苦し、出世とは縁がない男だった。そんなシケた暮らしの中に現れたのがドニーで、レフティは聡明で行動力に溢れた彼との出会いに、諦めていた昇進の夢を再び抱くようになる。また、誠実な彼にドラッグに溺れる息子の姿を重ね合わせ、単なる弟分を超えた愛情を感じ始めていた。~中略~2組のマフィア間の抗争は次第に激化し、ドニーの身の危険を感じたFBIは、マフィアからの撤退を勧告した。しかし、今、捜査を抜けることはレフティに死をもたらすことを意味する。自分を信じ、愛してくれるレフティを見殺しにすることは、ドニーにはできなかった。抗争に巻き込まれた彼が、今まさに引き金を引こうとした瞬間、FBIが突入。6年に及ぶドニーとレフティの生活にピリオドが打たれた。死を覚悟したレフティは、ドニーの妻に「彼に伝えてくれ。お前だから許せる」と告げ、夜の闇に消えた。その頃、ジョー・ピストーネはドニー・ブラスコとしての潜入捜査の功績をFBIから表彰されていたが、ついに彼とレフティの人生は交わることはなかった。(KINENOTE)

ネタバレ感想

良いときのジョニデ

ジョニデ扮するFBIの捜査官、ジョー・ピストーネが、イタリア系マフィアの組織にドニー・ブラスコという偽名で潜入。彼が目をつけたのは、ソニーブラック組に所属するレフティだ。レフティは妻子持ちの中年で、けっこううだつのあがらない男である。だから、いつも使いっぱしりみたいな仕事しか任されない。口では「21人を殺害した」と語っているが、それも本当かどうかわからない。親分のソニーにも、大きな仕事を任せる器ではないと思われている。

ピストーネは最初、このレフティに取り入って弟分になる。レフティは彼にいろいろと組織のしきたりなどを教えてやる。ピストーネはもともとFBIで働く優秀な男なので、組織の仕事でもその働きや知性がけっこう評価され始めて、次第にレフティを超える存在になっていく。ピストーネ自身は面倒くさい兄貴だと思いつつもレフティを嫌いではないので、彼を超える存在になることはさほど望んでいない。彼の目的は犯罪組織の摘発であり、ギャングスターになることではないからだ。

しかし、あまりにもレフティが使えない男なので、レフティを使って彼を出世させようとしても、そうはならない。自分がやったほうが確実だし、結局、ボスのソニーの命によってレフティ以上の働きをすることになるのだ。

レフティを見てると泣ける(笑)

一方のレフティは、ピストーネがマイアミの知人を介して持ってきた、地元のバーを運営する儲け話(本当はFBIの策略)を自分が仕切ることで、奥さんと悠々自適の暮らしをすることを望む。それで、マイアミの犯罪組織のボスを招き、自分のマイアミでの店舗運営の許可を得るため、彼らをパーティで接待する役割を買ってでる。

希望に燃えてワクテカしながら張り切るレフティだが、当日、地元の親分たちはレフティを相手にせず、「ソニーは来ないのか」と迫る。で、ソニーは後からやってくる。そもそも、ソニーはレフティに彼が望むような役割を求めていないので当然だ。意気消沈なレフティ。…気の毒だ。

しかも追い討ちをかけるように、このパーティの最中にソニーがピストーネに対して、レフティ以上の仕事をするように囁く。ピストーネはそれに対して「兄貴以上になることは望んでいない」と固辞するものの、結局はソニーの命令に従わざるを得ない。その光景を目にしたレフティの心境やいかに…。泣けるなぁ。

がんばってるのに、要領が悪いのか、うまくいかない人っているよね。

レフティはアルパチーノが演じるからいい

アル・パチーノは『ゴッドファーザー』シリーズ、『スカーフェイス』『カリートの道』など、ギャングを演じる時は強者役だ。しかし、この作品で演じるレフティは単なる下っ端。口はでかいが身分は低い、どうしようもない男である。

しかし、彼が演じると、哀愁漂うダメ男ぶりが、かえって味があっていいのである。レフティは仕事ができないのは気の毒だが、奥さんを愛しているし、奥さんも彼のことをダメ亭主だと思ってはいないように見える。そこが救いであるし、幸せな男だ。この話は実話をもとにしているそうで、実際のレフティは、奥さんにどう思われていたのだろうか。

お前だから、許せる

あのちょい役の奥さんが、レフティのうだつのあがらなさに対してダメだししまくっちゃっているような女性であったとしたら、最後、レフティの奥さんに対する行動や、ピストーネに伝言してくれと頼むセリフのシーンの素晴らしさが、かなり弱まってしまって嫌な作品になっていたように感じる。

お前だから、許せる。

――レフティはカッコいいダメ男でしたな。

映画『カリートの道』ネタバレ感想 ラストに流れるエンディングテーマが切ない
数年に一度見たくなる作品。主人公、カリートの筋を通す生き方に、初見時は痺れたものだ。自分の生き方を「変えることができない」と語るシーンなんて素晴らしいと思うけど、その頑なさが彼を死地に向かわせることになる。ネタバレあり。 ―1994年公開 米 144分―
映画『潜入者』ネタバレ感想 潜入捜査官に、家族はいらない
実話に基づいた物語ってことで、なかなか面白く観た。潜入捜査を行うメイザ―氏がどんな思いで潜入捜査を進めていて、彼を取り巻く人々との間の葛藤もセリフを多用せずに描かれているところがよい。ネタバレなし ―2017年公開 英 127分―
映画 新しき世界 ネタバレ感想 韓国ノワールの傑作
ヤクザ企業の跡目争いと、その組織に潜入している刑事の苦悩を描いた、忘れた頃に観たくなる韓国ノワール作品の傑作。登場人物たちの存在感がすごい。ネタバレあり。 ―2014年公開 韓 134分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました