スポンサーリンク

映画 バトルガンМ‐16 ネタバレ感想 Mr.自警団カージィVSマフィア

スポンサーリンク

バトルガンM-16

もはや自警団としての役割を越えて、犯罪組織を潰す殺し屋になったポール・カージィ、a.k.aキンボールの活躍を描くシリーズ第四弾。相変わらずメチャクチャだけど、面白いもんは面白い。ネタバレあり。

―1989年製作 米 100分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:たった1人で麻薬組織に立ち向かう元“自警団”の男の戦いを描く、「スーパー・マグナム」に続く“Death Wish”シリーズ第4作。エグゼクテイヴ・プロデューサーはメナハム・ゴーランとヨーラン・グローバス、製作はパンチョ・コーナー、監督は「必殺マグナム」のJ・リー・トンプソン、脚本はゲイル・モーガン・ヒックマン、撮影はギデオン・ポラスが担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ケイ・レンツほか。(KINENOTE)

あらすじ:妻子をチンピラに殺された男、ポール・カーシィ(チャールズ・ブロンソン)は親しくしていた新聞記者カレン(ケイ・レンツ)の娘エリカが麻薬中毒死、その恋人が売人に刺殺されたことで、再び銃をとり売人を射殺、組織に戦いを挑むことを決意する。そこへ新聞社主ホワイト(ジョン・P・ライアン)が協力を申し出、ポールは街を牛耳る二大組織ザカイラスとロメロ兄弟のパーティに潜入、両者の動きを探って対立させ、ついには共倒れに追い込むことに成功する。一方ロス市警のライナーとノザキもボールの動きを嗅ぎつけ動き始めるが、その頃ポールはホワイトとは実は偽者で、全てはポールを使って組織のつぶし合いを図り、麻薬市場の独占を図るための罠であったことを知り、誘拐されたカレンを追い巨悪と対決する。しかし非情にもカレンはポールの身替わりとなって倒れ、怒りに燃えたポールの銃弾が偽ホワイトを貫く。(KINENOTE)

監督:J・リー・トンプソン
出演:チャールズ・ブロンソン/ジョン・P・ライアン/ペリー・ロペス/ジョージ・ディッカーソン/スーン・テック・オー

ネタバレ感想

冒頭に紹介したように、今回は自警団として街に巣くうダニどもを掃除する役目は早々に卒業し、街のダニに薬物を供給している犯罪組織をぶっつぶす、殺し屋になっていくカージィ。

恋人の娘を死なすことになった、薬物を売り捌いている街の売人を抹殺しようと動いたら、図らずも犯罪組織を3つ潰すことになるわけだから、やはりこの男のスケールは違う(笑)。今回は雇われ自警団(というか殺し屋w)として仕事をするカージィ。計画的に事を進めようとするものの、いつも難かしらの抜かりがあって、ピンチを招くことも多々あるカージィのドジっぷりは今作でも健在。

しかし、彼は老人ながらも腕っぷしが強いし射撃の腕も抜群なので、幾多の窮地を脱して最終的には目的を達成する。その目的とは、ある2つの麻薬組織を対立させて共倒れさせてまおうという計画で、上述したとおりそれはまんまと成功する。

ところが、カージィに仕事を依頼した男が、実は第三勢力のマフィアのボスだったのだ。つまり、カージィはいっぱい食わされて、悪者に操られてたことになる。このどんでん返しが面白いし、そのクライマックスに至るまでの展開も、さくさくテンポよく進んでいくので本当に楽しい。

で、今回の恋人は前半部分で姿を消すので、死なないで済むのかなと思っていたらカージィを怒らせるためと言わんばかりの取ってつけた演出でクライマックスに登場。そして哀れにも殺されてまい、カージィはお約束どおり怒りに燃えて、黒幕のボスを前回と同じようにオーバーキルな武器で爆殺するのであった(笑)。

どう考えてもカージィのせいで彼女は死んだような気がするのだが、その辺のお約束展開も含めて、このシリーズは面白いのである。最高!

バトルガンM-16 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
映画 ロサンゼルス ネタバレ感想 ブロンソン=ポールカージーのシリーズ2作目
街のダニに娘を殺されたカージィは表向きは建築士としての仕事を淡々とこなしながら、夜は一人自警団として、娘を殺したチンピラどもの捜索を続ける。ジミーペイジの曲が素晴らしく、特にラストの曲は本当に大好き。
映画 スーパーマグナム ネタバレ感想 ブロンソンが街に蔓延るダニを一層!
デスウィッシュシリーズ第三弾。このシリーズは回を重ねるごとにB級ハチャメチャアクションになっていき、カージィを取り巻く周辺人物が悲惨な死を迎えるのは相変わらずなんだけども、やっぱりこの三作目で何かこれまでの軸みたいなのが振り切れて違う場所に行っている気がする(いい意味で)。
映画 狼よさらば 地獄のリベンジャーキングオブリベンジ カージーのラストファイト
ポールカージィのデスウィッシュシリーズ最終作。今回もやっぱり彼と関わりを持った女性が被害に遭う。で、今回の敵は前作とは別のマフィアたちだ。ということで、すでに自警団とは言えぬカージィ先生、本作での殺しの手順はバズーカや強力なライフルではなく、拳銃と、毒薬とラジコン爆弾(笑)。もはやなんでもあり、やっぱり自警団ではなく立派な殺し屋になっている。
映画 デスウィッシュ ネタバレ感想 オリジナルとの違い
チャールズ・ブロンソン主演、デスウィッシュシリーズの第一作目、『狼よさらば』のリメイク。自警団としての主人公の噂がネットによって拡散されている点など、今風にうまくアレンジされている作品と感じた。主演はブルース・ウィリス。オリジナルとの違いについて書いてます。ネタバレあり。―2018年公開 米 107分―
映画『インディアン・ランナー』ネタバレ感想 今見てみると豪華なキャスト
ショーン・ペン監督処女作にして傑作。彼の監督作だと『イントゥ・ザ・ワイルド』も悪くないけど、俺はこの作品が一番好き。セリフでの説明がほとんどないのに、兄弟の心情がとてもよく伝わってくるのだ。別離が必然とも思える兄弟の感情が、心に深く染み入ってくるすばらしい作品である。ネタバレあり。 ―1991年公開 米 127分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました