スポンサーリンク

映画 狼よさらば 地獄のリベンジャーキングオブリベンジ カージーのラストファイト

スポンサーリンク

狼よさらば 地獄のリベンジャー キングオブリベンジ

―1993年製作 米 95分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:チャールズ・ブロンソン主演の“デス・ウィッシュ”シリーズ第5弾。建築学の教授となったポールは恋人と平和な日々を過ごしていたが、彼女がギャングに殺されたことをきっかけに再び復讐を決意し…。“THE MOVIE VALUE”。(KINENOTE)

あらすじ:ニューヨークへ戻ったポール・カージーは、人気デザイナー、オリビアと婚約、オリビアの娘ともうちとけて幸せな生活を送っていた。が、オリビアには悩みがあった。前夫でマフィアのボスのトミーが、オリビアの会社を使ってマネーロンダリングしていたのだ。密告を恐れたトミーは、殺し屋フレディを放ち、オリビアは顔を傷だらけにされてしまう。ポールは検事のホイルとバスケスに保護を頼むが、情報が漏れていたために襲撃を受けオリビアは無残にも殺される。チェルシーはポールを頼るが、法の下、父親のトミーに引き取られてしまう。カージーの復讐が始まった……。(Amazon)

監督・脚本:アラン・A・ゴールドスタイン
出演:チャールズ・ブロンソン/レスリー=アン・ダウン/マイケル・パークス/チャック・シャマタ

ネタバレ感想

チャールズブロンソン演じる自警団、ポールカージィのデスウィッシュシリーズ最終作。今回もやっぱり彼と関わりを持った女性が被害に遭う。で、今回の敵は前作とは別の犯罪組織だ。ということで、すでに自警団とは言えぬカージィ先生、本作での殺しの手順はバズーカや強力なライフルではなく、拳銃と毒薬とラジコン式サッカーボール爆弾(笑)。もはや何でもあり、やっぱり自警団ではなく立派な殺し屋になっている。

しかしカージィは筋の通った男の中の男なので、彼の復讐劇にはやはり溜飲が下がるのである。こんだけ嫌な目にあい続けてるんだからもう少し女性と関係持つときに警戒しろよと思わぬでもないが、それをされちまったら5作も話がつくれないわけで、彼のそのボンクラ具合もシリーズの面白味に含まれているのである。

今作ではカージィが敵マフィアのボスたちに銃を向けられて、「おっさん銃が怖いのか」と煽られたのちに吐くセリフがある。「銃は怖くない。だが、バカの持つ銃は怖い」ーーけっきょく怖いんじゃねーかと初見の時は笑ってしまったのだが、今回こうして久しぶりに鑑賞してみると、このセリフは終盤でも再登場してくるのであって、物語の伏線的な役割を果たしていたんだなぁということを初めて知った。

一作目の『狼よさらば』はブルースウィリスのリメイク版のほうでも紹介したのでこのブログで取り上げることはないだろう。しかし、俺の好きなチャールズブロンソンのこのシリーズを紹介し終えてしまうのはなんか寂しい。なので、彼の他の作品もいずれは紹介したい。

映画 ロサンゼルス ネタバレ感想 ブロンソン=ポールカージーのシリーズ2作目
街のダニに娘を殺されたカージィは表向きは建築士としての仕事を淡々とこなしながら、夜は一人自警団として、娘を殺したチンピラどもの捜索を続ける。ジミーペイジの曲が素晴らしく、特にラストの曲は本当に大好き。
映画 スーパーマグナム ネタバレ感想 ブロンソンが街に蔓延るダニを一層!
デスウィッシュシリーズ第三弾。このシリーズは回を重ねるごとにB級ハチャメチャアクションになっていき、カージィを取り巻く周辺人物が悲惨な死を迎えるのは相変わらずなんだけども、やっぱりこの三作目で何かこれまでの軸みたいなのが振り切れて違う場所に行っている気がする(いい意味で)。
映画 バトルガンМ‐16 ネタバレ感想 Mr.自警団カージィVSマフィア
もはや自警団としての役割を越えて、犯罪組織を潰す殺し屋になったポール・カージィ、a.k.aキンボールの活躍を描く、シリーズ第四弾。メチャクチャだけど、面白いもんは面白い。ネタバレあり。 ―1989年製作 米 100分―
映画 デスウィッシュ ネタバレ感想 オリジナルとの違い
チャールズ・ブロンソン主演、デスウィッシュシリーズの第一作目、『狼よさらば』のリメイク。自警団としての主人公の噂がネットによって拡散されている点など、今風にうまくアレンジされている作品と感じた。主演はブルース・ウィリス。オリジナルとの違いについて書いてます。ネタバレあり。―2018年公開 米 107分―
映画『インディアン・ランナー』ネタバレ感想 今見てみると豪華なキャスト
ショーン・ペン監督処女作にして傑作。彼の監督作だと『イントゥ・ザ・ワイルド』も悪くないけど、俺はこの作品が一番好き。セリフでの説明がほとんどないのに、兄弟の心情がとてもよく伝わってくるのだ。別離が必然とも思える兄弟の感情が、心に深く染み入ってくるすばらしい作品である。ネタバレあり。 ―1991年公開 米 127分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました