スポンサーリンク

青春恋愛、そして変態映画 映画『月光の囁き』 

スポンサーリンク

月光の囁き

人気ギャグ漫画家・喜国雅彦の初のシリアス漫画『月光の囁き』を映画化。同じ剣道部に籍を置く高校生の日高拓也と北原紗月。それまで、互いに好意を持ちつつ仲の良い友だちとして振舞っていたふたりだったが、ふとしたきっかけでようやく恋人に発展。自転車二人乗りでの登校、図書室でのデートといった交際に喜びを感じていた紗月に対し、拓也はそうした普通の恋愛では満たされない想いがあった……。マゾ的嗜好を持つ男とそれに嫌悪しつつも離れられない女の異色の青春ラブ・ストーリー。(all cinema ONLINE)

スポンサーリンク

ネタバレ感想

ド変態だね、君たち!

序盤はかなりさわやか恋愛映画かと思わせておいて、途中からアブノーマルな世界に入っていく。あれはあれで愛の形であり、純愛である。ヘタに外側に開いたベタな純愛よりは密度が濃い…と思われる。あまり羨ましくはないが。

少年は別にマゾではないのではないか。好きな女の子の所有物を盗むとか盗撮とか匂いとか、つまり生身の相手ではなく代替的なものを嗜好してしまうのは、相手にぶつかりきれない臆病さの現われのように思う。それが相手にばれたことにより開き直り状態になり、特攻ストーカー野郎みたいになったのだろう。

逆に少女の方はノーマルでいたいのに、彼の異常性をなぜか否定しきれずに自分の潜在的なサディズムを外側に出してゆくのである。とまどいながらではあるが。ということで河原のラストは、彼女がそれらを受け容れたから、少し爽やかに終ったのかもしれぬ。

あの少年、彼女のこと、すげぇ好きなんですね

しかし、少年はあれでいいのだろうか。いまいち彼がマゾだったとは思えないのだが。しかしマゾだったんだろうなあ…。そして、彼のすごさはフェティシズムの対象が女性全体ではなく、すべてあの1人の少女にのみ向いていることである。だから純愛なんですな。

※この記事は2005年4月に書かれたものを加筆・修正したものです。

映画 悪い男 ネタバレ感想 意味深なラストを迎える愛憎物語
ヤクザ者と、彼にはめられた売春婦の交流? を描いた何ともアブノーマルな恋愛作品。ラストに二通りの解釈ができそうな、韓国のキム・ギドク監督作。ネタバレあり。 ―2004年公開 韓 103分―
映画 クライングゲーム ネタバレ感想 サソリが人間のサガか
サソリの性(サガ)ってのがこの作品のテーマなんだろうなと考えるに、ファーガスはカエルなのかなと思えるけど、最初は吐いてたくせに、そのうちディルを受け入れていくようになると考えると、サソリだったようにも思える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました