スポンサーリンク

映画 ブラッドパンチ タイムループの呪い ネタバレ感想 全員クズ人間(笑)

ブラッドパンチ
スポンサーリンク

ブラッド・パンチ タイムループの呪い

ドラッグで一攫千金を狙う男、ラッセル。その彼女、スカイラーに誘われたインテリ薬中の主人公、ミルトンは、2人の仲間となって、ドラッグを精製することに。ラッセルの奇人ぶりに惑わされながらも事も進めていくミルトンだったが、ある日を境に、同じ火曜日を繰り返すようになってしまい、ループから脱出すべくジタバタし始める。ネタバレあり。

―2014年製作 米 104分―

スポンサーリンク

あらすじ・スタッフとキャスト

あらすじ:薬物治療のリハビリ施設で出会った女にそそのかされ、その女の彼氏と覚醒剤の精製を行うことになった科学工学専攻の元大学生。3人は時間のループに陥り、何度も …(amazon)

監督:マデレイン・パクソン
出演:マイロ・コーソーン/オリビア・テネット/アリ・ボーイランド

ネタバレ感想

タイムループとか、時間移動関連の作品はけっこう好き。アマゾンプライムで見つけて、タイトルに魅かれて鑑賞することにした。で、最初から期待しないで観てたんだけど、そのおかげもあって、けっこう楽しめた。

もちろん、ツッコミたい部分はたくさんある。あるけども、全体通してのストーリー展開はよかったなと思う。

タイムループ始まるまでのくだりが結構長く、ここで挫折する人もいるかもしらんが、ラッセルの気持ちいくらいのイカれ加減が、個人的にはけっこう楽しめた。どうやらスカイラーは幼い頃からラッセルに目をつけられてて付き合うことになり、さほど好いてはいないようだが、彼から逃れられない生活をしているのが見て取れる。

そこへミルトンが現れて、三角関係が始まるわけだが、その辺の関係性をきっちり説明してから、ループ地獄が始まるのだ。

で、ループ地獄が始まって以降は、ミルトンとスカイラーが協力してループから抜け出そうとジタバタする展開が描かれる。その中で、ラッセルだけが邪魔ものとして殺され続ける(笑)。

この作品で、ちょっと奇抜なのは、同じ時を繰り返しているのに、なぜかラッセルの死体だけは増えていくのだ。

こういう死体が増えていくとか、前のループの時の物体が残り続ける作品って他にあったっけ? あったようななかったような気がするけども、物語的には楽しめる工夫だ。

しかし、なぜループ前の物体が次のループに残ることができるかの説明がないのは、ちょっとね。まぁそんなことを説明できるわけもないんだから、ほっとくしかないというのはわかるんだけども。

ついでに言うと、このループの中では、殺されてしまう人間だけが、記憶が失われるみたい。つまり、ミルトンとスカイラーはループし続けていることを自覚できるが、ラッセルはできない。

とにかく、ミルトンもあまりにもラッセルを殺しまくっているので、そのうち殺しに慣れてきた感が出てくるあたりの、クズっぷり。スカイラーはスカイラーで、何考えてるかわかんない奴で、そもそもミルトンはこの女のどこに一目ぼれする要素があったのかと思っちゃう。

なんか、ブスとは言わないけども、ノオミラパスを少し若返らせて、その後2~3発ぶん殴ってみたような感じで、目を引くほどの美女じゃないからね(ゴメン)。

まぁそんで、このタイムループはどうやら、先住民が住んでいた土地に関係があることがわかってきて、2人はいろんな脱出方法を試みるけどもうまくいかない。その後、スカイラーとラッセルによって、ミルトンも繰り返し殺されていたことが判明する。

スカイラーは、ラッセルとではループを抜けられないと判断し、ラッセルを見限ってミルトンと協力する道を選んだのである。この展開はけっこう驚いたな。

スカイラーのクズっぷりではなく、ミルトンがすでに繰り返し殺されてたってところに。でまぁ、いろいろあって、このループから脱出できるのは、最後の一人になったときということがわかる。

そこんところで、ループを自覚してるラッセルも加わり、じゃあ誰が生き残るべきなのかという3人会談が開かれる。ここで、一番まともに見えるのが、あれほどイカレている奴に見えていたラッセル。何で選ぶかというと、彼の大好きなロシアンルーレットだ。なかなか平等である。

しかもこいつ、なぜか自分が率先して最初にハジキの引き金を弾いてくれるというサービスっぷり、しかも、そいつが見事的中して絶命しちゃうのである(笑)。バカをとおりこして可愛げすら感じちゃう最期。

んで、そん次がミルトンの選択ってことで、なぜかこの人、スカイラーのために自分の顎をショットガンで撃ち抜いちゃうんである。マジか、そんなに惚れてたの? この選択もけっこうぶっ飛んでいる。

散々スカイラーのビッチぶりを見せられておきながら、これができるミルトンはかなりの男だとは思うものの、ここに至るまでの展開を考えるとこの選択に説得力をあまり感じられないのも確かである。

ということで、ループから抜け出せそうになったスカイラーだが、そうは問屋が卸さない。ラッセルの取引相手だった奴、2名がこのループ騒ぎに加わることになり、スカイラーはまたしてもループの中に入っていくことを匂わせて、物語はおしまい。

このオチはいいよね。こんなビッチだけ生きこっちゃってハッピーエンドになるよりは。

ということで、話の展開自体は結構たのしめるタイムループもの。ただ、一番の疑問は冒頭の、ミルトンが自分自身を撮影した映像をミルトン自身に見せるあのくだりだ。あれって何の意味があったんだろうか?

指まで切っちゃってるし。冒頭の掴みの部分で出てくるシーンだから、重要なんだろうけど、あれがなくても物語自体は成り立ってると思うんだが。

映画 隔たる世界の二人 ネタバレ感想 タイムループで人種差別を描く
タイムループという設定を持ち込むことによって、人種差別という大きな問題の根深さを30分という短い尺のなかで見事に表現してる素晴らしい作品。
映画 残酷で異常 ネタバレ感想 タイムループ贖罪物語
ホラーかと思ったらタイムループっぽい内容。妻殺しの罪人が贖罪に目覚めていく過程を描いた、地味ではあるが、最後まで楽しめる内容だった。
映画『ARQ 時の牢獄』ネタバレ感想 謎部分もあるが、ラストまで楽しく観られる
物語の大半を同じ場所で繰り広げる内容に興味を持たせるのって大変だと思うけど、本作は何度も同じ出来事を繰り返すうちに事態の全容が少しずつ判明していく展開にすることで、最後まで興味を引くことに成功していると感じた。要するに、楽しめるのである。謎な部分もあるけど。ネタバレあり。 ―2016年製作 米 88分―
映画『リピーターズ』ネタバレ感想  贖罪強要青春タイムループもの
雷に打たれて感電した若者3人組が、なぜか同じ日を繰り返すループから抜けられなくなる。それぞれが置かれた状況にどう向き合い、ラストはどうなるのかというお話。なかなか面白く観れたが、よく考えると変な映画だ。何が変なのか? ネタバレあり。 ―2010年製作 未公開 加 85分―

コメント

タイトルとURLをコピーしました