スポンサーリンク

映画 彼女がその名を知らない鳥たち ネタバレ感想 ラストがよくわからんし別におもしろくない

スポンサーリンク

彼女がその名を知らない鳥たち

―2017年公開 日 123分―

スポンサーリンク

解説とあらすじ・スタッフとキャスト

解説:男女の愛憎渦巻くミステリー小説を「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌のメガホンで映画化。15歳上の陣治を毛嫌いしながら彼の収入に頼る十和子。元恋人・黒崎を引きずり、彼の面影のある水島との情事に耽る中、黒崎が失踪。彼女は異様に執着する陣治を疑う。自分勝手な十和子を「オーバー・フェンス」の蒼井優が、十和子に執着する下劣な男・陣治を「殿、利息でござる!」の阿部サダヲが、十和子との不倫を楽しむ水島を「キセキ -あの日のソビト-」の松坂桃李が、十和子を利用した元恋人・黒崎を「人生の約束」の竹野内豊が演じる。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞(蒼井優)。(KINENOTE)

あらすじ:十和子は15歳上の陣治と暮らしているものの、8年前に別れた黒崎のことが忘れられずにいた。下劣で地位も金もない陣治を毛嫌いする一方で、自分は働かず彼の稼ぎをあてにし堕落した日々を送っている。ある日、どこか黒崎の面影がある水島と関係を持った十和子。水島には妻子がいたが、彼との情事に溺れていった。そんな中、家に突如やってきた警察から、黒崎が行方不明になったことを知らされる。黒崎の失踪にどんなに足蹴にされても執拗に十和子に執着する陣治の関与を疑った十和子は、水島にまで危険が及ぶのではと危惧する。(KINENOTE)

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる:(『彼女がその名を知らない鳥たち』(幻冬舎文庫))
出演:蒼井優/阿部サダヲ/松坂桃李/竹野内豊

ネタバレ感想

作中で2回ほど描写される蒼井優のエロシーンはなかなかすごくて驚いた。が、俺は映画内の長いセックスシーンて邪魔に思ってまうのである。興奮したいのならAV観りゃいいわけで、長いことエロ描写することに、どんな意味があるのかよくわからないのだ。作り手にはもちろん、意図があるんだろうけども。それとも単なるサービス??

てなことで、松阪桃李と竹野内豊のクズっぷりが光る作品であった。どちらも色男で女好き。そんで、女性をよいように利用するのが上手に見える。特に、竹野内(黒崎)のほう。ついでに言うと、蒼井優が演じる十和子もかなりの糞野郎である。クレーマーかつニートだからね。あんな生活しててよくデブにならねぇなと思っちゃう。その辺を考えると、『百円の恋』の安藤サクラはすごいなと思うし、全然違う話だけど、あっちのが内容にリアリティを感じた。

映画『百円の恋』「恋愛は人生の花である」と坂口安吾が言ってた
主人公の32歳の女性は、外に出たとしてもコンビニと家の往復くらい。目的もなくその日暮をしているのが冒頭でわかりやすく描かれている。自分で「女を捨てている」的なことを言ってたけど、あの自転車の乗り方とか見ると、確かに捨ててるなぁと思わされる。

この作品にリアリティないなって思っちゃったのは、十和子と松坂扮する水島がいきなりキスしちゃうところ。というか、クレーマーの家に詫びに訪れてるやつが、クレーマーの手に触って時計をはめてやろうとか、普通しないだろ。その後、いろいろあってのキスですよ。で、事後に何を言うかと思ったら、「ほかにどうすればいいかわからなくて…」とか何とか言ってたような。

オイオイオイオイ

そんなことがありますかいね。どういうことなんだよ、何なんだよあれ。もう少し説得力のある接近の演出、なかったもんかなぁと思ってしまった。十和子はおそらく、イケメン好きなんだろう。だから、彼女が水島にメロメロになるのはわからんでもない。そもそも、事前に店に確認までしに行った水島がイケメンじゃなかったら、家に上げてないだろうから。

それは別にいいんだけど、問題は水島だ。たとえ自分の容姿とか女を落とす腕に自信があるとしたって、客の、しかも扱いが面倒くさいクレーマーの肌に、何の断りもなく触れたりするとは思えんのだが。その後、再度の面会を経てからセックスに至るまでの怒涛の展開も、何とも納得がいかないのである。そして、ピロ―トークのあの寒い会話。なぁにが「タッキリマカン」だよ、この自分探し系色ボケ野郎が。

こいつ、後々に他の女にも手を出してることが判明して、その時も自分の海外旅行の経験を喋ってたが、本当に海外行ってるんかね? どうでもいいけど、俺はあのシーンを見たときに、こいつ嘘八百で女性をたぶらかす奴なんじゃないかなと思った。てなことで、終盤で刺されてるシーンがもっとも今作で溜飲が下がるシーンだろう。

でまぁ、話を戻すと、いろいろあって、黒崎が失踪したことを十和子が知ってからは、がぜんミステリー作品ぽい内容になってくる。その辺はなかなか楽しめるんだけど、最終的にわかったのは、十和子が黒崎を殺してたってこと。そして、その記憶を自分では覚えてなかったという。陣治は十和子の記憶が戻らないように、彼女を見守っていたことが判明する。

なるほど。すごいね。一途だ。一途な男だ。俺だったらあんな扱い受けてまで献身的になりたい相手だとは思わないけど。陣治という男は、それができちゃうのである。ある意味、彼もイカれちゃってるんだな。だいたい、十和子にそこまで惚れる要素がどこにあったのか、その辺がまったくわからんのである。人を好きになるのなんて、理屈ではないからそんな説明は不要と言えば不要なのかもしらんけど、あの扱いをされてて、それでも――ってのはやっぱりなんか、俺にはよくわからない。

よくわからないと言えば、ラストだ。何で陣治は死ぬ必要あるの? 何のために飛び降りたの? それが愛かもしれないの? そんなことはないと思うんだけどなぁ。自殺したって十和子の罪を被ることにはらなんからねぇ。しかも、「十和子が子どもを生んだら、それは俺だ」とかかなりイッちゃってる発言。輪廻転生ですか、転生する気ですか。怖いんだけど。おまん純愛野郎ではなく単なる基地外だろ。てなことで、俺にはこの映画の良さがさっぱりわからぬのであった。

映画『孤狼の血』ネタバレ感想 警察小説的な仁義なき戦い
『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督のノワール作品。なかなか満足できました。ところどころにナレーションが入るところなんて、『仁義なき戦い』みたい。舞台も広島だし、昭和の雰囲気もよく出ているなと思った。調べてみたら、原作者が『仁義なき戦いの』の大ファンなようで、だからこそ、こうした作品になるのもうなずける(原作は未読だけど)。ネタバレあり。
映画『ユリゴコロ』ネタバレ感想 好きならずっと一緒にいればいいのに
ユリゴコロってのが何だったのか、最後までよくわからんかった。前半はなかなか楽しめるし先の展開が気になるものの、ラストに向かってどんどん失速してしまっているような印象の作品でした。ネタバレあり。 ―2017年公開 日 128分―
青春恋愛、そして変態映画 映画『月光の囁き』 
おいおい、ド変態やね君たち!

コメント

タイトルとURLをコピーしました